関西・東海・関東・九州刑事に特化した法律事務所だからできる、 集中した弁護を展開!

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

相談料着手金成功報酬夜間対応土日対応
初回無料0円~20万円~可能可能
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所サムネイル0弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪強盗・万引・横領
  • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
  • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪保護観察・少年院
  • 殺人罪殺人・殺人未遂
弁護士費用の詳細はこちら

【時間・スピードが重要】一刻も早くお電話ください

ただ今のお時間[14時02分]お電話がつながります!

対応可能エリア

関西・東海・関東・九州

お電話での受付窓口0066-9687-7324
受付時間 毎日 0:00〜24:00

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

刑事事件・少年事件のみを取り扱う法律事務所

最初の相談から捜査・裁判終了による事件解決まで対応

あいち刑事事件総合3

「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」は刑事事件・少年事件のみを取り扱う法律事務所です。名古屋の他に、大阪、神戸、京都、福岡、東京の新宿と八王子に支店がございます。

100パーセント刑事事件・少年事件のみを扱う法律事務所だからできる、集中した刑事弁護活動を展開。専門知識と豊富な経験を持った弁護士が、最初の相談から捜査・裁判終了による事件解決まで、一貫して丁寧に対応いたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の強み!

◎刑事弁護士チームが専門サポート

刑事事件・少年事件の刑事弁護活動を専門に扱う実績豊富な弁護士をはじめ、刑事事件・少年事件の知識・経験の豊富な職員が多く在籍しています。

◎土日祝日でも即日スピード対応

刑事事件では、早期の弁護活動がその後の処分を左右します。当事務所では、逮捕前・逮捕後を問わず弁護士が素早く対応。土日祝日や夜間でも、ご依頼後直ちにご相談・接見に対応する体制を整えています。

◎刑事事件に関する初回相談は全て無料!

当事務所は初回の法律相談料は無料。刑事事件専門のスタッフが、お客様から事情をお聞きし、相談のご予約をお取りします。あらかじめ事件の簡単な概要を弁護士に伝えておくことで、充実した回答を得られるシステムを採用しています。

◎安心明確な料金体系

当事務所はご依頼者様に費用面での不安を与えないシンプルかつ明朗会計を採用。あらかじめ契約前に、ご依頼内容に応じた適正な料金を、弁護士からご提示・ご説明しています。

逮捕後は迅速な対応が何よりも重要

「勾留」を防ぐためにスピーディーな行動が欠かせない

もしも、あなたやあなたの家族が逮捕されてしまった場合には、速やかに適切な対策と対応をとることが重要です。特に、逮捕に引き続いての「勾留」を防ぐためには、早急に対策を採ることが必要といえます。

逮捕から勾留決定までの72時間の間には、国選弁護人を付けることは出来ませんが、私選弁護人であればどの段階でもいかなる場合でもつけることができます。

勾留期間は、原則として勾留の請求をした日から、延長も含めて最大20日間とされています。つまり、いったん勾留されてしまうと、容疑者は警察署の留置場等に20日間にわたって身柄を留置されることになるわけです。

勾留中は弁護人以外との面会が禁止されてしまうことも…

身柄拘束が長期にわたると、学校や会社に事件のことを知られたり、退学や解雇されたりする恐れがあります。逆に、早期に釈放されれば、その分事件について周囲の人に知られるリスクも小さくなります。その意味でも、逮捕・勾留後、速やかな釈放に向けて行動を起こすことは極めて重要となるわけです。

また勾留中は、外部との自由な連絡が制限されてしまいます。外部との面会によって証拠隠滅の恐れがあると疑われる場合には、弁護人以外の者との一切の面会が禁止されてしまうこともあるのです。こうした状態に陥らないためにも、一刻も早い弁護活動を行うことが大切です。 

被害者との「示談」をいかにとりつけるか

示談は被疑者・被告人に有利な事情として考慮される

刑事事件において、「示談」は被害者がいる犯罪が起きた場合に問題となります。示談が成立すれば、被害者との間での解決が図られたことを示すことができるため、刑事事件における手続きの中でも被疑者・被告人に有利な事情として考慮されます。

被害届が提出されるまでに示談を成立させれば、そもそも捜査機関による事件化を防ぐことが可能。また勾留決定までに示談がまとまれば、勾留されずに釈放される可能性がかなり高まります。

起訴後であれば、量刑を軽くすることに直結する

起訴前であれば、不起訴処分につながりやすくなり、起訴後であれば、執行猶予付きの判決など、量刑(刑罰の重さ)を軽くする事情となります。このように、示談は穏便な事件解決に有用であるとともに、早期に成立させることが望まれるのです。

当事務所では、刑事事件に特化した弁護士が、豊富な示談交渉の経験に基づき、当事者双方が納得いただけるような示談がまとまるように尽力します。また、不起訴処分獲得の実績も多数ですので、前科が付くのを避けたい、早期の釈放をお望みの方はぜひご相談ください。

勾留期間の満了までに起訴されるか否かが決まる

起訴された場合には、速やかに「保釈」を目指す

検察官は、警察から送致を受けた事件について、勾留期間の満了までに起訴するかどうかを判断しなければなりません。起訴された場合には、当事務所では速やかに「保釈」を目指します。

保釈とは、一定の金額の保証金の納付を条件として身柄を開放する制度のことで、一定の事由が認められる場合に、被告人や弁護人等からの請求により裁判所が判断します。当事務所にご相談いただいた場合は、早期の保釈請求を行うとともに、十分な公判準備を行い、無罪判決や執行猶予判決の獲得を目指します。

公判での争い方はいくつかの方法に分かれる

法廷における弁護士の技術が判決結果に大きく影響

公判での争い方は、大きく分けると無罪・無実を訴えていく方法と、執行猶予付の判決や減刑を求めていく方法があります。たとえば無罪・無実を主張する場合は、「自分は犯人ではない」ことを訴える方法の他に、「検察官の立証が不十分であることを追及する」「正当防衛が成立する」「精神疾患のために刑事責任を問うことは相当でない」など複数の争い方が考えられます。

いっぽう執行猶予や減刑を求めるには、事件の背景に酌むべき事情があること、被告人の反省など、主に情状についての弁護を行います。公判での弁護活動については、法廷における弁護士の技術が判決結果に大きく影響を与えますので、経験豊富な弁護士に依頼することは非常に重要でしょう。

「初回接見・同行サービス」を提供!

ご契約の前にリーズナブルに提供できるサービス

初回接見サービスというのは、逮捕や勾留によって身柄を拘束されている方を対象として、ご契約前に、当事務所の弁護士が、警察署などの留置施設に直接面会に伺うサービスです(税別3万円~・交通費別途)。

また同行サービスとは、ご契約前に、警察署などへ出頭する方に付き添うサービス。当事者の方に代わって警察と出頭日時を調整したり、弁護士が出頭に付き添うことで不安や恐怖を抱えている方に、出頭後の取調べ対応や事件の見通しについて法的なアドバイスを提供します。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所からのメッセージ

今後の生活や人生の一助となれるよう惜しみなく力を注ぎたい!

突然逮捕された方やそのご家族は、今後どうなるのか非常に不安な気持ちになられることでしょう。だからこそ当事務所では、そうした刑事事件の当事者となられた方やそのご家族に対して、今後の生活や人生の一助となれるよう惜しみない力を注ぎます。

あらゆる刑事事件・少年事件と正面から向き合い、適切な弁護活動をスピーディーに提供することを心掛け、あなたやご家族の権利や生活を守るために、全力で取り組むことをお約束しますので、万一の事態の際には速やかにご相談ください。

所属弁護士

則竹 理宇(のりたけ りう)

則竹 理宇

登録番号 No.45496
所属弁護士会 大阪弁護士会

北村 一(きたむら はじめ)

北村 一

登録番号 No.51754
所属弁護士会 愛知県弁護士会

澁谷 和利(しぶや かずとし)

澁谷 和利

登録番号 No.52283
所属弁護士会 福岡県弁護士会

松下 啓一(まつした けいいち)

松下 啓一

登録番号 No.52282
所属弁護士会 愛知県弁護士会

上村 武史(うえむら たけし)

弁護士上村

登録番号 No.51984
所属弁護士会 京都弁護士会

杉野 高正(すぎの たかまさ)

杉野 高正

登録番号 No.53794
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

前田 真一(まえだ しんいち)

前田 真一

登録番号 No.53783
所属弁護士会 埼玉弁護士会

末吉 大介(すえよし だいすけ)

末吉 大介

登録番号 No.53223
所属弁護士会 大阪弁護士会

國武 優(くにたけ ゆう)

國武 優

登録番号 No.50590
所属弁護士会 神奈川県弁護士会

料金体系

初回接見・同行サービス料金
3万円
※交通費が別途かかります。
※事務所から目的地までの往復所要時間が240分を超える場合、事務所から目的地までの往復所要時間1分当たり270円の遠距離出張日当が発生します。なお、往復所要時間は、「Yahoo路線検索」を用いて、出発地住所と目的地住所を入力して算出します。
着手金
①基本着手金
簡易な事件 0円
通常の事件 20万円
複雑な事件 40万円~

②身柄対応着手金(逮捕・勾留されている場合)
20万円
※身柄対応着手金とは、保釈、逮捕・勾留阻止、勾留延長回避、看護措置阻止に向けた身柄解放活動のための着手金です。

③被害者対応着手金(被害者側との交渉をご希望される場合)
20万円/被害者1名
※被害者対応着手金とは、被害弁償・示談交渉などの被害者対応活動のための着手金です。
報酬金
20万円~
※報酬金の額は、事件の性質・難易度によって個別に決定いたします。事件の詳細をお伺いして、適正な金額を契約前にご提示致します。

アクセス

名鉄、近鉄「名古屋駅」徒歩5分

愛知県名古屋市中村区名駅南1-28-19

事務所概要

事務所名 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
代表者 則竹 理宇
住所 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-28-19名南クリヤマビル6階
電話番号 0066-9687-7324
営業時間 毎日 0:00〜24:00
定休日 なし
備考 ■大阪支部
〒530-0002
大阪府大阪市北区曽根崎新地2丁目6-12 大阪小学館ビル7階

■神戸支部
〒651-0084
兵庫県神戸市中央区磯辺通4丁目2番26号 新芙蓉ビル10階

■京都支部
〒600-8146
京都市下京区材木町499-2 第1キョートビル4階
(京都市下京区七条通り東洞院東入る材木町499-2)

■八王子支部
〒192-0083
東京都八王子市旭町8-10 比留間ビル3階

■東京支部
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-18-2
晴香ビル6階

■さいたま支部
〒330-0844
埼玉県さいたま市大宮区下町2-55
明邦下町ビル2階

■横浜支部
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2-10-27
東武立野ビル8階

■福岡支部
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-28
博多偕成ビル6階
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7324
受付時間
毎日 0:00〜24:00

現在14:02です。お気軽にお電話ください。

住所
〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1-28-19名南クリヤマビル6階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP