刑事弁護は初動が命! 逮捕前でも何かあったら急いで相談を!

安東法律事務所(西森正貴弁護士)

  • 相談料
    初回30分無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    福岡県

0066-9687-7431

ただ今のお時間[19時00分]お電話がつながります!

平日・土日 10:00〜20:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

安東法律事務所(西森正貴弁護士)

  • 安東法律事務所(西森正貴弁護士)サムネイル0
  • 安東法律事務所(西森正貴弁護士)サムネイル1
  • 安東法律事務所(西森正貴弁護士)サムネイル2
  • 代表者
    安東 哲
  • 住所
    〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-10-7スコーレ赤坂602
  • 最寄駅
    地下鉄赤坂駅から徒歩1分
  • 電話番号
    0066-9687-7431
  • 相談料
    初回30分無料
  • 着手金
    40万円~(税別)
  • 成功報酬
    40万円~(税別)

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7431

ただ今のお時間[19時00分]お電話がつながります!

平日・土日 10:00〜20:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 福岡県

安東法律事務所(西森正貴弁護士)について

依頼者の痛みを共感、親しみやすい弁護士

逮捕されて連絡を受けると、素早く接見に出向く

福岡市中央区にある「安東法律事務所」の弁護士・西森正貴です。当職はつねに依頼者の痛みを共感できる、親しみやすい弁護士でありたいとの思いで親身にご対応。これまで刑事事件も積極的に手掛けており、財産犯・身体犯を問わずあらゆる事件の経験があります。

刑事弁護で重要なのは何よりも迅速な初動です。逮捕されて連絡を受けると、まずは素早く接見に出向きます。被疑者となって警察署に1人で留め置かれる状況は非常に辛いもので、接見禁止になれば家族との面会も許されず、孤独さは計り知れません。その時に自由な面会が許されるのは弁護士だけですから、接見の機会はとても重要になるわけです。

接見では、事件の詳細をお聞きすることはもちろん、取り調べにおける留意点についても丁寧にご説明。そして今後の見通しについてできるだけ明確にお示しし、安心感を得ていただけるよう親身に対応いたします。

逮捕後72時間以内に検察官が勾留請求

初動が早ければ勾留決定前に身柄の釈放も可能に

逮捕されると、72時間以内に検察官から勾留請求が為されます。逮捕の報を受けて即座に弁護士が受任できると、その期限までに勾留請求をさせないための活動が可能になるケースもあり得ます。

特に窃盗などの財産犯であれば、迅速に被害者と示談を取り付けて勾留請求を回避。また痴漢の疑いをかけられた時に目撃者がいれば、即座に話を聴きに行き、新たな立証につなげて身柄を釈放できることもあります。

できるだけ早い被疑者の身柄解放を目指す

勾留によって身柄が拘束される状況は、身体的にも精神的にも厳しいものですから、弁護士としてはできるだけ早く被疑者の解放を目指さなくてはなりません。それだけに、初動の72時間の中で勾留請求を阻止して身柄の釈放ができれば、仕事を休むことも最小限で済み、職場でも事が大きくならずに従来通りの勤めを続けられる可能性も高まるのです。

そのためにも、もし逮捕という事態になれば、家族や知人の方は一刻も早く弁護士に連絡をください。早期の身柄の釈放を実現するには、最初は時間との戦いとなることをまずは知っていただきたいと思います。

勾留決定後も早期の釈放に向けて尽力

被害者のある事件では示談交渉が大きな意味をもつ

勾留決定が為された場合には、そこから10日間(延長を含めて最大20日間)にわたって身柄が拘束されることになります。その場合でも、準抗告(異議の申し立て)の手続きなどを通じて早期の身柄解放、また不起訴を目指して活動することに変わりはありません。

そして窃盗や暴行、また性犯罪など被害者のある事件については、示談交渉が大きな意味をもちます。示談交渉は、事件を起こした加害者の代わりに謝罪の意志を表して被害の弁済を行う、弁護士の大事な役割です。早期に示談がまとまれば不起訴の確率は大きく高まり、被疑者の身柄の解放にもつながることになります。

謝罪の気持ちを真摯に伝え、粘り強く誠意を示す

示談交渉は検察官から相手の連絡先を聞き、被害者にコンタクトをとることから始まります。交渉の場では被害者の気持ちを尊重しながら、謝罪の気持ちを真摯に伝え、粘り強く誠意を示していくことが欠かせません。

被害者への示談交渉は個々の対応やコミュニケーション力がものを言う部分でもありますから、ぜひ示談交渉を得意とする弁護士に依頼されることが望ましいといえるでしょう。

被疑者が否認を続ける事件の場合

否認事件ではいっそう精神的サポートが欠かせない

最大20日間の勾留が為されたあと、被疑者が起訴されるかどうかが決まります。それまでに検察側の証拠が固まらなければ、嫌疑不十分で起訴できないということもあり得ます。

特に被疑者が否認を続ける事件であれば、捜査段階で検察側に証拠を与えないことが重要であり、取り調べでの供述内容にも気をつけなければなりません。場合によっては黙秘も必要でしょうし、捜査側が組み立てる仮説やストーリーに乗らないように注意しなくてはならないのです。

否認を貫く過程では精神的なサポートも欠かせず、言うまでもなく弁護士と被疑者との信頼関係はとても大事になります。そのためにも、接見の回数や、面会時の時間のかけ方は重要で、細かな点に配慮しつつ、被疑者(依頼者)に寄り添いながら活動していきます。

起訴された後に弁護士がすべきこと

早期の「保釈」を求めて引き続き活動

起訴されてしまうと、被疑者は「被告人」となり、多くの場合で警察の留置場から法務省が管轄する拘置所に身柄が移されます。そして公判が始まりますが、弁護士として目指すのは刑の軽減であり、特に初犯の場合は執行猶予の獲得が大前提となります。

同時に被告人の早期の「保釈」を求めて弁護士は引き続き活動します。逃亡や罪証隠滅の可能性がないこと、家族などの身元引受が確かなことを裁判官に示し、保釈保証金を用意して保釈申請を行います。保釈金は一定の現金が必要になりますが、保釈支援協会の立て替え支援などもありますからご相談ください。

西森正貴弁護士からのアドバイス

逮捕前の任意出頭など、何かあったら早急に相談を!

刑事事件の弁護で何よりも重要なのは、初動段階での迅速な行動です。逮捕後に即座に連絡をいただくことは不可欠ですが、それ以前の「逮捕前」であっても、何かの犯罪や事件に直面したようならいち早く弁護士にご相談ください。

事件によっては、逮捕の前に「任意取り調べ」を目的にした出頭命令が為されることがあります。その時点から証拠作りが始められてしまいますから、即座に当職にお知らせください。早めの措置によって、逮捕後の勾留を回避して在宅捜査になることや、被害者との示談成立で告訴の取り下げに至るケースもあり得ます。

逮捕という事態になれば、その前後を問わず、とにかく迅速に相談してほしいという願いに尽きます。刑事事件は一刻を争うものですから、迷わずご連絡をお待ちしています。

所属弁護士

西森 正貴(にしもり まさたか)

登録番号 No.48847
所属弁護士会 福岡県弁護士会

料金体系

初回相談 :30分無料 ※土日祝日は除く
着手金  :40万円~(税別)
報酬金  :40万円~(税別)
※着手金及び報酬金は,受任する事件の内容によって異なります。まずはご相談ください。

アクセス

福岡県福岡市中央区赤坂1-10-7スコーレ赤坂602

事務所概要

事務所名 安東法律事務所(西森正貴弁護士)
代表者 安東 哲
住所 〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-10-7スコーレ赤坂602
電話番号 0066-9687-7431
営業時間 平日・土日 10:00〜20:00
定休日 祝日
備考

安東法律事務所(西森正貴弁護士)

安東法律事務所(西森正貴弁護士)

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7431

受付時間

平日・土日 10:00〜20:00

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-10-7スコーレ赤坂602

安東法律事務所(西森正貴弁護士)