福岡刑事事件の相談は土日祝日も対応可能!初回相談料は無料

田村法律事務所(谷口将門弁護士)

相談料着手金成功報酬夜間対応土日対応
初回30分無料事案ごと事案ごと可能可能
田村法律事務所(谷口将門弁護士)

取扱い可能な事案

  • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪強盗・万引・横領
  • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
  • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪保護観察・少年院
  • 殺人罪殺人・殺人未遂
弁護士費用の詳細はこちら

【時間・スピードが重要】一刻も早くお電話ください

ただ今のお時間[12時22分]お電話がつながります!

対応可能エリア

福岡

お電話での受付窓口0066-9687-7676
受付時間 毎日 9:00〜22:00

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

刑事事件の経験豊富な小倉の弁護士

分割払いもOKの良心的な価格設定だから安心

田村1

北九州市小倉北区の「田村法律事務所」に所属する弁護士の谷口将門です。弁護士登録以来、刑事弁護に力を入れ、数多くの事件を手掛けてきました。一刻を争う刑事事件において、依頼者のために迅速かつきめ細やかな対応をお約束。家族や知人が「逮捕された」「逮捕されそうだ」といった緊急の際には迷わずお電話ください。

当職では平日夜間や休日でも「弁護士直通電話」で受け付け、迅速な初動を重視しています。また良心的な価格設定で、分割払等の支払方法にも柔軟にご対応。依頼者の方の納得と満足を目指してスピーディーに動き、最善の結果を目指して活動しています。

刑事弁護はスピーディーな対応が欠かせない

「弁護士直通電話」だから迅速な初動が可能に!

刑事事件は何よりも迅速な対応が欠かせません。逮捕後に被疑者(依頼者)の身柄は警察に留め置かれ、逮捕から72時間以内に勾留決定か否かの判断が為されます。勾留決定されると最大20日間の勾留期間を経て、起訴か不起訴か判断されるまで手続きが進んでいきます。

弁護士としては、被疑者の少しでも早い身柄の釈放を求めて行動することが必要。被害者との折衝など迅速に動くことで、その後の処分の内容が大きく変わる可能性があるからです。

とにかく初動の早さにはこだわり抜きます。そのために夜間でも土日祝日でも弁護士直通電話で連絡を受け付け(原則9時~22時)。夜間に逮捕・身柄拘束の知らせをいただき、「わかりました。今からでもすぐにご家族とお会いしましょう」と動くケースは多くあります。

即座に接見に出向き、依頼者の不安を払拭

面会で弁護士との信頼関係を築いていくことが大切

連絡を受けた後は、被疑者が拘束されている先に、即座に接見に出向きます。接見では事件の詳細を聞くことはもちろん、被疑者が知っておくべき必要な事柄をアドバイス。今後の見通しについてできるだけ明確に示し、不安な気持ちが解消されるよう努めます。

何をすれば処分が軽くなるのか、早期の身柄の解放につながるか。また示談についてどの程度の示談金が必要か…。そうした説明を細かく行うほど、現在の状況が見えていき、不安感はなくなっていきます。その中で弁護士との信頼関係を築いていくことが必要ですから、接見の回数もできるだけ重ねるように心がけます。

依頼者が勾留されている場合、その家族や勤務先等の関係者との連絡を取ることも被疑者本人にとっては重要です。当職は関係者との連絡のパイプ役となることと同時に、連絡がスムーズにとれるように取り計らうなど、被疑者や周囲の方々の不安の軽減に努めます。

被疑者の早期の釈放には示談成立がカギ

できるだけ早くコンタクトをとり、謝罪の気持ちを伝える

勾留時の早期の身柄解放を目指すには、被害者のある事件では示談をいかに迅速にとりつけるかが大きなカギを握ります。特に窃盗などの財産犯や性犯罪は、示談の有無が早期の身柄解放には不可欠の要素。示談によって処分保留で釈放になる例は非常に多く、示談成立は早ければ早いほうがいいのです。

示談交渉は、まずはできるだけ早くコンタクトをとり、被疑者の謝罪や反省の気持ちを伝えることから始めます。ただし面会など直接の連絡については、被害者の感情に寄り添うことが何よりも重要ですから、拙速さを慎みながら交渉にあたらなければなりません。

示談交渉の難しい事件も多くありますが、連絡がある程度とれる被害者であれば、交渉の中身によって示談成立の可能性を高めることはできます。示談交渉は相手のあることですから、対応の仕方はまさにケースバイケース。交渉の方法については経験に基づく要素が大きく、その意味でも刑事弁護は経験豊富な弁護士に依頼すべきでしょう。

検察官との密なコミュケーションも心がける

また不起訴を目指すためには、検察官とは密接にコミュケーションをとることも大事です。弁護側のスタンスを伝え、それに対して検察官が何を考えているのかを読み取ること。不起訴になるために検察官が必要と考えている事柄について、コミュニケーションの中から読み取るわけです。こうした駆け引きも、豊富な経験に因るところが大きいといえるでしょう。

起訴された後は早期の保釈に取り組む

保釈請求はあきらめずに粘り強く対応することが大事

起訴されると、裁判所に保釈を請求することができます。保釈については、証拠隠滅や逃亡の恐れがないことが必要で、身元引受人を用意することも大事です。身元引受人とは、釈放中に本人が過ちを犯さないように監督する人間のこと。できるだけ本人と同居していることが求められ、ほとんどの場合、本人の家族や親族が身元引受人になります。

保釈請求は一度却下されても何度でも行うことができ、あきらめずに二度、三度と請求する粘り強さが重要でしょう。そして保釈が許可された場合には、裁判所に指定された額の保釈金を納める必要があります。

その後は裁判に向けて、必要な証拠の収集と提出など、執行猶予の獲得など少しでも有利な判決を勝ち取れるよう最善の努力を重ねていきます。

少年事件は「思い」に共感することが大切

今後の更生に向けて時間をかけて少年と向き合う

少年事件は、成長によって人格が柔軟に変化していくという「可塑性」を重視する傾向が強く、事件のあとに向き合っていく弁護士との信頼関係が欠かせません。少年とは今後の更生に向けて時間をかけてしっかりと話をしていくことが必要で、抱える思いについて共感していく姿勢も大切といえます。

私自身の人生もこれまで決して順風満帆に来たわけではなく、学生時代は優等生どころか問題児で、高校を卒業するまでまったく勉強をしない生徒でした。そこから一念発起し、工場で働きながら勉強を重ね、4年後に大学の法学部に入ったというプロセスがあります。

家庭環境が原因で道をそれてしまったような少年の思いにも共感でき、少年事件にもやりがいを感じながら向き合っています。

谷口将門弁護士からのアドバイス

緊急の際には時間に関わらず遠慮なくご連絡を!

誰でも、警察に逮捕されるような状況に置かれると、大きな不安に包まれることになります。家族だって同様です。しかし、過度に不安になる必要はありません。軽微な事件であれば、弁護士が取る迅速かつ的確な行動によって、本人の身柄の拘束を防ぐことも可能なのです。

そのためにも、素早い連絡とスピーディーな初動は絶対に欠かせません。当職では可能な限りいつでも連絡が取れる弁護士直通電話でお受けしますので、時間に関わらず遠慮なくご相談ください。

所属弁護士

谷口 将門(たにぐち まさかど)

谷口 将門

登録番号 No.50547
所属弁護士会 福岡県弁護士会

料金体系

相談料:初回30分無料

費用については、分割でのお支払いや、事案によって柔軟に対応させていただいております。

まずは、一度ご相談下さい。

アクセス

JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)『西小倉』

福岡県北九州市小倉北区金田2-2-5 以和貴金田Ⅱ702

事務所概要

事務所名 田村法律事務所(谷口将門弁護士)
代表者 田村 一巳
住所 〒803-0816 福岡県北九州市小倉北区金田2-2-5 以和貴金田Ⅱ702
電話番号 0066-9687-7676
営業時間 毎日 9:00〜22:00
定休日 なし
備考
田村法律事務所(谷口将門弁護士)
田村法律事務所(谷口将門弁護士)
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7676
受付時間
毎日 9:00〜22:00

現在12:22です。お気軽にお電話ください。

住所
〒803-0816 福岡県北九州市小倉北区金田2-2-5 以和貴金田Ⅱ702
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP