現役医師でもある弁護士が 医療を強みに有利な弁護活動を行います

弁護士法人AIT医療総合法律事務所

  • 相談料
    5,400円/30分
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    群馬県

0066-9687-7056

ただ今のお時間[15時43分]お電話がつながります!

毎日 9:00〜21:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

弁護士法人AIT医療総合法律事務所

  • 代表者
    鈴木 孝昭
  • 住所
    〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルⅢ 2-A
  • 最寄駅
    JR高崎駅から徒歩2分
  • 電話番号
    0066-9687-7056
  • 相談料
    5,400円/30分
  • 着手金
    30万円(税別)~
  • 成功報酬
    50万円(税別)~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7056

ただ今のお時間[15時43分]お電話がつながります!

毎日 9:00〜21:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 群馬県

弁護士法人AIT医療総合法律事務所について

代表弁護士が臨床経験豊富な現役の医師

医療の専門知識を踏まえた事件対応が可能

「AIT医療総合法律事務所」は、群馬県及びその周辺県に根差した法律事務所として、地域の皆様方の日常的な法律相談や問題解決のお手伝いをしています。当事務所の一番の特長は、代表弁護士の鈴木孝昭が、都内の総合病院で10年以上勤務を続け、現在も医療に携わっている現役の医師でもあるということです。

現在も臨床の現場で診療を行っており、医師と弁護士という2つの立場からアプローチできることに当事務所の大きな特色があります。医療に関する専門法律事務所として全国から幅広く相談をお受けしております。また、皆さまが想像する「弁護士」の雰囲気とは異なり、「かかりつけ医」に診てもらうつもりで安心してご相談いただけます。

当事務所は、交通の要所でもあるJR高崎駅から徒歩2分の場所にあり、弁護士5名が在籍(2017年8月現在)。群馬県内はもちろん、関東甲信越を中心に地域の方々の日常的な法律問題について親身にサポートしています。駐車場も完備していますのでお車でも安心してお越しください。

刑事事件において医療の要素が重要なワケ

生命・身体に関する罪では多くが医療に関連する

刑事事件においては、医療的な切り口が必要になる場面が多々あります。その結果が傷害か暴行にとどまるものかの判断に、医師の意見書が登場してきます。これを吟味するために医療知識が必須といえます。
また、故意があるか否かについての判断で、その創の性状等から、医学的な分析が必須となります。

このような状況の下で私は、弁護士として大きく2つの立場で刑事事件に携わっています。1つは加害者側に立っての刑事弁護、そしてもう1つが被害者側の示談交渉です。

診断書や鑑定書の「中身」で裁判が動くことも

刑事事件においては、「診断書」や「鑑定書」を検察側が証拠提出するケースは多くあります。ただ、中には記載が不十分な診断書や、捜査機関側の誘導により書かれた診断書や鑑定書も時折に見受けられます。そういった場合、診断書や鑑定書を正確にチェックできなければ、加害者側が不当に重い罪を負わされることになりかねません。

単純な例でいえば、全治1週間のものを、全治3週間と記載されてしまい、加害者にとって不利な内容になってしまうこともあり得るのです。そうした疑わしい診断書は、医師としての知見からすぐに分かることも少なくありません。検察に不当性を主張し、正しい内容に是正すべきとの主張が可能になるわけです。

医学的証拠の誤りについて迅速・正確な反証が可能

死亡推定時刻が問題となる事件等は少なくありません。この場合、ある時刻にすでに亡くなっていたのか、まだ生きていたのかが争点となったケースがありました。その結果によって刑事責任が重くもなるし、軽くもなります。
また、過失罪が規定されていない犯罪では、故意が立証されなければ罪に問われない(無罪)ということもあり得ます。

しかし、鑑定書や鑑定証人の証言が誤っていることに気が付かないまま裁判が進行するという事態を防ぐことは、非常に重要なことなのです。

否認事件の場合にはなおさら、医学的証拠の誤りについて迅速かつ正確に反証を行い、被告人の主張の正当性を示すこともできます。また、被疑者の責任能力が争点となるケースなどは、精神鑑定の結果を正しく理解するためにも,精神科医と話しができる程度の医学知識知識があることは有利な要素といえるでしょう。

再犯を防ぐための医療サポートも提供

薬物犯罪については、中毒性があることが問題です。そのため、再犯を防ぐための医療サポートは欠かせません。また薬物事犯に関わらず、他の事件においても、依頼者のご希望に応じて再犯を防ぐための医療サポートを行います。

窃盗が依存症になっているようなケース(いわゆるクレプトマニア)などは、社会復帰を促すためのサポートが必要ですから、医師・弁護士として可能な限りの措置をご提案していきます。

被害者の示談の代理交渉にも実績

医師であるからこそ相談してもらいやすい

刑事事件において、当事務所が取り組んでいるもう一つの項目が、被害者の示談交渉です。これは、加害者側からの示談交渉に対して、被害者に代わって対応するもので、示談に至らなければ、その後の民事訴訟を請け負うことになります。こうした示談交渉の依頼については、着手金や初期費用は一切無料でお受けしています。

特に、性犯罪における女性被害者からの依頼は多いのですが、女性は、性犯罪によって自分が心身に受けた傷については、弁護士に話しにくいということを聞いたことがあります。その点、医師であれば、被害者の方も話しやすいということがあるようです。このような方につきましては、医師として心身のケアのことを配慮しながらご相談に応じさせていただきたいと思います。

それ以外にも、傷害事件などで、被害者の方の後遺症の見込みなどの判断を素早く行えることも利点でしょう。殺人未遂に強姦、強制わいせつや凖強制わいせつ、傷害、児童ポルノや痴漢など、被害者側の代理人はあらゆる事件について行っていますので、不利なことにならぬよう、遠慮なくご相談ください。

加害者側の示談交渉でも示談成立を全力で目指します

事件を出来る限り長引かせないために全力を尽くし、常に次の手続を見据えながら、適切な弁護活動を行うことに注力しています。その姿勢が、被疑者の早期の身柄解放や不起訴処分につながると考えています。
また、示談交渉において最も大事なのは、誠意を伝えることです。単に相場はいくらであるからとか、いくらしか支払わないので、よく考えてなどと上から目線で示談交渉をされたと被害者の方からご相談を受けている立場からすると、このようなスタンスでは、示談がまとめるわけもございません。

このような二次被害が生じることがないよう、示談交渉を続けていくことが大事だと思っておりますし、これまで、このような方法によって数多くの示談交渉をまとめさせていただいてきました。

出された診断書を盲信しないこと

診断書・鑑定書を正しく評価できるのが強み

法律問題は言うまでもなく、人が関わる中で争いやトラブルが生じるものです。そして、その中に医療が介在する問題は非常に多いわけです。しかし、場合によっては、トラブル解決の過程で医療の問題が入ってきた瞬間に、頭が真っ白になってしまうという話を聞いたこともあります。

そうしたケースは、特に刑事事件においては頻繁に起こり得るものといえるでしょう。医師から出された診断書ひとつとってみても、その診断書を吟味できているのか疑問に感じる場面が刑事裁判手続きではよくあります。

つまり、診断書をそのまま盲信してしまうのでは、刑事弁護では危険なことではないかと考えております。事実を適切に反映したものかどうかを自ら判断できることはとても重要なことなのです。

弁護士法人AIT医療総合法律事務所からのアドバイス

刑事弁護を不利なく進めていくには医療的知識が欠かせない

刑事事件において、検察官は診断書というものをとかく重視します。ただ一方で、その診断書や鑑定書が間違っている、または不十分なことが実は少なくないのです。それは、医師が多くの場合、刑事裁判で使われることを前提としないで診断書を書く場合があるということから起こり得るともいえます。

相手をケガさせてしまったようなケースで、刑事事件を正しく戦うならば、医学的な診断書の中身を吟味してから争わなくては正当な罪の評価を受けられない危険があります。そうしたリスクを回避するためにも、診断書を正しく評価することが大切です。

また犯罪被害に遭った被害者の方も、医師であり弁護士でもある当職に、いつでもご相談いただきたいと思います。どうぞ遠慮なくご相談ください。

所属弁護士

鈴木 孝昭(すずき たかあき)

登録番号 No.52676
所属弁護士会 群馬弁護士会

青木 聡史(あおき さとし)

登録番号 No.51109
所属弁護士会 東京弁護士会

伊藤 寛之(いとう ひろゆき)

登録番号 No.50541
所属弁護士会 群馬弁護士会

髙田 雄大(たかた ゆうだい)

登録番号 No.53935
所属弁護士会 群馬弁護士会

大塚 淳(おおつか じゅん)

登録番号 No.55557
所属弁護士会 群馬弁護士会

料金体系

ご依頼時の手続状況や事案の態様等に応じて、協議の上決定いたします。
着手金30万円(税別)~
報酬金50万円(税別)~

アクセス

群馬県高崎市栄町2-10

事務所概要

事務所名 弁護士法人AIT医療総合法律事務所
代表者 鈴木 孝昭
住所 〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルⅢ 2-A
電話番号 0066-9687-7056
営業時間 毎日 9:00〜21:00
定休日 なし
備考

弁護士法人AIT医療総合法律事務所

弁護士法人AIT医療総合法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7056

受付時間

毎日 9:00〜21:00

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒370-0841 群馬県高崎市栄町2-10きむらビルⅢ 2-A

弁護士法人AIT医療総合法律事務所