検事経験22年! 論点を捉えた 無駄のない弁護で共に闘います

北村法律事務所

  • 相談料
    5,000円/1時間
  • 土日
    対応
    場合により可能
  • 夜間
    対応
    場合により可能
  • 対応
    エリア
    広島県

0066-9687-7705

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:00〜19:00

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

北村法律事務所

  • 代表者
    北村 明彦
  • 住所
    〒730-0051 広島県広島市中区大手町3-1-3IT大手町ビル6階
  • 最寄駅
    広島電鉄宇品線中電前
  • 電話番号
    0066-9687-7705
  • 相談料
    5,000円/1時間
  • 着手金
    20~50万円
  • 成功報酬
    20~50万円

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7705

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:00〜19:00

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 広島県

北村法律事務所について

22年の検事経験をもつ弁護士

検察側の視点で刑事事件を捉えるのも強み

広島市中区大手町にある「北村法律事務所」は刑事事件の経験豊富な弁護士事務所。キャリア8年の弁護士・北村明彦がこれまで一貫して刑事事件に注力してきました。当職は弁護士になる前に22年におよぶ検事としての経験があり、検察側の視点で刑事事件をとらえることが出来るのも現在の強みの一つといえます。

当事務所では場合により当日・休日・夜間21時までご相談可能。不在時にお電話をいただいた場合には速やかに、休業日のお電話の場合は翌営業日に折り返し電話をいたしますから、いつでもご連絡ください。

取り調べの初期段階からのサポートが重要

被疑者の不安を少しでも軽減することに努める

逮捕されると、逮捕直後から取り調べが行われて供述調書が作成されます。捜査の実情を知らない方は、捜査段階で軽はずみな発言をしてしまい、それが証拠として残ることで、公判の段階で供述を覆しても裁判所に信用してもらえない状況になることがあります。

だからこそ取り調べの初期の段階から、捜査官への対応の仕方や黙秘権の行使、供述調書の内容を詳細に確認した上で署名捺印することの説明が欠かせません。

また事件内容の詳細や前科の状況によって、量刑など今後の見通しについての予測はある程度可能です。確かな見通しのもとで、取り得る対策の選択肢を広げるためにも、逮捕の一報があれば弁護士への迅速な連絡が不可欠といえます。

当職は被疑者の不安を少しでも軽減することに努め、相手が誰であろうと徹底的に戦います。共に戦う同志であり、仲間となって寄り添いますので、事件の後は可能な限り早期にご相談いただくことをおすすめします。

逮捕前の段階から相談を

迅速な初動で身柄拘束にならないケースも

刑事事件において弁護士に相談いただくのは、たとえば任意の出頭を求められたような逮捕前の段階でも大いに意味があります。また在宅のまま、逮捕されるかどうか分からないという状況で依頼をいただくことも同様です。

被害者がある事件の場合には、早期に示談交渉に取り組むなど、迅速な初動が功を奏して身柄拘束にならないケースもあり得ますから、不測の事態に遭遇した際には早急に弁護士にお任せください。

不起訴を勝ち得ることに価値がある

被害者のある事件においては「示談交渉」が重要

もちろんケースバイケースではありますが、どんなに腕のいい弁護士がついて、徹底的に争って無罪にするよりも、不起訴で終われば身柄拘束の期間も短くなり、精神的な負担も軽いものになります。統計的にも起訴後の有罪率は99%を超えていますから、その意味でも「起訴させない」ことの重要性は理解いただけると思います。

不起訴になるために必要な事柄として重視すべきは、被害者のある事件においては「示談交渉」ということができます。勾留されている状態(延長を入れて最大20日間)から少しでも早く釈放につなげるためにも、示談の成立は非常に重要です。

ただ、示談交渉というものにマニュアルはありません。弁護士は被疑者側の代理人ですが、被害者の感情を考慮して接することは大切。一方で、極端な示談金の請求があった際には適正な金額に近づけるべく交渉することも必要です。被害者感情の強い事件の場合には弁護士との面会さえ応じてもらえないケースもあり、慎重に交渉を運ぶことが欠かせないといえます。

示談交渉で誠意を尽くした経緯を検察官にも報告

示談交渉は相手のあることですから、まとまらないことも当然あります。そうした場合でも、被害者に対して誠意を尽くすことはもちろん重要で、そのプロセスについては検察官に逐次報告していくことも大切。被害者対応に誠意を示した経緯を、裁判所に考慮してもらうことにつながる点でも意味があるといえるでしょう。

検察官が考える「材料」をそろえることが大事

検察官は事件について、どのような条件がそろえば不起訴にするかという基準を持っているものです。弁護士としては、その条件に合致するような材料をそろえていくことが必要。被害弁償や家族の監督、あるいは釈放されたあとの仕事の確保など、事件によってそれは様々です。

その点で私は22年間の検事経験がありますから、検察官がどのような材料を求めているかの予測をある程度立てることができるのも強みの一つといえます。

起訴後の対応で重要なコトは…

いかに保釈しやすい環境を整えるかが弁護士の手腕

起訴されたあと、依然として身柄が拘束されている場合には早期の保釈を求めることになります。最近の裁判所の傾向として、検察官立証が終われば否認していても保釈を許可してもらえる傾向にありますから、保釈金や身元引受人の用意があれば叶えられることが多いといえます。

保釈申請のタイミングについては、経験のある弁護士であればよく承知していますから、あとは裁判官の意図を汲んで、どれだけ保釈しやすい環境を整えるかが弁護士としての手腕といえる部分かもしれません。そして検察官立証が早く終わるように、争点のポイントを絞りながら、身柄拘束からの解放を目指すことが大事といえるでしょう。

刑事事件は確かな経験をもつ弁護士に任せたい

当職は過去に裁判員裁判を3件受任し、うち2件につき執行猶予判決を獲得しました。そして無罪判決獲得の経験もあります。ただ無罪判決の獲得は様々な要素が絡み合って実現するものであり、正直弁護士の力量と比例するものでもないと私は思います。

それよりも、無罪を目指す中では、被告のためにいかに有利な主張を成し得る論点を見つけられるかが重要。そうしたプロセスを刻めるかどうかは、やはり経験の為せる業ともいえるものです。その意味でも刑事弁護は、事件の場数を豊富に踏んだ弁護士を頼るべきだといえるでしょう。

少年事件の弁護にも積極的に対応

更生可能性を重視した対応に力を注ぐ

少年事件については更生可能性を重視した対応になる点で、成人事件とは切り口が異なります。環境を改善することによって、立ち直りにつながる可能性が成人よりは高いとされますから、家族や学校のサポートなど環境調整に大きな重きが置かれます。少年事件についても当事務所で積極的に対応しますからご相談ください。

北村法律事務所からのアドバイス

刑事実務の運用をよく知る弁護士に依頼すべき

刑事事件に向き合う弁護士は、法律はもちろん刑事実務の運用をよく知っていて、事件経過のポイントに応じて、論点をとらえた無駄のない弁護ができることが重要です。そして何よりも初動の重要性が求められるのが刑事事件です。逮捕という事態になれば、とにかく早期に当事務所にご連絡ください。一刻も早く当職がご本人のもとに駆け付けます。

所属弁護士

北村 明彦(きたむら あきひこ)

北村 明彦

登録番号 No.39613
所属弁護士会 広島弁護士会

料金体系

相談料 1時間 5000円
着手金 20万円から50万円
成功報酬 20万円から50万円

アクセス

広島県広島市中区大手町3-1-3IT大手町ビル6階

事務所概要

事務所名 北村法律事務所
代表者 北村 明彦
住所 〒730-0051 広島県広島市中区大手町3-1-3IT大手町ビル6階
電話番号 0066-9687-7705
営業時間 平日 9:00〜19:00
定休日 土日祝日
備考

北村法律事務所

北村法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7705

受付時間

平日 9:00〜19:00

住所

〒730-0051 広島県広島市中区大手町3-1-3IT大手町ビル6階

北村法律事務所