真の更生を目指しつつ、 迅速な初動で依頼者に寄り添います

札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)

  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    事前予約の方のみ
  • 対応
    エリア
    北海道

0066-9687-7797

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日9:00~17:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)

  • 札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)サムネイル0
  • 札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)サムネイル1
  • 札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)サムネイル2
  • 代表者
    高﨑良一・片岡清三・小林 晃・佐藤大蔵
  • 住所
    〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西5丁目1−1 桂和大通ビル386階
  • 最寄駅
    札幌市営地下鉄 南北線「大通駅」3番出口から徒歩1分
  • 電話番号
    0066-9687-7797
  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    応相談
  • 成功報酬
    応相談

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7797

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日9:00~17:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 北海道

札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)について

札幌で35年の実績をもつ事務所

情熱に裏打ちされた行動力とフットワークの軽さ

札幌シティ4

札幌市中央区にある「札幌シティ法律事務所」に所属する弁護士の小林晃です。当事務所は1982年に札幌で開設して以来、35年にわたって多様な事件に取り組んできた実績ある事務所です。私は同事務所の中でこれまで様々な事案に向き合い、なかでも刑事事件は積極的に取り組んできた分野のひとつです。

窃盗や詐欺などの財産犯、暴行や傷害、性犯罪などの身体犯をはじめ、医師法違反などの事件にも実績を有しています。情熱と経験に裏打ちされた行動力とフットワークの軽さで、初動から迅速に取り組みますので、逮捕などの思わぬ事態に見舞われた際にはいち早く当職にご連絡ください。

逮捕された後は即座に連絡を!

先の見通しを示し、安心感を得てもらうことを重視

逮捕されて連絡を受けると、可能なかぎり当日中に接見に出向くことを心がけます。弁護士の場合、面会時間の制限はありませんから、事件のあらましについて依頼者の話をじっくりと聴くことから始まります。そして今後の手続きの流れについて考えられる複数のパターンを明示。先の見通しを説明することで、できるだけ依頼者に安心感を得てもらうことを重視します。

逮捕後72時間以内に勾留されるかどうかが決まりますが、逮捕当日に依頼をいただくと、場合によっては勾留請求をさせないための対応が可能になるケースも考えられます。家族による身元引受が確かであり、即日で被害者と示談できたような場合には、勾留されずに在宅での措置となることもあり得るのです。

勾留決定が為されると、10日間の身柄拘束、延長も含めると最大20日にわたって警察署に留め置かれ、起訴されるかどうかの判断を仰ぐことになります。もちろん勾留決定後も準抗告などの手続きによって、早期の釈放に向けて粘り強く対応を継続。弁護士として出来得る様々な方法で釈放および不起訴を目指して活動していきますので、逮捕されるという事態になれば即座にご相談ください。

被害者のある事件では示談交渉が重要

財産犯の場合は最初に速やかな被害弁償を行う

窃盗や暴行、傷害や痴漢、強姦など被害者のある事件では、速やかに示談交渉を進めていくことが非常に重要です。財産犯の場合、たとえばスーパーやコンビニなどの法人は「一切の示談に応じない」という対応をとるケースもあり、示談交渉が難しいことがあり得ます。

個人のオーナー店であれば、そうした要素も少ないといえますが、いずれにしても速やかに被害弁済を行い、謝罪の意を示すことが重要。財産犯の場合は迅速な対応が功を奏する場合が多いですから、弁護士の初動がいっそう重要な意味をもつことになります。

「被害者を救う」という観点が示談交渉には不可欠

いっぽう、被害者の心身に損害を与えてしまう身体犯の場合は被害感情も大きく、示談交渉についても慎重になるべき要素が増えていきます。被害者のケガの回復を待つことが必要なケースも多く、心身のケアを優先することが重要なのです。

つまり示談交渉は、単に被疑者の身柄解放を目的とするのではなく、被害者を救済することを念頭に置くことが大事。弁護士にとっての依頼者は被疑者ですが、あくまでも被害者を救うという観点で交渉に当たることが欠かせません。同時に謝罪の気持ちを真摯に表すことも大切で、加害者からの謝罪の手紙などを手渡すこともあります。

これまで当職は、示談交渉を行ったものの不調に終わったという経験はなく、いずれの場合も被害者へのコンタクトさえ取れれば、示談成立という結果へとつながっています。もちろん事件によっては難しい交渉となるケースもありますが、誠意を尽くして話し合いに臨みますのでご相談ください。

「勾留する必要がない」ことを検察官に示す

被疑者の早期の身柄解放を目指す上では、検察官への対応も重要な事柄のひとつです。示談の見通しを示しつつ、家族や勤め先がしっかりと身元を管理する旨を陳述書に記して提出することが有効な場合も。「勾留する必要がない」という事実を弁護士が粘り強く示すことによって、早期の釈放の実現につなげていきます。

薬物事件は不起訴にもちこむのは難しい…

更生施設や医療機関との連携で薬物依存からの脱却を目指す

被害者のいない事件の代表的なものは薬物事犯といえますが、現実には不起訴に持ち込むのが難しい事件の類型です。執行猶予の獲得をはじめ、出来る限りの刑の軽減を目指すための活動が重要になっていきます。

家族や友人に情状証人になってもらうこと、また更生施設や医療機関などと連携して、薬物依存からの更生プログラムを組み立てていく「環境調整」が重要な意味をもつといえるでしょう。

刑事事件に取り組む上でのやりがい

「もう二度と犯罪をしないでほしい」という思い

私が刑事弁護に取り組む上で常に考えていることは、「もう二度と犯罪をしないでほしい」ということに尽きます。何よりも、人生の立て直しや更生という視点を重視して弁護にのぞむこと。極端にいえば、依頼者本人に反省や謝罪の思いがまったく見えないようであれば、実刑によって更生を促すことが必要な場合もあるかもしれません。

決して表面的な不起訴や執行猶予を取ることが弁護士の仕事ではありません。その意味では、少年事件も同様です。罪を犯した原因や背景にしっかりと目配りし、家庭調査や調査官との面談を経ながら、本人の更生と立ち直りを促していく。依頼者との信頼関係を丁寧に築きながら、人生を歩み直すための相談に乗りたいと考えています。

必要なのはフットワークと経験

札幌でも有数の陣容&実績を有する事務所

刑事弁護は逮捕直後からの初動対応の迅速性が何よりも重要であり、フットワークの良さが不可欠です。また、早期の身柄の解放や起訴後の刑の軽減に向けて的確に動くためには、刑事弁護に対するある程度の経験値やノウハウは欠かせません。

当職は複数の弁護士がいる、札幌市内でも有数の実績を有する事務所に属していますので、協働態勢でのフットワークの良さや、刑事弁護のノウハウの蓄積には非常に長けています。ぜひ安心して相談いただければ幸いです。

小林晃弁護士からのアドバイス

新しい一歩を踏み出すための勇気をもってほしい

たとえ刑事罰に問われてしまっても、なにも人生が終わるわけではありません。いくらでもやり直しはききますから、悲観し過ぎることなく、どうか新しい一歩を踏み出すための勇気をもってほしいと思います。

そしてご本人がやり直すためには、何よりも周りのサポートが不可欠です。ご家族と一緒に当職が親身にサポートしていきますので、もし逮捕という事態になれば迷うことなくご相談ください。

所属弁護士

小林 晃 (こばやし こう)

小林 晃

登録番号 No.44614
所属弁護士会 札幌弁護士会

料金体系

国選対象事件であれば、私選から国選に切り替えることもあります。

アクセス

北海道札幌市中央区大通西5丁目1−1 桂和大通ビル386階

事務所概要

事務所名 札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)
代表者 高﨑良一・片岡清三・小林 晃・佐藤大蔵
住所 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西5丁目1−1 桂和大通ビル386階
電話番号 0066-9687-7797
営業時間 平日9:00~17:00
定休日 土曜・日曜・祝日
備考

札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)

札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7797

受付時間

平日9:00~17:00

住所

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西5丁目1−1 桂和大通ビル386階

札幌シティ法律事務所(小林晃弁護士)