逮捕直後からの迅速な初動で 早期の釈放に向けて力を尽くします

戎みなとまち法律事務所

  • 相談料
  • 土日
    対応
    -
  • 夜間
    対応
    -
  • 対応
    エリア
    兵庫県

準備中

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

毎日9:30~18:30

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

戎みなとまち法律事務所

  • 戎みなとまち法律事務所サムネイル
  • 代表者
    戎 卓一
  • 住所
    〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室
  • 最寄駅
    JR「西明石駅」より徒歩1分
  • 電話番号
    準備中
  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

準備中

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

毎日9:30~18:30

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 兵庫県

戎みなとまち法律事務所について

JR西明石駅から徒歩1分以内の便利な立地

「相談しやすさ」を重視した事務所づくりに留意

地元の明石市出身の戎卓一が代表弁護士を務める「戎みなとまち法律事務所」は、「誰でも気軽に相談してもらえる事務所」をモットーにした弁護士事務所です。これまで刑事事件にも積極的に取り組み、暴行や傷害、痴漢や性犯罪、横領事件など幅広い私選弁護の事件を数多く手掛けています。

当事務所はJR西明石駅から徒歩1分以内の便利な立地にあり、祝日や平日夜間でも対応可能です。できるだけ応対の時間帯を広げ、相談いただく方の来社の負担を減らすことを心がけるとともに、相談のしやすさを重視した事務所づくりに留意。その結果、「話しやすい」「身近に感じる」という声を多くの依頼者の方からいただいています。

刑事弁護で重要なのは初動での対応

連絡を受けるとまずは接見に出向き、不安を軽減

刑事事件はとにかくスピード感を重視した対応が求められます。事件に直面した際に、弁護士にとって重要なのは逮捕後の初動対応です。当事務所では、現行犯逮捕で連絡を受けた際など、早期の釈放に向けて迅速に対応します。

連絡を受けるとまずは接見に出向き、被疑者と面会します。接見禁止になると家族も面会できなくなり、自由に会えるのは弁護士だけです。今後の手続きの流れや見通しを示すことはもちろん、ご家族からの伝達事項などがあればそれを伝えることも重要です。

拘束された被疑者はとても不安な状態に置かれていますから、今後どうなるかという方向性を説明することによって、少しでも安心してもらえる状況を作るよう努めます。

早期の身柄解放に向けて力を尽くす

逮捕されてから勾留決定までには72時間しかなく、その間にいかに「勾留請求させない」ための活動ができるかが重要です。勾留決定までの時間は限られていますから、できるだけ早く弁護士に連絡をいただくことが望まれるわけです。

その間で、早期に身柄を解放するために力を尽くすとともに、勾留決定された後も、準抗告(勾留の取り消し)の手続きを取るなど粘り強く対応していきます。

被害者のある事件で重要な「示談交渉」

示談が成立すると不起訴の確率が大きく高まる

逮捕されたあと、とくに暴行や傷害、痴漢など被害者のある事件の場合には、いち早く示談交渉にのぞむことが重要です。示談交渉については、被害者の心情に配慮することが大切であり、早期に相手側にコンタクトをとり、謝罪の意を示すことが欠かせません。そして被害者側の思いや要望を聞いていくなかで、示談の条件について丁寧に話をしていきます。

示談が成立し、被害届の取り下げに至ると、早期の釈放はもちろん、不起訴になる確率が大きく高まります。それだけに示談の成立は重要であり、経験豊富な当職が丁寧な交渉で被害者側の理解を得られるよう動きますのでご相談ください。

不起訴になると前科がつかない

不起訴になると前科はつきませんから、被疑者の人生を考える上でも大きな意味をもつことになります。示談の成立のほかにも、不起訴を獲得するためにできることはあり、たとえば身元引受の確かさを検察官に主張することも重要です。被疑者本人の反省の意志を検察側に伝えることも含め、不起訴の獲得に向けて力を尽くしていきます。

否認事件や薬物事件にも実績

積極的に接見に出向き、親身なサポートを提供

当職はこれまで痴漢の冤罪事件を手掛けたこともありますが、否認事件の場合には被疑者への接見の重要性がいっそう増してきます。取り調べに対する受け答えのアドバイスや、精神的に支えていくサポートも必要。公判を踏まえた対応も含め、できるだけ頻繁に接見に出向くことを重視して親身に寄り添います。

また薬物事件については、再犯を防ぐための環境をいかに整えることができるかが重要です。起訴後の早期釈放をめざすためにも、家族による受け入れ態勢を整えてもらうことも大切。また必要に応じて更生施設や医療機関を紹介するなど、二度と薬物に手を染めない環境を作るための支援を可能なかぎり行います。

起訴後は早期の保釈をめざして活動

被告に逃亡や証拠隠滅の恐れがないことを示す

起訴された後も、早期の釈放を求めていくことに変わりはありません。そのために行うのは、被害者のある事件であれば示談交渉であり、被害者のない事件も含めて、身元引き受けを確かなものにするといった環境整備ということになります。

つまり被告に逃亡や証拠隠滅の恐れがないことを示し、反省の思いを真摯に表すことが重要になるわけです。また保釈申請の際には保釈保証金が必要になりますから、家族などに用意を依頼することも必要。それが難しい場合には、保釈金支援協会の利用などもアドバイスしていきます。

戎みなとまち法律事務所からのメッセージ

早期の釈放や不起訴の獲得に向けて一緒に戦います

刑事事件の弁護は初動時のスピーディーさが求められるなど、フットワーク軽く事件に即応することが重要です。加えて刑事弁護に関する経験の豊富さが必要であることは言うまでもありません。当事務所はこれまで国選・私選事件とも確かな経験を有しており、可能なかぎり迅速に事件に向き合うスピード感も大事にしています。

もしも逮捕という事態になれば、まずは迷うことなく当事務所にご連絡ください。いち早く接見に出向き、早期の釈放や不起訴の獲得に向けて、本人・ご家族と一緒に粘り強く戦っていきます。

所属弁護士

戎 卓一 (えびす たくいち)

登録番号 No.41732
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

アクセス

兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室

事務所概要

事務所名 戎みなとまち法律事務所
代表者 戎 卓一
住所 〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室
電話番号 準備中
営業時間 毎日9:30~18:30
定休日 祝日
備考

戎みなとまち法律事務所

戎みなとまち法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
準備中

受付時間

毎日9:30~18:30

住所

〒673-0005 兵庫県明石市 小久保2丁目1-1 YSビル5階501号室

戎みなとまち法律事務所