素早い初動と丁寧な示談交渉 早期釈放&不起訴に向けて動きます

フェリーチェ法律事務所

  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    兵庫県

0066-9687-7500

ただ今のお時間[09時04分]お電話がつながります!

平日9:00~20:00 土日10:00〜20:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

フェリーチェ法律事務所

  • 代表者
    後藤 千絵
  • 住所
    〒663-8201 兵庫県西宮市田代町10-5 田代町ハイツ103
  • 最寄駅
    阪急西宮北口駅から徒歩8分
  • 電話番号
    0066-9687-7500
  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    事案ごと
  • 成功報酬
    事案ごと

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7500

ただ今のお時間[09時04分]お電話がつながります!

平日9:00~20:00 土日10:00〜20:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 兵庫県

フェリーチェ法律事務所について

刑事事件の私選弁護も数多く経験

弱い立場に置かれた方を全力で支える弁護士

フェリーチェ法律事務所は阪急西宮北口駅から徒歩8分の場所にある、親しみやすい弁護士事務所です。代表弁護士の後藤千絵を中心に、社会的・経済的に弱い立場に置かれた方を全力でサポートすることをモットーにしています。

これまで刑事事件の私選弁護も数多く経験しており、刑事弁護にも積極的に取り組んできました。連絡をいただければ、可能なかぎり即日にご対応。メールでは24時間予約を受け付けていますので、いつでも遠慮なくご相談ください。

逮捕後は即座に接見に出向く

今後の見通しを丁寧に説明して不安を軽減

刑事事件の被疑者となって逮捕・勾留されてしまうと、ご本人は非常に不安な状況に置かれてしまいます。「この後、どのようにして手続きが進んでいくのか」「いつまで勾留されるのか」「その後裁判になるのか」…など、わからないことばかりだからです。

弁護士に連絡をいただくと、すぐに本人に接見に出向き、今後の手続きや見通しなどを丁寧に説明して、できるだけ安心いただける状況をつくります。

接見禁止がついてしまうと会えるのは弁護士だけ

接見禁止がついてしまうと、家族とも会うことができず、自由に接見できるのは弁護士だけです。逮捕勾留が続く最大23日のあいだ、被疑者は本当に「一人きり」になってしまいます。弁護士が励ますことによって、本人の気持ちも軽くなりますし、捜査員による圧力にも立ち向かう力を得ることができるものです。

ご家族への意思伝達の役割も重要で、初回接見時から、被疑者およびそのご家族に親身に寄り添い対応していくスタンスを大事にしながら向き合っていきます。

取り調べでは不利な自白を避ける

頻繁に接見に足を運び、精神的にサポート

刑事事件では取り調べにおいて、不利な自白を避けることが絶対に欠かせません。捜査段階で不利な自白調書をとられてしまったら、それが証拠として採用されてしまい、刑事裁判を経て有罪判決を受けることにつながってしまいます。また罪を犯していないのに、自白を元に有罪認定を受けてしまうという「冤罪」の原因にもなりかねないのです。

当職はできるだけ多く接見に足を運び、そのようなことのないよう、当初から虚偽の自白の恐ろしさについて伝えていきます。また頻繁に接見に行って励まし、本人が捜査員の圧力に負けないように精神的なサポートを行うことにも注力していきます。

早期の釈放をめざして全力を尽くします

身元の確かさを示し、勾留の必要性がないことを訴える

刑事事件で逮捕勾留された場合、身柄の拘束期間が長引くほど、本人の立場は危うくなります。勾留は延長も含めて最大20日間で、長期間欠勤が続くとさすがに勤務先への悪影響は避けられず、何よりも逮捕勾留されたことが知られ、職場での地位を失ってしまうことにもなりかねません。

逮捕直後にただちに弁護士に連絡をいただくことによって、勾留決定が行われないように検察側に働きかけるなど、早期の釈放をめざして活動することが可能になります。

家族や職場がしっかりしていることなど、身元引受の確かさなどを粘り強く訴えることで、早期の身柄解放される可能性が高くなるのは、早い段階で弁護士に依頼する大きなメリットといえるでしょう。

被害者のある事件で重要なのが「示談交渉」

被害者側の心情を汲み取り、丁寧に交渉にあたる

被害者のある事件では、被害者との示談が非常に重要です。示談がまとまると「不起訴」の可能性が高まり、また刑事裁判が開始された後に示談が成立すると、執行猶予の獲得や刑の軽減に直結します。

もちろん被疑者や被告人、またその家族等が自ら被害者と示談交渉をすることは難しく、その役割は多くの場合、弁護士が担うことになります。

これまで当職は数多くの示談成立例を有しており、示談交渉では一定の実績があります。なかでも性犯罪の場合は被害者が女性であることから、女性弁護士のほうが示談交渉で被害者の気持ちが分かりやすいという面があります。加害者側の謝罪の気持ちを真摯に伝え、被害者の心情に寄り添うことも重視しながら、丁寧な示談交渉を行います。

被害者のもとに何度も足を運び、示談成立に至った例

女性弁護士ということで安心し、話に耳を傾けてくれた

以前に担当した恐喝事件では、最初相手が示談に難色を示していて、検察からも連絡先を教えてもらえないという状況がありました。その後、被害者のもとに何度も足を運ぶことで相手の心を開き、示談を成立させることができました。勾留延長も決定されていたのですが、延長後数日で釈放が得られました。

この事件のケースでは、当初頑なな態度だった被害者が、私が女性弁護士ということで少し安心され、話を聞いていただくことができました。そして何度も足を運ぶことでご理解を得ることができ、最終的に示談成立に至ることができました。

示談交渉にベストを尽くし、不起訴の獲得をめざす

起訴前に示談が成立すると、多くの場合で不起訴になり、前科がつくこともありません。また起訴後であれば、たとえば懲役刑が選択されるケースでも罰金刑で済む場合や、懲役刑を避けられないケースでも、執行猶予がつけられることがあります。

当事務所に依頼いただくと、示談交渉にベストを尽くし、可能なかぎり早期の釈放および不起訴の獲得につなげます。逮捕直後から示談交渉に動くことで、ご本人の勾留リスクを軽減できますので、ぜひ早期のご連絡を重視いただきたいと思います。

フェリーチェ法律事務所からのアドバイス

弁護士がどう動くかという「初動」が非常に重要

刑事事件は逮捕後に弁護士がどう動くかという「初動」が非常に重要です。それによって、被疑者本人の早期の釈放や不起訴の可否が大きく左右されることになります。だからこそ、もしご家族や知人が逮捕という状況になれば、迷うことなく弁護士にご連絡ください。当事務所がいち早く接見に出向くなど迅速に対応し、依頼者とそのご家族のために全力を尽くします。

所属弁護士

後藤 千絵(ごとう ちえ)

登録番号 No.37482
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

料金体系

刑事事件の着手金及び報酬金は、原則として、下表の額とする。
起訴前に受任した事件が起訴され、引き続いて起訴後の事件を受任するときで、事案簡明な事件の場合、着手金を2分の1とする。

事件種類 着手金 報酬金
起訴前及び起訴後の事案簡明な事件
(事実関係に争いがない情状事件等)
30万円以上40万円以下とする。 ・不起訴又は刑の執行猶予の場合:30万円以上40万円以下
・求略式命令又は刑の軽減の場合:上記額を超えない額
上記以外の事件 30万円以上 ・無罪の場合:50万円以上
・不起訴、刑の執行猶予又は求略式命令の場合:30万円以上
・刑の軽減の場合:軽減の程度による相当な額
裁判員裁判事件 100万円以上 ・無罪の場合:100万円以上
・不起訴、刑の執行猶予又は求略式命令の場合:50万円以上
・刑の軽減の場合:軽減の程度による相当な額

保釈、勾留の執行停止、
抗告、即時抗告、準抗告、特別抗告、
勾留理由開示等の申立事件
10万円以上20万円以下とする。 20万円以上30万円以下とする。
初回接見サービス 5万円(税別)
自首同行サービス 10~20万円
自首後の弁護活動 着手金 : 20~40万円
報酬金 : 20~40万円
少年事件

少年事件(少年を被疑者とする捜査中の事件を含む。以下、同じ。)の着手金及び報酬金は、原則として、下表の額とする。

事件種類 着手金 報酬金
家庭裁判所送致前及び送致後 20万円以上40万円以下とする。 ・非行事実なしに基づく審判不開始又は不処分:30万円以上
・その他:20万円以上50万円以下とする。
抗告、再抗告及び保護処分の取消
告訴・告発等

告訴・告発の着手金は、原則として、1件につき20万円から30万円の範囲内の額とし報酬金は依頼者との協議によるものとする。

アクセス

兵庫県西宮市田代町10-5 田代町ハイツ103

事務所概要

事務所名 フェリーチェ法律事務所
代表者 後藤 千絵
住所 〒663-8201 兵庫県西宮市田代町10-5 田代町ハイツ103
電話番号 0066-9687-7500
営業時間 平日9:00~20:00 土日10:00〜20:00
定休日 祝日
備考

フェリーチェ法律事務所

フェリーチェ法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7500

受付時間

平日9:00~20:00 土日10:00〜20:00

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒663-8201 兵庫県西宮市田代町10-5 田代町ハイツ103

フェリーチェ法律事務所