冤罪や不当な捜査を許すことなく 依頼者を最後まで支え続けます

城陽法律事務所

  • 相談料
    5000円
  • 土日
    対応
    -
  • 夜間
    対応
    -
  • 対応
    エリア
    兵庫県

0066-9687-7194

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:00〜18:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

城陽法律事務所

  • 代表者
    大岩 和紀
  • 住所
    〒670-0945 兵庫県姫路市北条梅原町271 ヤスナビル6階A号室
  • 最寄駅
    【神戸方面より車】姫路バイパス 市川IC下車、北へ約1km【岡山方面より車】姫路バイパス 姫路南IC下車、側道を東へ5つ目の信号
    (前方:薬局ゴダイ)を北へ約500m【鉄道+バス】JR姫路駅(中央改札口)を出て、姫路駅南①バスのりばへ
    姫路市役所南行きに乗り、姫路市役所前で下車、東へ徒歩15分
    ※姫路駅からは、タクシーのご利用をお薦めします。
    茶色の7階建てビル(壁に赤文字で「ヤスナ」の電光看板)が目印です。
  • 電話番号
    0066-9687-7194
  • 相談料
    5000円
  • 着手金
    事案ごと
  • 成功報酬
    事案ごと

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7194

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:00〜18:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 兵庫県

城陽法律事務所について

刑事事件の豊富な経験をもつ弁護士

一部無罪の他、不起訴処分、執行猶予、大幅な刑の減軽の実績

城陽法律事務所は姫路市を中心に、男性弁護士の大岩和紀が地域に根差した活動を行う法律事務所です。大岩弁護士は前職で、刑事事件を集中して扱う「ひょうごパブリック法律事務所」の所長弁護士を2年間経験。これまで300件以上の刑事事件を取り扱い、「一部無罪判決」を獲得した他、不起訴処分、執行猶予、大幅な刑の減軽の経験が多数あります。

迅速な初動、継続的な接見を大切にする

素早く接見に足を運び、ご本人やご家族の不安を解消

ご家族は、急に身内の方が逮捕、勾留されてしまい、「何が起こったのか」「本人はどうしているのか」「これからどうすれば良いのか」など不安で一杯かと思います。

当事務所では、ご依頼いただいた後、できるだけ速やかに接見を行い、ご本人に面会の上、心配、不安の解消につとめ、状況の把握や捜査に対するアドバイスなどを行います。

相談時間は原則9時~18時ですが、予定が空いていれば、夜間、休日、当日でも対応可能です。予約は24時間受け付けます。

早期の釈放や不起訴に向けて素早く行動

軽微な事案であり、逃亡や罪証隠滅の恐れがないにもかかわらず勾留されているケース等では、勾留に対する不服申立て等を行うなど、早期の釈放を目指します。

弁護士による迅速な初動が被疑者ご自身の身柄の解放を早めたり、不起訴になる可能性を高めることにつながるのです。

被害者が存在する事件で重要な「示談」

示談成立による不起訴処分も多数取得

犯罪の成立に争いのない自白事件で、被害者の存在する場合、処分や量刑を決める上で「示談」が大きな意味をもちます。比較的、軽微な事案では、検察官も、「示談さえ成立すれば、起訴する必要はないのだが」と考えているケースも少なくありません。また、重大事件でも、被害者の処罰感情が和らいでいることは、量刑上、有利に働きます。

示談成立により、重大事件で執行猶予獲得

現住建造物放火罪は、死刑、無期懲役を含む、裁判員裁判対象の重大犯罪です。

裁判員裁判において検察側は、厳罰の実刑を求めていましたが、ご家族と当職で近所を丁寧に謝罪にまわり、ほとんどの方から嘆願書を取得でき、被害者側の処罰感情が和らいでいることを報告書にまとめ、裁判の証拠として提出したところ、判決でも有利な量刑の事情として認めて頂き、無事、執行猶予を獲得することができました。

当事務所では、示談成立による不起訴処分などを多数獲得しています。
示談交渉に多数の実績と経験で培われたノウハウをもつからこそ可能になる示談交渉は多々あり得ます。難しいと思われる被害者対応でも、当事務所に一度ご相談いただければ幸いです。

「認定落ち」「示談による不起訴」の実績多数

依頼者が、やった事以上に責任を負わされないよう力を尽くします。

当事務所では、起訴前からの弁護によって、逮捕時の罪名よりも刑が軽い罪で起訴される「認定落ち」の実績も多数あります。
捜査機関は、本人が、「そこまでは思っていない」「そこまではやっていない」と話しても、逮捕、勾留を行った時の罪名を前提に、「やっているに違いない」として厳しい取調べを行うことがほとんどです。結果、投げやりな気持ちになり、虚偽の自白により、本来負う必要のない責任を負わされる事がある事は、報道等で知られる通りです。

腹が立ったから凄んだだけにもかかわらず、「恐喝」の容疑で逮捕・勾留され、「金目当てに脅した」と厳しい取調が続けられたケースがありました。根負けして虚偽の自白を行わないように、頻繁に接見を行い、虚偽の自白を行わないように適切にアドバイスを行ったり、不当な取調べに対し抗議文を出したり、背景事情も含めて丁寧にヒアリングを行い、検察官に対し、事案の背景事情を説明するなど弁護活動を行いました。結果、検察官も「恐喝」ではなく、これより刑の軽い「脅迫」で認定落ちの起訴をするにとどまりました。
その他、死刑,無期懲役を法定刑に含む建造物放火から、器物損壊に認定落ちの起訴がなされ、執行猶予を獲得した事案、殺人未遂から傷害に認定落ちの起訴を獲得するなど、多数実績があります。

城陽法律事務所は、豊富な刑事弁護の経験から、捜査機関の取調のやり方を熟知しています。不当な取調べにより、依頼者がやった事以上の責任を負わされることの無いよう、力を尽くします。

刑事裁判(起訴後弁護)の経験、実績豊富

99.9%有罪の中、裁判員裁判で「一部無罪判決」を獲得したことも

日本の有罪率が99.9%であることは、広く知られているところですが、城陽法律事務所は、適切に弁護を行うことで、やった事以上の責任を負わされないようにするよう、全力を尽くします。

腹が立って殴って怪我をさせただけにもかかわらず、女性を強姦する目的であったとして、強姦致傷の罪名で起訴された裁判員裁判では、事件や証拠、現場を丹念に分析し、シュミレーションをくり返した結果、被害者や虚偽の自白調書を取得した捜査官に対する反対尋問に成功し、「強姦目的であった」との検察官の論拠をくずし、判決では「傷害」により執行猶予を頂くことができました(検察官の求刑:7年)。検察官が控訴した控訴審でも弁護を行った結果、1審の結論が維持され確定しています。

また、自首の成立が争われたものの、実質的に自首と同視できるとして、大幅な刑の減刑を得たり、心身こう弱が認められ、刑の大幅な減刑を獲得した経験もあります。

城陽法律事務所は、可能なかぎり刑の軽減や執行猶予の獲得を目指し、豊富な経験を活かした確かなノウハウで最後までサポートします。

不当な取調べから依頼人を守る

不当な取り調べの場合には捜査側に厳重に抗議

否認事件であれば、身体拘束された後の取り調べはより過酷になると考えざるを得ません。積極的に接見に出向き、助言や励ましを重ねることはもちろん、不当な取調べには苦情を申し入れ、取調べの内容を証拠化します。

当事務所の弁護士は、捜査段階での面会による励ましや、違法・不当な取調べへの対抗措置によって、誤った自白を阻止した実績を多数有しています。明らかに過剰な取り調べとなっている場合には捜査側に抗議するなどで、不当な取り調べから依頼人を守るために行動していきます。

人生の立て直しのために力を尽くす

より良い人生のリスタートを目指して親身にサポート

刑事事件はご本人の人生そのものに大きく影響する事案であり、否認事件で冤罪を防ぐことはもちろん、自白事件でもご家族のありがたみや周囲の人の気持ちに改めてご本人が気づかれる瞬間を弁護活動を通じて多数、目の当たりにしてきました。

ご本人が本来の力、気持ちを取り戻し、より良い人生のリスタートが図れるよう、お力になれたら幸いです。

城陽法律事務所からのアドバイス

逮捕されたら、まずは弁護士に連絡を!

当事務所では、「冤罪は許さない」「違法・不当な取調べは許さない」「現場や人の話、専門家の意見を大事にする現場主義」といった要素を重視して刑事弁護に当たってきました。罪をおかしてしまっても、共に原因を探し、環境を調整することで、その方が本来持っておられる「頑張る力」を取り戻すことが、刑事事件に取り組む弁護士として大切と考えています。

逮捕された場合は、当事務所までご相談ください。逮捕前のご相談であれば、対処の方法や取り得る選択肢はさらに広がる可能性があります。
少しでも多くの方のお力になれたら幸いです。

所属弁護士

大岩 和紀(おおいわ かずき)

登録番号 No.31588
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

料金体系

相談料

5000円

※依頼される場合不要

着手金

自白事件 依頼の内容が、不起訴 30万円
実刑の回避(罰金・執行猶予) 30万円
刑の減軽 20万円
否認事件 依頼の内容が、不起訴 50万円

報酬金

自白事件 依頼の内容が、不起訴 結果が不起訴 30万円
罰金 20万円
実刑の回避 結果が実刑の回避 20万円
刑の減軽 結果が検事求刑の8割以下 20万円
否認事件 依頼の内容が不起訴 結果が無罪・不起訴 50万円
罰金 30万円

※すべて税別です。
※いずれも標準額です。
※裁判員裁判、否認事件の公判の場合、日当が発生します。
 公判前整理手続又は打ち合わせ期日の日当として、1期日につき5万円
 公判期日の日当として、1期日につき10万円(2時間以内の場合5万円)
といたします。 

アクセス

兵庫県姫路市北条梅原町271 ヤスナビル6階A号室

事務所概要

事務所名 城陽法律事務所
代表者 大岩 和紀
住所 〒670-0945 兵庫県姫路市北条梅原町271 ヤスナビル6階A号室
電話番号 0066-9687-7194
営業時間 平日 9:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考

城陽法律事務所

城陽法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7194

受付時間

平日 9:00〜18:00

住所

〒670-0945 兵庫県姫路市北条梅原町271 ヤスナビル6階A号室

城陽法律事務所