「本当の意味で最適な答え」を常に考え、 依頼者の明日を守ります

力新堂法律事務所

  • 相談料
    5,000円/30分(税別)
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    大阪府・兵庫県

0066-9687-7383

ただ今のお時間[15時51分]お電話がつながります!

毎日9:00~21:00(土・日・祝も対応)

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

力新堂法律事務所

  • 力新堂法律事務所サムネイル0
  • 力新堂法律事務所サムネイル1
  • 力新堂法律事務所サムネイル2
  • 代表者
    茅根 豪(チノネゴウ)
  • 住所
    〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目15−7 パールビル302
  • 最寄駅
    JR摂津本山駅より徒歩30秒
    阪急岡本駅より徒歩6分
    阪神青木駅より徒歩16分
  • 電話番号
    0066-9687-7383
  • 相談料
    5,000円/30分(税別)
  • 着手金
    20万円~
  • 成功報酬
    20万円~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7383

ただ今のお時間[15時51分]お電話がつながります!

毎日9:00~21:00(土・日・祝も対応)

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 大阪府・兵庫県

力新堂法律事務所について

神戸市・芦屋市・尼崎市などを中心に活動

依頼者の「新しい力になれるように」

力新堂法律事務所05

はじめまして、弁護士の茅根(チノネ)と申します。弊事務所は、神戸市の東灘区にあり、所属弁護士は2名です。屋号の「力新堂(リキシンドウ)って何ですか?」と多くの方から聞かれますが、私の実家(茨城県)で代々営んでいた整骨院の名前からとったものです。

50年ほど前に祖父がつけたのが始まりで、新しい整骨院を開業するにあたって、「これからこの場所に、新しい力が備わりますように」という願いでつけられました。法律事務所を同じ名前にしたのも、依頼者の方々の「新しい力になれるように」との想いを忘れることなく、日々の仕事に取り組んで行きたいと考えたからです。

素早く接見に出向き、出来る限り足を運ぶ

信頼関係がなければうまくいかない

私や同僚の弁護士は、私選・国選問わず、これまでさまざまな刑事弁護に携わってきました。私たちは、刑事事件のご連絡をいただいた時には、接見にいち早く出向くことがもっとも大切だと考えています。弁護士の中でも、頻繁に接見に足を運ぶほうだと思います。(「接見(せっけん)」とは、逮捕された方などに会いに行って話しを聞きくことなどを言います。)

以前、着信履歴に知らない電話番号があり、出てみると「以前に逮捕された知り合いから、『先生が何度も接見に来てくれてありがたかった』と聞いたので、私もお願いしたい」という私選弁護依頼の連絡でした。他にも、自分の息子や夫が逮捕されてしまったので、すぐに接見に行ってあげて欲しいという、切羽詰まったご家族からの連絡をいただくことも珍しくありません。

刑事弁護は、被疑者との信頼関係が特に重要で、これ無しにはうまくいかないものです。できる限り接見に足を運び、どれだけ深く意思の疎通がはかれるかに、事案の行方も、ご本人の納得もかかっています。どんな結果であっても、ご本人やご家族に「これだけやってもらったのだから仕方ない」と納得してもらえるかどうか ――― 刑事弁護にのぞむ弁護士として、特に重点を置いているところです。

ご本人の要望に反して保釈を取らなかった例も

「どうして保釈の手続きをしてくれない!」と激高

初回の接見時には、ご本人に対して、「いったい何があったのか」、「取り調べの状況はどうか」、「連絡事項や必要なものはないか」という3点を、先ずお聞きします。それに加えて私たちが重きを置いているのが、「ご本人がどうしたいか」、「そのためにプロ(弁護士)としてどうするのが長期的に最適か」という点です。

たとえば以前、こんなことがありました(事案は改変してあります)。奥さんへの暴力でケガを負わせてしまい、傷害容疑で捕まった方がいました。接見でご本人にどうしたいかをお聞きすると、「家に帰って女房に謝りたい」、そして「元の生活に戻りたい」ということでした。

ご本人の要望通りにするなら、とりあえず早期釈放に尽力し、とにかく家に帰してあげることでしょう。でも私はこのケースで、起訴後の保釈も取りませんでした。理由は、もし釈放されることになれば、きっと奥さんをまた殴ってしまう、罪を重ねて、ご本人にとってもさらに深刻な状態になると予想されたからです。

ご本人は、接見室で「どうして保釈の手続きをしてくれないんだ!」と激高しました。でも私たちは、このまま勾留された状態で冷却期間を置き、最終的に奥さんから減刑の嘆願書をもらえるよう動いたほうが良いと考えました。もちろん、ご本人に対して何度も説明しました。

裁判が終わり、ご本人から「先生、ありがとう!」

そして裁判では、奥様の気持ちも静まって嘆願書をもらうことができ、最終的に執行猶予のついた判決を得ることができました。ご本人からは、「先生、ありがとう、ありがとう!」という言葉をいただき、ご家族も含めて納得のいく解決をはかることができたように思います。

先を見据えた対応が欠かせない

本当の意味で最適な助言ができる弁護を目指す

弁護士には、あくまでも依頼者の要望にしたがって、ドライに動くタイプの先生もおられます。確かに依頼者の要望を最大限に尊重すること当然ですが、先を見据える中で、決して本人のためにならないと考えられる場合は、短期的なご要望に反するような助言をする弁護士もいるのです。

私たちは、刑事弁護においても、目先の動向に左右されて、その場だけの満足を優先するより、多少口論になっても、結局はご本人にとってプラスが大きい手段を選ぶ方が、良い場合も多いと考えています。高ぶった感情を沈めたいと思うのは自然なことですが、少しだけ長い目でみて、より満足の得られる方法をプロとして提案させていただきたいと思っております。

そのために接見を重ねて、ご本人の人柄や考え方、置かれた状況や心境について細かく把握し、信頼関係を深めて行き、その後の人生にとって、本当の意味で最適な対応を助言できる弁護士を、私たちは目指しています。

力新堂法律事務所07

早期の釈放にはご家族等の協力も大切

被害者のある事件では「示談交渉」も重要な要素

当然ですが、逮捕されたあと、勾留の必要がないと考えられる場合には、いち早く身柄の釈放を実現できるよう迅速に行動します。そこでは、ご家族などに身元引受先をお願いしたり、逃亡や証拠隠滅の恐れがないことを示す証拠を捜査側に提出したり、そして、被害者が発生している事件では「示談交渉」が重要な鍵となります。

私たちは弁護士になる前、それぞれ不動産の営業マンや、国際関係機関の職員として働くなど弁護士以外にも就業経験があり、コミュニケーションスキルや交渉の粘り強さには自信があります。窃盗などの財産犯はもちろん、痴漢(ちかん)・盗撮などの性犯罪やわいせつ犯についても、手紙・電話・直接訪問などから最良と考えられる方法で、男女各弁護士の特性を考慮して示談の獲得に最善を尽くします。

「反省」には具体的な行動が伴うことが大事

勾留中に本を差し入れ、読書を促すことも

また勾留されている最中に、被疑者や被告人に本を差し入れることもよくあります。犯した罪に関するような本を渡して、次の接見までに読んでおいてもらう。そして本人がどう感じたかという反省の思いについて聞いていきます。そうした積み重ねがあってこそ、公判で行う情状酌量の主張にも具体性や説得力が出てくるのです。

単に「反省しました」という言葉を述べるだけでは、裁判官は聞き飽きています。具体的な行動が伴ってこそ、ご本人のためにも意味のある反省として中身のあるものになっていく。そうした導き方を弁護士として行っていくことも大切だと考えています。

弁護士を選ぶときに大切なこと

刑事事件では、自身と相性の合う弁護士を選ぶべき

力新堂法律事務所06-300x196

刑事弁護を任せる弁護士には、何よりもご本人らと相性の合う人を選ぶことが大切でしょう。話していてかみ合う、話したことを分かってもらえる弁護士であることが不可欠。刑事事件では、一生を左右する重大な局面に置かれてしまうことになりますから、コミュケーションがしっかり取れると感じる弁護士に任せなければ、誰もが不幸なままです。

まずは、私選弁護人として気楽なお気持ちで「接見」をご依頼いただき、私たちにご本人の所へ行かせてみてください。「接見」にとどまらず、事件を本格的に依頼するかどうかは、その後に決めていただいて構いません。刑事弁護の初動に早過ぎるということはありませんから、逮捕(勾留)という万一の場合には、迷わずご連絡をいただければ幸いです。

所属弁護士

茅根 豪 (ちのね ごう)

茅根 豪

登録番号 No.49884
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

須川 恵子(すがわ けいこ)

登録番号 No.48546
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

料金体系

接  見 3万円~
(捜査段階等のご依頼後は接見料金分を控除いたします)
捜査段階 着手金 20万円~
報酬金 20万円~
公判段階 着手金 20万円~
報酬金 20万円~
備  考 緊急、夜間、遠隔地、否認事件、裁判員裁判事件、その他応相談

アクセス

兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目15−7

事務所概要

事務所名 力新堂法律事務所
代表者 茅根 豪(チノネゴウ)
住所 〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目15−7 パールビル302
電話番号 0066-9687-7383
営業時間 毎日9:00~21:00(土・日・祝も対応)
定休日 なし
備考 JR摂津本山駅徒歩30秒、阪急岡本駅徒歩6分

力新堂法律事務所

力新堂法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7383

受付時間

毎日9:00~21:00(土・日・祝も対応)

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町1丁目15−7 パールビル302

力新堂法律事務所