迅速な初動&手間と時間をかけた対応で 刑事弁護に尽力します

敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)

  • 相談料
  • 土日
    対応
    -
  • 夜間
    対応
    -
  • 対応
    エリア
    石川県

準備中

ただ今のお時間[09時47分]お電話がつながります!

平日 9:00〜17:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)

  • 敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)サムネイル0
  • 敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)サムネイル1
  • 敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)サムネイル2
  • 代表者
  • 住所
    〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-5-25
  • 最寄駅
    事務所1階に2台分の駐車場がありますので、お車でお越しの際はご利用ください。
  • 電話番号
    準備中
  • 相談料
  • 着手金
  • 成功報酬

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

準備中

ただ今のお時間[09時47分]お電話がつながります!

平日 9:00〜17:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 石川県

敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)について

刑事弁護に注力する経験豊富な弁護士

平成28年には2週間に1件のペースで刑事事件を受任

金沢市の「敦賀法律事務所」の弁護士・中澤聡です。弁護士登録以来、刑事事件は最も強い関心を持ってきた分野です。平成28年は2週間に1件程度のペースで受任するなど、これまで数多くの刑事弁護を手掛けてきました。

逮捕後の迅速な対応が勾留阻止へのカギ

刑事事件における弁護活動で重要なのは、逮捕後いかに迅速に対応できるかどうかです。逮捕のあと、すぐに接見に出向き、スピーディーな活動によって勾留を阻止できるケースもあり得るからです。

金沢をはじめ石川県の場合は、逮捕の翌日、つまり24時間程度で勾留が決まってしまうことが普通です。逮捕から勾留決定までの時間が短いことは、勾留の期間全体(延長も含め最大20日間)の短縮につながりますから、被疑者にとって悪いことばかりではありません。

ただ、勾留させないために弁護士が活動できる時間はおのずと短くなってしまうため、それだけ初動の重要性が高まるわけです。だからこそ、逮捕という事態になればすぐに弁護士に連絡をいただきたいのです。

勾留の必要がないことを検察官に主張

逮捕後の「環境調整」をいかに行えるかが大切

即座に連絡をいただくと、被害者のある事件の場合には、可能な限り早期に示談交渉に取り組みます。ただ時間的にも勾留決定前に示談を取りまとめるのは難しい場合が多いですから、家族による監督や、就労先の上司の協力など、身元引受の確かさを示して勾留の必要がないことを検察官に主張することが不可欠です。

1日程度で身柄が自由になれば、仕事への支障もきたすことがなく、生活上のデメリットも最小限に抑えられます。それだけに逮捕直後の「環境調整」など、弁護士が初動で何ができるかは重要で、そのためにも少しでも早い連絡を強くおすすめいたします。

不起訴をめざす上で重要なのが示談交渉

示談交渉に特別なノウハウや手法はあり得ない

勾留されると、最大20日間にわたって身柄を拘束されることになり、その後起訴か不起訴かが検察官に判断されることになります。弁護士としては不起訴をめざした活動を進めるわけですが、そこで欠かせないのが被害者との示談交渉です。

示談交渉は言うまでもなく、被害者に対して弁護士が被疑者(依頼者)の代理人となって交渉を行うものです。当職もこれまで数多くの示談を成立させてきましたが、正直言って、何も特別なノウハウや手法があるわけではありません。被害者の方に対して、謝罪の意思を示しながら、粛々と話し合いを進めていくしかないのです。その結果示談がまとまれば、不起訴に至る確率は大きく高まることになるといえます。

否認事件で留意すべきことは…

弁護士の精神的なサポートが不可欠

否認事件の場合には、捜査段階の弁護活動はいっそう重要になります。私は取り調べの際には、被疑者は黙秘および、調書への署名・捺印は拒否することがベストだと考えています。弁護士に依頼する前に調書を取られてしまうことは避けなければならず、やはり早期の相談が欠かせません。

捜査官による取り調べが進む間、否認する被疑者は孤独な状況に置かれてしまいますので、弁護士の精神的なサポートが不可欠です。当職は接見に積極的に足を運ぶなど、精力的に捜査弁護に取り組みます。

検察官の考えを知ることも大事

手間を惜しまず時間をかけることで成果が出る

事件に関わらず、初回接見時にある程度の今後の見通しが示せるかどうかは、被疑者ご本人の安心感につなげるためにも重要です。検察官がどういう処分を考えているのかを推し量るための情報収集も含め、確かな見込みを提示できるよう注力します。

同時に不起訴をめざす上でも、検察側の意向を知ることは大切です。検察官とうまくコミュケーションを取りながら、考えについて察知できるよう粘り強く対峙することが必要。その意味でも、手間を惜しまず時間をかけて地道な活動をすれば、成果が出るのが刑事弁護といえます。これまで刑事弁護に最も注力してきた当職に、どうぞお任せください。

早期の保釈は起訴前からの準備が重要

公判段階では「ケースセオリー」を意識した弁護を

起訴後は早期の保釈をめざしますが、起訴されるまでにいち早く準備を進めておくことが、それを可能にします。保釈金の用意や、身元引受を担う監督者の用意などを行っておき、起訴されたその日に保釈請求を行うことが肝要。保釈に必要な要件を、早い段階から時間を割いて準備しておくことが不可欠です。

公判段階では、ケースセオリーを意識することが重要だと考えています。たとえば初回接見のときから、結審前の弁論のときに何を言うべきかを考えていくことも必要。最終的にどういう主張を裁判官にしていくかを考えながら刑事弁護にあたっていくことが大切でしょう。

決して場当たり的な弁護活動ではなく、一貫性のある弁護活動をすることが、ケースセオリーを意識した刑事弁護につながります。また、裁判所の判断の枠組みに沿った弁護を行うことも、有利な裁量を得る上で重要といえますから、それも念頭に置いている一つです。

初回相談や初回接見は原則として無料

個別の活動ごとの追加の着手金や報酬金は不要

当職は、初回相談や初回接見は原則として無料で承っています。費用についてはご事情をできるかぎり考慮し、示談交渉や保釈請求、勾留決定に対する準抗告の申立てといった個別の活動ごとに追加の着手金や報酬金をいただくことはありません。

規定の費用の範囲内で必要な弁護活動は全て行い、費用については必ず協議し、契約書を作成して総額を明確化していますので、安心してお任せいただけると思います。

中澤聡弁護士からのアドバイス

時間をかけて精力的に動いてくれるかどうかがポイント

当職は少年事件を積極的に取り組んでいるほか、医療観察事件などにも対応できます。また被害者側の弁護についても、加害者側の出方を予測した上で臨機応変に対応することができますので、どうぞご相談ください。

私自身、刑事弁護はあらゆる分野の中でも特に積極的に手がけたい分野で、難しい事件ほど闘志が湧いてくるという側面があります。刑事弁護は、どれだけ時間をかけて精力的に動いてくれる弁護士かどうかで結果も違ってくるものです。あとで後悔しても遅いですから、もし逮捕という事態になれば、迷わず当職にご連絡いただければ幸いです。

所属弁護士

中澤 聡(なかざわ さとし)

登録番号 No.48326
所属弁護士会 金沢弁護士会

アクセス

石川県金沢市尾張町1-5-25

事務所概要

事務所名 敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)
代表者
住所 〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-5-25
電話番号 準備中
営業時間 平日 9:00〜17:00
定休日 土日祝日
備考

敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)

敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)

スマホ・携帯からも通話無料
準備中

受付時間

平日 9:00〜17:00

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒920-0902 石川県金沢市尾張町1-5-25

敦賀法律事務所(中澤聡弁護士)