スピード&フットワーク重視の 的確な行動で緊急事態にも即応!

谷四いちむら法律事務所

  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    事前予約の方のみ
  • 対応
    エリア
    大阪

050-5267-5425

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 10:00〜20:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

谷四いちむら法律事務所

  • 谷四いちむら法律事務所サムネイル0
  • 谷四いちむら法律事務所サムネイル1
  • 谷四いちむら法律事務所サムネイル2
  • 代表者
    市村 和也
  • 住所
    〒540-0026 大阪府大阪市中央区内本町1-2-15谷四スクエアビル6階
  • 最寄駅
    大阪市営地下鉄(谷町線・中央線)谷町四丁目3番出口から徒歩10秒
  • 電話番号
    050-5267-5425
  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    20万円~
  • 成功報酬
    20万円~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

050-5267-5425

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 10:00〜20:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 大阪

谷四いちむら法律事務所について

谷町四丁目駅3番出口から徒歩10秒の場所

代表弁護士は大阪弁護士会の刑事弁護委員会に所属

谷四いちむら300x200

「谷四いちむら法律事務所」は、大阪市営地下鉄(谷町線・中央線)「谷町四丁目」駅・3番出口から徒歩10秒とアクセスの良い事務所です。現在は、弁護士2名が在籍しており、代表弁護士の市村和也は大阪弁護士会の刑事弁護委員会にも所属し、これまで刑事事件を積極的に手掛けてきました。また、当事務所の藤田大輔弁護士も、複数の事件で不起訴を勝ち取った実績があります。

当事務所は、ご依頼者様と連絡を緊密に取り合い、円滑なコミュニケーションを常に心がけています。

当事務所では可能な限り弁護士直通電話でご対応しております。電話に出られない時もありますが、その場合には留守番電話にお名前と連絡先を入れておいて頂けますと、折り返しご連絡いたします。

電話やメールでの相談もOK! 土日祝も面談可能

刑事弁護においては、初動のスピードとフットワークの軽さが不可欠ですが、当事務所では弁護士2人が事態に機敏に即応する態勢を整えています。ご依頼者様やそのご家族の信頼に応える活動で、事態を早期に収拾することができるよう活動しますのでお任せください。

法律相談の初回30分は無料。電話やメールでの簡易な相談にもお応えしております。また、事前にご予約を頂けますと、平日夜間や土日祝でも面談可能ですので遠慮なくご相談ください。

逮捕後は迅速に弁護人をつけることが必要

接見禁止の処分が下されると、面会できるのは弁護士だけ

ご家族が警察に逮捕された場合、「なぜ逮捕されたのか」「今後どうなるのか」等、いち早く事情を知りたいと思われることでしょう。しかし、捜査状況次第では、たとえ家族であっても自由に面会することができないケースが多々あります。

裁判所によって接見禁止の処分が下されると、面会できるのは弁護士だけということになります。このような場合には、我々弁護士が身体拘束された方と家族とのパイプ役となり、状況を伝えることも可能となります。そのため、事情を把握するためにも、即座に弁護士に相談することが大切です。

身体拘束された方との接見では、事件の概要を詳しく聞くことはもちろん、今後の見通しや取り調べに関する心構えなどを丁寧に説明し、ご家族からのメッセージも伝えます。それによって身体拘束された方に少しでも安心感を得ていただくことができるかと思います。

勾留は逮捕後72時間のうちに決定

迅速な活動で示談を取りつけ、身体拘束からの早期解放を実現!

逮捕されてしまった場合、逮捕後72時間のうちに「勾留」決定が為されます。勾留決定前に身体拘束を解くためには、被害者の方がいる事件であれば、どれだけ示談を早くとりつけることができるかが非常に重要です。軽微な事件であれば、勾留決定前に示談が成立していることが、多くの場合で身体拘束の解放につながります。

刑事手続において、勾留期間は延長を含めて最大20日間です。それだけ長い間勾留されていると、勤務先にも身体拘束されている事実が知られる等深刻な事態が生じるおそれもあります。そのため、弁護士による被害弁償や示談の取りつけ等迅速な活動によって、身体拘束からの早期解放が求められるのです。

示談交渉をうまくまとめるためのポイント

謝罪の気持ちを真摯に伝え、被害者の心情に寄り添う

弁護士がご依頼者様に代わって、示談交渉を行う際には、まずは被害者の方の立場に立つこと、そして被害者の方の尊厳を傷つけないよう誠意を尽くして対応することを心掛けています。その際に、示談を取り付けることを焦ってしまうと返って逆効果になることもあります。ご依頼者様の謝罪の気持ちを真摯に伝えながら、被害者の方の利益につながるような提案を行いつつ、誠実に対応していくことが大切であると考えています。

被害者のない事案の場合には、家族による監督や身元保証などの協力態勢をしっかりと敷くことも重要です。確かな監督者がいるから勾留する必要がないことを主張することで、在宅事件として身体拘束を免れる等、環境調整が有効な場合も多くあります。弁護士としても、ご家族と相談しながら協力態勢を築いてもらえるよう親身に対応していきます。

起訴後は保釈による釈放を目指す

執行猶予の獲得や刑の減免を目指して活動

起訴されてしまった場合には、弁護士は裁判所に対して保釈請求を行うことを検討します。起訴前に釈放されなかったとしても、保釈によって身体拘束から解放されることも数多くあります。ご依頼者様が逃亡する可能性や証拠隠滅をする可能性のないこと、保釈が必要である理由を個々の事情に沿って主張します。裁判所による保釈決定がなされると、一定の金銭(保釈保証金)を納めることで身体拘束から解放されることになります。

そして公判では、犯罪を行ったことを認めている場合であっても、執行猶予の獲得や刑期が少しでも短くなることを目指して活動します。示談を成立させることや、反省文や謝罪文などを書いて情状面の考慮を求めるなど、事件に応じてさまざまな策を講じていくことが必要となります。

我々は、ご依頼者様やその家族に寄り添い、刑事弁護に携わる法律家としてできることについてベストを尽くしていきます。そして今回の刑を軽減することももちろん大事ですが、二度とこのような事件を起こすことがないよう、しっかりと話し合うことを心がけています。

少年事件は成人の刑事裁判とは手続きが異なる

再犯を防ぎ、更生を促すことに比重を置いた活動を心がける

未成年者が罪を犯したとされる場合には「少年事件」となり、成人に対する刑事裁判とは異なる手続きで進んでいくことになります。事件を把握した検察官は必ず家庭裁判所に事件を送致し、原則として家庭裁判所に送致後4週間以内に少年審判が行われ、少年に対する処分が決まります。

そのため、成人の刑事事件以上に早く状況を把握し、行動することが最善の結果を得るために必要です。また、少年事件は事件に対する処罰よりも、再犯を防ぎ、更生を促すことに比重を置いて処分が決定されます。

弁護士としても、被害者の方とのやり取りだけでなく、お子様の環境調整に力を注ぐことが必要となります。たとえば、お子様の通う学校へ赴き、担任の先生等と話をして、退学処分を避けてもらえるよう訴えかけ、意見書を提出することもあります。お子様のその後の人生を考えるあまり、厳しいことを言うこともありますが、誠意を込めた対応を心掛けています。

谷四いちむら法律事務所からのアドバイス

相談から接見まで迅速に対応

ご家族が突然に逮捕されてしまったような状況では、気が動転してしまい、冷静な判断力を欠いてしまいがちです。そうした時には、まずは弁護士に連絡をすることで、的確な対処が可能となるようアドバイスを受けることができます。

当事務所では、通常営業時間外でもメールでの問い合わせを受け付けており、迅速に相談をお受けし、最短で接見に伺います。家族が逮捕されるといった不測の事態に見舞われた際には、即座にご連絡ください。スピード感を重視した適切な行動によって、ご依頼者様のご要望に最大限に応えていきます。

所属弁護士

市村 和也(いちむら かずや)

市村 和也

登録番号 No.48373
所属弁護士会 大阪弁護士会

藤田 大輔(ふじた だいすけ)

弁護士藤田

登録番号 No.45722
所属弁護士会 大阪弁護士会

谷澤 悠介(たにざわ ゆうすけ)

登録番号 No.53354
所属弁護士会 大阪弁護士会

料金体系

被疑者段階の場合 着手金 成功報酬金
事案簡明な事件(自白事件等) 20万円~40万円 不起訴 20万円~50万円
求略式命令 20万円~40万円
否認事件、重大事件 30万円~ 不起訴 30万円~
求略式命令 30万円~
被告人段階の場合 着手金 成功報酬金
事案簡明な事件
(自白事件等)
20万円~40万円 執行猶予 20万円~50万円
求刑より刑が軽減 20万円~40万円
否認事件、重大事件 30万円~ 無罪 50万円~
執行猶予 30万円~
求刑より刑が軽減 軽減の程度による相当額

※別途消費税が加算されます。

アクセス

大阪府大阪市中央区内本町1-2-15谷四スクエアビル6階

事務所概要

事務所名 谷四いちむら法律事務所
代表者 市村 和也
住所 〒540-0026 大阪府大阪市中央区内本町1-2-15谷四スクエアビル6階
電話番号 050-5267-5425
受付時間 平日 10:00〜20:00
定休日 土日祝日
備考

谷四いちむら法律事務所

谷四いちむら法律事務所

スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5425

受付時間

平日 10:00〜20:00

住所

〒540-0026 大阪府大阪市中央区内本町1-2-15谷四スクエアビル6階

谷四いちむら法律事務所