「どんな場合でもあなたの味方」 早期釈放&不起訴に向けて尽力!

弁護士法人アクロピース 赤羽オフィス

  • 相談料
    無料
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    事前予約の方のみ
  • 対応
    エリア
    関東

050-5267-6858

ただ今のお時間[13時10分]お電話がつながります!

平日10:00〜19:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

弁護士法人アクロピース 赤羽オフィス

  • 弁護士法人アクロピース 赤羽オフィスサムネイル0
  • 弁護士法人アクロピース 赤羽オフィスサムネイル1
  • 弁護士法人アクロピース 赤羽オフィスサムネイル2
  • 代表者
    佐々木 一夫
  • 住所
    〒115-0055 東京都北区赤羽西1-35-8 レッドウイングビル4階(受付7階)
  • 最寄駅
    JR赤羽駅から徒歩3分
  • 電話番号
    050-5267-6858
  • 相談料
    無料
  • 着手金
    33万円(税込)~
  • 成功報酬
    22万円(税込)~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

050-5267-6858

ただ今のお時間[13時10分]お電話がつながります!

平日10:00〜19:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・盗撮・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    万引・空き巣
  • 暴行罪
    暴行脅迫・強盗致傷
  • 恐喝罪
    脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 関東

弁護士法人アクロピース 赤羽オフィスについて

逮捕後の対応の迅速さが早期解決のカギ

「誰がなんと言おうと、どんな場合でも、あなたの味方です」

弁護士法人アクロピース・赤羽オフィスはJR赤羽駅から徒歩3分の場所にある弁護士事務所です。当弁護士法人はこれまで刑事弁護に豊富な経験を有しており、窃盗や暴行、盗撮や痴漢、薬物事件など、あらゆる事件についての実績があります。

「誰がなんと言おうと、どんな場合でも、あなたの味方です」。この言葉をモットーに、当事務所の弁護士が、刑事弁護の確かなノウハウを活かして、あなたの自由を守ります。刑事事件は限られた時間内にどれだけ有利な事情を積み上げられるかが、早期釈放や不起訴獲得のためのポイントとなります。

対応の「迅速さ」が早期解決のカギとなりますから、連絡を受けるとただちに行動を開始。大宮オフィスとも連携しながら、スピーディーな初動で、検察官との交渉、身柄引受人の確保など、あらゆる手段を尽くして早期解決を図ります。

接見では今後の見通しを丁寧に説明

依頼者の不安な気持ちをやわらげることに留意

逮捕のあとは、当事務所の弁護士が即座に接見に出向き、身元引受人と連絡を取り、身元の引き受け環境を整えていきます。接見では今後の見通しなどを丁寧に説明するとともに、取り調べに際してのアドバイスを提供。黙秘権について説明したり、警察官・検察官の誘導に注意するといった助言も欠かせません。

また家族との接見が禁止されている場合には、接見禁止の一部解除を申し立てることも重要です。接見禁止の間は、家族との連絡を仲介して必要な情報を伝えてあげることも弁護士の大事な役目。接見にはできる限り数多く足を運び、依頼者の不安な気持ちをやわらげます。

逮捕後はできる限りの早期釈放が目標

身柄拘束の必要性がないことを示して勾留を防ぐ

被疑者が逮捕されると、当初の身柄拘束期間は最長72時間です。その後、検察官と裁判所によって勾留されるか否かが決まります。この72時間の間に釈放され、自由の身になることができれば、周囲に逮捕の事実が知られる可能性は低く、生活に大きな影響を与えずに済みます。

それが、勾留が決まってしまうと、10日間(延長を含めると20日間)にわたって身柄が拘束されることになり、長期にわたり自由な行動を制限されてしまうことになるのです。

そのため当事務所は、まずは勾留請求させないため、また勾留請求が却下されるための活動に全力を尽くします。身元引受人の確保や、意見書の作成、関係者の嘆願書の収集、早期の示談成立などによって、身柄拘束の必要性がないことを示して勾留を防ぐわけです。

勾留が決定してしまったら「準抗告」を申立て

それでも勾留が決定してしまったら、「準抗告」を行い、いったん認められた身柄拘束の取り消しをめざします。このように、逮捕後は弁護士の初動の内容が非常に重要になりますので、確かな実績をもつ当事務所に速やかにご連絡ください。

不起訴の獲得に欠かせないのが「示談交渉」

被害者と誠実に向き合い、丁寧な対応で最善を尽くす

早期の釈放、および不起訴をめざす上で欠かせないのは、「示談」の成立です。一般的に窃盗・傷害・迷惑防止条例違反(痴漢・盗撮など)など被害者のある事件の場合、被害弁償と示談が成立すれば不起訴処分を得られる可能性が高いといえます。

その際、勾留されている被疑者自身はもちろん、家族や知人が示談交渉を行うことは難しく、弁護人が交渉を行います。これまで当事務所の弁護士は示談交渉に豊富な経験を有し、多くの示談成立を得た実績がありますので安心してご依頼ください。

交渉の過程では、被害者の方の心情を汲み取りながら、粘り強く話をしていくことが大切になります。そして当事務所では、話を電話で済ませるのではなく、被害者の気持ちに配慮しながら、実際に会いにいくことを重視。被害者と誠実に向き合い、丁寧な対応を重ねて最善を尽くします。

不起訴処分になれば前科はつかない

起訴されないための弁護活動に全力を注ぐ

捜査の過程で、結果的に警察・検察側の証拠がそろわなければ、嫌疑不十分で不起訴ということになり得ます。当事務所の弁護士は、接見を重ねて被疑者との信頼関係を築きながら、起訴されないための弁護活動に力を尽くします。

起訴に至らず、不起訴処分が得られた場合は、当然ながら前科はつきません。前科がつく、つかないは、言うまでもなくご本人の一生に関わる重大な問題となります。不起訴を獲得するには、刑事事件に高い実績をもつ信頼できる弁護士事務所に依頼されることをおすすめします。

起訴された後に弁護士がすべきコトは?

良い情状を集めて執行猶予の獲得をめざす

被疑者が起訴されてしまった場合には、弁護士は良い情状を集めて執行猶予の獲得をめざします。当事務所は逮捕後の捜査弁護はもちろん、1審や控訴審や上告審においての法廷での弁護活動にも自信をもっています。

近年は実刑を受ける場合でも、「一部執行猶予」の措置が取られるケースも増えています。そうした点も念頭におきながら、実刑の回避には被害弁償はもちろん、被告人に誓約書や謝罪の手紙を書いてもらったり、勤務先と交渉して仕事を続けられる環境を整えることも大切です。

起訴後はすぐに保釈の手続きを取ることが重要

同時に、少しでも早い「保釈」に努めることが欠かせないのは言うまでもありません。身元引受人を明確にし、逃亡や証拠隠滅の可能性がないことを示した上で、保釈金を用意して迅速に手続きを進めます。起訴前からすでに準備を進めておき、起訴されたらすぐに保釈の手続きを取ることが重要と言えるでしょう。

弁護士法人アクロピース赤羽オフィスからのメッセージ

確かなノウハウを活かし、被疑者の味方となって全力サポート

もしも逮捕という事態になれば、とにかくいち早く弁護士にご連絡ください。弁護士選びのポイントは、刑事弁護の豊富な経験と情熱があるかどうかです。当事務所はこれまでに培ったノウハウを活かし、依頼者・被疑者の味方となって全力でサポートいたします。

刑事事件は弁護士の有無と活動内容によって、結果が大きく変わる可能性があります。当事務所では初動のスピードを重視して、早期の身柄解放や不起訴の獲得をめざしますので、刑事事件に関する問題に直面された方は、当事務所にぜひご相談ください。

所属弁護士

佐々木 一夫(ささき かずお)

佐々木 一夫

登録番号 No.48554
所属弁護士会 東京弁護士会
所属オフィス 赤羽オフィス

吉田 伸広(よしだ のぶひろ)

yosidabenngoshi 100x

登録番号 No.50635
所属弁護士会 千葉県弁護士会
所属オフィス 柏オフィス

佐藤 明日香(さとう あすか)

登録番号 No.53548
所属弁護士会 東京弁護士会
所属オフィス 赤羽オフィス

伊藤 俊太郎(いとう しゅんたろう)

弁護士法人アクロピース大宮支店 伊藤俊太郎弁護士 100

登録番号 No.53459
所属弁護士会 埼玉弁護士会
所属オフィス 大宮オフィス

石田 雅海(いしだ まさうみ)

登録番号 No.60301
所属弁護士会 東京弁護士会
所属オフィス 赤羽オフィス

桑原 拓也(くわばら たくや)

登録番号 No.62791
所属弁護士会 埼玉弁護士会
所属オフィス 大宮オフィス

須田 克也(すだ かつや)

登録番号 No.56984
所属弁護士会 東京第二弁護士会
所属オフィス 赤羽オフィス

料金体系

捜査段階 着手金 自白事件 22万円~
否認事件 44万円
成功報酬 44万円~
公判段階 着手金 自白事件 22万円~
否認事件 44万円
成功報酬 22万円~66万円
保釈成功報酬 11万円
接見費用 初回のみ3.3~5.5万円 2回目以降2.2万円
控訴審 着手金 22万円~
成功報酬 22万円から66万円
上告審 着手金 22万円~
成功報酬 22万円から66万円

※料金はすべて税込

アクセス

東京都北区赤羽西1-35-8 レッドウイングビル4階

事務所概要

事務所名 弁護士法人アクロピース 赤羽オフィス
代表者 佐々木 一夫
住所 〒115-0055 東京都北区赤羽西1-35-8 レッドウイングビル4階(受付7階)
電話番号 050-5267-6858
受付時間 平日10:00〜19:00
定休日 土日祝日
備考 事前に予約いただければ土日も相談対応可能です。

弁護士法人アクロピース 赤羽オフィス

弁護士法人アクロピース 赤羽オフィス

スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-6858

受付時間

平日10:00〜19:00

只今受付時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒115-0055 東京都北区赤羽西1-35-8 レッドウイングビル4階(受付7階)

弁護士法人アクロピース 赤羽オフィス