東京・神戸刑事に強い事務所だからできる 迅速&正確&丁寧な弁護を提供!

弁護士法人アーク東京法律事務所

相談料着手金成功報酬夜間対応土日対応
無料10万円~事案ごと可能可能
弁護士法人アーク東京法律事務所弁護士法人アーク東京法律事務所サムネイル0弁護士法人アーク東京法律事務所サムネイル1

取扱い可能な事案

  • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪強盗・万引・横領
  • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
  • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪保護観察・少年院
  • 殺人罪殺人・殺人未遂
弁護士費用の詳細はこちら

【時間・スピードが重要】一刻も早くお電話ください

ただ今のお時間[10時54分]お電話がつながります!

対応可能エリア

東京・神戸

お電話での受付窓口0066-9687-7780
受付時間 毎日 9:00〜22:00

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

刑事事件に積極的に取り組む法律事務所

複数の弁護士がフットワーク軽く事件に即応

「弁護士法人アーク東京法律事務所」は兵庫県神戸市、千代田区麹町にある刑事事件に強い法律事務所です。代表弁護士の宮崎拓哉は18年のキャリアの中で、これまで刑事事件に積極的に取り組み、犯罪の種類を問わず豊富な経験を有しています。

事務所には弁護士法人として複数の弁護士が在籍し、刑事弁護に欠かせないフットワークの軽さにも定評があります。緊急の事態には夜間や土日にも即応し、初回の相談料は無料。適正な費用で迅速に弁護活動を行っていきますので安心してご依頼ください。

刑事弁護において大切な5つのポイント

刑事事件に適切に対応できる弁護士に早期に依頼する

逮捕されると、ご家族や知人・友人は「いつ釈放されるのか」「面会は可能か」「手続はどのように進むのか」「前科はついてしまうのか」など、不安な思いに包まれてしまいます。そして逮捕後に対応を間違ってしまうと、人生を左右してしまうような一大事になりかねません。出来るだけ早く、刑事事件に適切に対応してくれる弁護士に刑事弁護を依頼する必要があります。

1)接見(面会)~接見禁止でも面会が可能なのは弁護人だけ

逮捕されたあと、依頼があると弁護士は被疑者との「接見」に出向きます。被疑者は逮捕・勾留されると、家族や会社の同僚など外部の人と自由に会うことができなくなるため、弁護人が速やかに接見し、被疑者に法的なアドバイスをすることが非常に重要になります。特に「接見禁止」となり、家族とも会えなくなってしまった場合に面会が可能なのは弁護人だけですから、その役割はとても大きなものがあります。

接見が禁止されてしまうと、被疑者は当然ながら家族のことが心配になり、勤務先から解雇されないか?といった不安を抱えたまま勾留が続くことになってしまいます。また自営業の方は、仕事の指示や取引先の対応などをしなければ、仕事を失うことにもつながりかねません。弁護人は被疑者と接見して法的なアドバイスをすることができ、それらの不安を解消するためのお手伝いができるのです。

逮捕後、いかに迅速に動けるかがカギ

2)身柄解放活動~被害者との「示談」成立が重要な要素になる

弁護人は、被疑者(依頼人)が逮捕されてしまっても、勾留されないように検察官と交渉し、勾留が決まった後も、勾留決定に対する準抗告や勾留取消請求などを行って、被疑者の身柄が解放されるための活動を行っていきます。

通常、逮捕から勾留請求までは72時間以内という制限がありますが、言い換えると、検察官に勾留請求しないように働きかける時間はわずか72時間しかないということです。事件に着手するのが遅くなればなるほど、弁護人が活動できる時間が短くなってしまうのです。

また勾留決定が為された場合には、最長で20日以内に起訴されるか否かが決まってしまいます。つまり、弁護人が不起訴処分に向けた活動をすることができるのも最長20日間に限られていますから、可能な限り早く弁護活動に着手して、被疑者の身柄解放に向けた活動を開始すべきなのです。

そして自白事件(罪を認めている事件)においては、被疑者の早期の身柄解放を実現するためには、被害者との「示談」を成立させることが最も重要です。

3)不起訴処分に向けた活動~弁護人でなければ示談交渉に臨むのは難しい

わが国の刑事裁判では起訴後の有罪率が99%に上るため、前科がつくことを回避するためには「不起訴処分」を勝ち取らなければなりません。自白事件では、早期に被害者と「示談」を成立させることが不起訴処分を勝ち取るためには最も重要であり、経験豊富な弁護人に示談交渉を依頼するべきでしょう。

不起訴処分(起訴猶予)を勝ち取るために示談をしようとしても、被害者の連絡先は被疑者本人には教えてもらえないことが多く、仮に連絡先がわかったとしても、被害者は被疑者本人やその家族と直接接触したくないと考えていることが普通です。その結果、示談交渉は多くの場合で上手く進みません。

弁護人に対応を任せれば、検察官や警察から被害者の連絡先を教えてもらえることも多く、示談交渉の経験豊富な弁護人が交渉することによって、示談交渉がスムーズに進むことが多いのです。

起訴後に弁護人が行う活動は?

4)保釈~起訴後は速やかに保釈請求を行う

起訴されてしまった後も勾留が続く場合には、保釈を請求することができます。保釈とは保証金の納付を条件として、被告人に対する勾留の執行を解く制度のこと。保釈が許可されれば、一定の条件は付されますが、釈放されて家族のもとに帰ることができます。

5)執行猶予・刑の減刑に向けた活動~被告人のために努力を惜しまない

自白事件の場合には、まず執行猶予を目指しますが、執行猶予が難しいときでも、少しでも刑が軽くなるように示談交渉などの弁護活動をします。執行猶予や刑の軽減を勝ち取るためには、やはり被害者との示談が最も大切と言えます。被告人の未来を考え、あらゆる努力を惜しまない弁護士に任せることが肝要といえるでしょう。

刑事事件の結果は人生を左右する重大な問題になる

本当に信頼できる、経験豊富な弁護士に依頼すべき

刑事弁護に力を入れている事務所は少なくありませんので、どの事務所に相談するべきか悩むこともあるかと思います。刑事事件は、他人には話しにくいことを、腹を割って話し合わなければ解決できないことが多く、本人やご家族との信頼関係が非常に重要になります。そのため本当に信頼できる弁護士を選ぶことが大切です。

そして何よりも、逮捕の可能性がある場合、または逮捕されてしまった際には、一刻も早く弁護士に相談いただくことが必須でしょう。捜査機関側の不当逮捕の可能性も考えられますし、起訴されて前科がついてしまうともはや取り返しのつかない事態となります。一生を左右する重大な問題ですから速やかに当事務所にご連絡ください。

弁護士法人アーク東京法律事務所からのアドバイス

刑事弁護に関するご相談は無料。迅速かつ丁寧に対応します

アーク東京法律事務所は、刑事弁護に関するご相談は無料でお受けしますので、弁護方針や費用等についてじっくりと話を聞いていただいた上で、委任するかどうかを判断いただけます。

また土日祝日はもちろん夜間のご相談にも迅速に対応し、依頼頂いた場合には原則として当日に接見に出向き、身柄解放や不起訴処分に向けた弁護活動を開始します。

弁護士費用についても明確にしていますので、事態が進むにつれて費用がかさみ、結局いくらかかるのかわからない…といったご心配は無用。秘密は厳守いたしますので、どうぞ安心してご相談ください。

所属弁護士

宮崎 拓哉(みやざき たくや)

宮崎 拓哉

登録番号 No.26788
所属弁護士会 東京弁護士会

岸本 未理(きしもと みり)

岸本 未理

登録番号 No.39258
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

料金体系

第1 在宅事件

捜査段階
着 手 金200,000円
不 起 訴300,000円
略式起訴200,000円
公判段階
着 手 金200,000円(起訴前からご依頼頂く場合は100,000円)
無  罪500,000円
執行猶予300,000円
減  軽200,000円

第2 身柄自白事件

捜査段階
着 手 金300,000円
不 起 訴500,000円
略式起訴200,000円
公判段階
着 手 金300,000円(起訴前からご依頼頂く場合は100,000円)
保  釈100,000円
執行猶予500,000円
減  軽300,000円

第3 身柄否認事件

捜査段階
着 手 金500,000円
不 起 訴800,000円
略式起訴300,000円
公判段階
着 手 金500,000円(起訴前からご依頼頂く場合は200,000円)
保  釈100,000円
無  罪1,000,000円
執行猶予800,000円
減  軽500,000円

第4 裁判員裁判対象自白事件

捜査段階
着 手 金500,000円
不 起 訴500,000円
公判段階
着 手 金800,000円
保  釈100,000円
執行猶予1,000,000円
減  軽600,000円

第5 裁判員裁判対象否認事件

捜査段階
着 手 金800,000円
不 起 訴1,000,000円
公判段階
着 手 金1,000,000円
保  釈100,000円
無  罪2,000,000円
執行猶予1,000,000円
減  軽800,000円

アクセス

【電車でお越しの方】
有楽町線「麹町」徒歩2分
半蔵門線「半蔵門」徒歩4分
南北線他「永田町」徒歩10分

東京都千代田区麹町3-12-5 近代ビル2階

事務所概要

事務所名 弁護士法人アーク東京法律事務所
代表者 宮崎 拓哉
住所 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-12-5 近代ビル2階
電話番号 0066-9687-7780
営業時間 毎日 9:00〜22:00
定休日
備考 【アーク東京法律事務所 神戸支店】
兵庫県神戸市中央区三宮町3-7-6 神戸元町ユニオンビル502

【電車でお越しの方】
JR西日本、阪神電鉄「元町駅」徒歩3分
地下鉄西神・山手線「県庁前」徒歩10分
弁護士法人アーク東京法律事務所
弁護士法人アーク東京法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7780
受付時間
毎日 9:00〜22:00

現在10:54です。お気軽にお電話ください。

住所
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-12-5 近代ビル2階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP