月間2,000件超の問合せ! 圧倒的実績を誇る刑事弁護のエキスパート

アトム法律事務所弁護士法人

  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    全国

0066-9687-7982

ただ今のお時間[10時11分]お電話がつながります!

0:00〜24:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

アトム法律事務所弁護士法人

  • アトム法律事務所弁護士法人サムネイル0
  • アトム法律事務所弁護士法人サムネイル1
  • アトム法律事務所弁護士法人サムネイル2
  • 代表者
    岡野 武志
  • 住所
    〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階
  • 最寄駅
    新宿・大阪/梅田・名古屋・横浜・天神・大宮・千葉・市川・北千住・四条/烏丸から各5分以内
  • 電話番号
    0066-9687-7982
  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    事案ごと
  • 成功報酬
    事案ごと

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7982

ただ今のお時間[10時11分]お電話がつながります!

0:00〜24:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 全国

アトム法律事務所弁護士法人について

全国で刑事弁護を手掛ける豊富な実績

刑事事件の加害者弁護を中心に扱う法律事務所

アトム法律事務所は2008年に東京・永田町に設立された、刑事事件専門の法律事務所を前身とする弁護士法人です。刑事事件の加害者側弁護だけを専門に取り扱う事務所としてスタートし、毎月2,000件以上の問合せをいただくなど、圧倒的な数の刑事事件を手掛けてきました。

現在は、新宿、北千住、千葉、埼玉大宮、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡にグループ事務所を展開し、全国規模で刑事弁護活動を展開しています。

アトム法律事務所の刑事弁護の特徴!

早期の釈放・示談交渉で依頼者のメリットを実現

特徴1:依頼者様の罪が軽くなります

これまで日本全国で積み重ねてきた経験と実績に基づき、捜査機関や裁判所とタフに交渉し、依頼者の方に有利な結果を取り付けることができます。不起訴や可能な限りの減刑を実現することで、事件を起こす前と同じ生活を取り戻すせる可能性が高まります。

特徴2:依頼者様の勾留期間が短くなります

ご相談を受けてからスピーディーに日本全国の警察署に出張し、事件に対応することができるため、逮捕後の勾留期間を短くすることができます。早期の釈放によって、これまでと同じ職場や学校に復帰できる期待が高まります。

特徴3:被害者の方の許しが得られます

刑事事件の相談を専門に取り扱ってきた経験にもとづいて、依頼者の方に代わって被害者の方と示談交渉を行います。的確な示談交渉によって、被害者の方から許しを得ることができれば、その後の捜査や裁判で有利な事情として取り扱ってもらえます。

刑事事件に強い弁護士が無料相談に対応

あらゆる事件に対応できる高水準のノウハウ

当事務所では、財産犯罪、性犯罪、薬物犯罪、暴力犯罪、少年事件など、刑事事件の全てをカバーしています。そして弁護活動の依頼を受けた際には、早期の身柄釈放、被害者との示談交渉、刑事裁判での弁護活動など、多岐にわたる業務に幅広く対応しています。

相談室は完全個室となっているため、ご相談内容を他人に聞かれる心配はありません。刑事事件の法律相談はデリケートな内容を含む場合が多いため、当事務所ではお客様のプライバシー保護に細心の注意を払っています。1回30分の無料相談も実施しており、刑事事件のプロフェッショナル弁護士にじっくりご相談いただけます。

ご家族や身近な方が逮捕という事態に直面してしまったら、いち早く当事務所にご連絡ください。「これからどうなるのか不安だ…」「警察や被害者にどのように対応したらよいのかわからない…」と心配されるご本人のもとに素早く接見に出向きます。今後の見通しを示すとともに、早期の釈放や不起訴に向けて迅速に活動いたします。

刑事事件の弁護は時間との戦い

できるだけ早く弁護士に連絡することが重要!

逮捕されてしまった場合の弁護活動は、限られた時間の中で行わなくてはなりません。特に、逮捕直後の釈放を目指した活動は、72時間という時間制限の中で行わなければならないため、非常にタイトです。そのため、被疑者の釈放を目指す場合は、できるだけ早い段階で法律相談を受け、弁護士に事件を依頼することが望まれるのです。

釈放に向けた弁護活動としては、主に、①勾留阻止による釈放、②保釈による釈放、③処分保留(不起訴)による釈放、又は④略式手続きによる釈放を目指す活動が考えられます。釈放に向けた弁護活動をお考えの方は、できるだけ早めに当事務所までお問い合わせ下さい。

不起訴になれば「前科」はつかない

ご本人の人生にとって、不起訴の獲得は重要な意味をもつ

「不起訴処分」とは、検察官が最終的に事件を起訴しないと処分をすることを言い、嫌疑なし、嫌疑不十分、起訴猶予などの種類があります。不起訴になれば前科はつかないため、その可否はご本人のその後の人生においても重要な意味をもつことになります。

不起訴処分の獲得は、検察官が起訴するか否かを決定するまでに行う必要があります。逮捕・勾留されている事件では、厳格な時間制限の中で、起訴か不起訴かが決定されてしまうため、不起訴処分の獲得に向けた弁護士の選任は急を要します。

確かな経験&フットワークの軽い弁護士に依頼すべき

せっかく弁護士を選任しても、選任した弁護士の動きが悪ければ、無駄に時間だけが過ぎてしまい、必要な措置が間に合わないこともあり得ます。弁護士を選ぶ際は、①過去に同様の事件に取り組んだ経験があるか、②民事裁判や顧問先との業務でスケジュールが埋まっていないか、③土日や祝日でも対応してくれるか、などの点に着目し、動きの良い弁護士を見つけることが大切でしょう。

当事務所の弁護士は、いずれも刑事弁護の経験が豊富なスペシャリストぞろいです。スピード感とフットワークを重視し、迅速かつ的確な対応で不起訴の獲得に向けて全力を尽くしますのでどうぞお任せください。

被害者との「示談交渉」を代行

被害者の意向を汲み取りつつ、穏便かつ迅速に交渉

被害者がいる事件の場合、相手側との示談の成否は、不起訴の獲得や刑の執行猶予、また量刑の軽減などに大きな影響を与えますからとても重要です。

示談の締結は、為すべき時に、為すべき示談を適切に行う必要があります。被害者の方の連絡先を教えて貰えるよう捜査機関経由でかけあい、連絡を取り、示談書を作成して、被害届を取下げてもらうまでの一連の手続きを当事務所で代行いたします。被害者の意向を汲み取りつつ、穏便かつ迅速に行う必要がありますので、示談交渉の経験豊富な弁護士に委ねることをおすすめします。

起訴後は執行猶予の獲得と刑の軽減をめざす

被告人と真摯に向き合う姿勢を大事に公判にのぞむ

起訴され事件が刑事裁判になった場合は、検察官から裁判で懲役刑(又は禁錮刑)を求刑されるのが通常ですが、執行猶予が獲得できれば刑務所に入る必要はありません。執行猶予の獲得を目指す場合は、①事件の見込みを正確に立てることができ、②被告人のことを親身になって考える弁護士を探すことが大切です。

執行猶予付きの判決は、法律上の要件が備わっているだけで得られるものではありません。被告人が社会の中で更生できるということを、裁判官に対して十分に主張する必要があります。被告人と真摯に向き合う姿勢をもった弁護士を見つけることが、執行猶予獲得への第一歩となります。

アトム法律事務所からのアドバイス

365日・24時間OKで法律相談を受け付け!

アトム法律事務所では、刑事事件に精通した弁護士が日本全国の警察署の留置場まで出張し、ご本人と面会して相談を行うサービス(初回接見サービス)を行っています。同時に365日・年中無休で法律相談を受け付けていますので、もし逮捕という事態になれば、迷わず当事務所までご一報ください。刑事弁護に自信をもつ経験豊富な弁護士が、依頼者の方に最後まで親身に寄り添っていきます。

所属弁護士

岡野 武志

登録番号 No.37890
所属弁護士会 第二東京弁護士会

赤井 耕多

登録番号 No.54614
所属弁護士会 第二東京弁護士会

射場 智也

登録番号 No.53179
所属弁護士会 大阪弁護士会

浦田 忠興

登録番号 No.41221
所属弁護士会 大阪弁護士会

太田宏美

登録番号 No.36742
所属弁護士会 第二東京弁護士会

川崎 聡介

登録番号 No.41712
所属弁護士会 大阪弁護士会

庄司 友哉

登録番号 No.52259
所属弁護士会 愛知県弁護士会

竹原 宏征

登録番号 No.49170
所属弁護士会 第二東京弁護士会

富澤 貴浩

登録番号 No.43968
所属弁護士会 第二東京弁護士会

中村 弘人

登録番号 No.54047
所属弁護士会 愛知県弁護士会

成瀬 潤

登録番号 No.52748
所属弁護士会 福岡県弁護士会

野尻 大輔

登録番号 No.45345
所属弁護士会 神奈川県弁護士会

野根 義治

登録番号 No.43232
所属弁護士会 第二東京弁護士会

藤垣 圭介

登録番号 No.51537
所属弁護士会 埼玉弁護士会

代次 徹也

登録番号 No.48065
所属弁護士会 京都弁護士会

料金体系

相談料

相談の内容 金額
逮捕・勾留中の事件 無料0円(初回30分)
警察から取り調べを受けた事件 無料0円(初回30分)
警察から呼び出しを受けた事件 無料0円(初回30分)
その他の事件 1万円(1時間)

着手金

弁護活動の内容 金額
特に簡単な事件 40万円
普通の事件 60万円
※「特に簡単な事件」の一例:事件は9割方解決しているが、念のため弁護士を付ける場合など。
※「普通の事件」の一例:容疑を自白する一般的な罪名の事件(痴漢、覚せい剤、交通事故)など。

成功報酬

弁護活動の結果 金額
前科がつかなかった場合 80万円
罰金判決 60万円
全部執行猶予判決 40万円
実刑判決(求刑の8割以下)※1 40万円
実刑判決(求刑の8割超え) 無料0円
勾留を阻止 20万円
勾留延長を阻止 10万円
保釈決定 40万円
接見禁止を一部解除 10万円
賠償、示談、宥恕(1名分) 10万円〜30万円

※1 実刑判決の一部の執行が猶予された場合には、執行猶予の対象外となった懲役・禁固の年数により求刑の8割以下になるか否かを判断します。

アクセス

東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階

事務所概要

事務所名 アトム法律事務所弁護士法人
代表者 岡野 武志
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階
電話番号 0066-9687-7982
営業時間 0:00〜24:00
定休日 なし
備考 ■主事務所
〒100-0014
東京都千代田区永田町1-11-28 合人社東京永田町ビル9階

■埼玉大宮
〒330-0846
埼玉県さいたま市大宮区大門町1-63 栗橋ビル7階

■千葉 (アトム市川船橋法律事務所)
〒260-0028
千葉県千葉市中央区新町1-20 江澤ビル6階

■市川 (アトム市川船橋法律事務所)
〒272-0033
千葉県市川市市川南1-5-19 スミダビル2階

■新宿
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階

■北千住
〒120-0034
東京都足立区千住2-54 須川ビル5階

■横浜
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-11-5 相鉄KSビル8階

■名古屋
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-13-7 西柳パークビル3階

■京都
〒600-8008
京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階

■大阪
〒530-0057
大阪府大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル2階

■福岡
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2-8-22 天神偕成ビル2階

アトム法律事務所弁護士法人

アトム法律事務所弁護士法人

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7982

受付時間

0:00〜24:00

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-8 朝日新宿ビル8階

アトム法律事務所弁護士法人