東京弁護士16年のノウハウで、 依頼者のリスクを最小限に抑えます

葛西臨海ドリーム法律事務所

相談料着手金成功報酬夜間対応土日対応
初回無料298,000円~148,000円~可能可能
葛西臨海ドリーム法律事務所

取扱い可能な事案

  • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪強盗・万引・横領
  • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
  • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪保護観察・少年院
  • 殺人罪殺人・殺人未遂
弁護士費用の詳細はこちら

【時間・スピードが重要】一刻も早くお電話ください

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

対応可能エリア

東京

お電話での受付窓口0066-9687-7937
受付時間 月、火、木、金、土 9:30〜20:00 日10:00~20:00

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

インターネットから直接相談する

【24時間365日受付】フォームから相談する

メール相談フォームはこちら

代表弁護士は16年のキャリア

逮捕勾留から上告審まで刑事弁護に豊富な経験

「葛西臨海ドリーム法律事務所」は東京メトロ「西葛西」駅から徒歩1分という便利な場所にある弁護士事務所。代表の矢野京介は弁護士歴16年のキャリアを数え、これまで刑事事件を積極的に手掛けてきました。逮捕・勾留段階から、第一審、控訴審、上告審までの事件弁護について豊富な経験がありますから安心してご依頼ください。

これまで多く取り扱った刑事事件の例としては、電車内での痴漢、階段での盗撮などの性犯罪や交通事犯、喧嘩などの暴力事犯、覚せい剤、大麻所持などの薬物事犯や自転車窃盗、横領など多岐にわたります。

またこれまで企業法務の分野にも積極的に携わり、顧問弁護士を数多く務めていることから、企業の役員や従業員による特別刑法犯(脱税、談合、医師法違反など)の刑事弁護にも強みをもっているのも特徴のひとつです。

接見の際に留意すべきポイントは

逮捕後に必要なことを的確にアドバイス

逮捕された後に「接見禁止」になると、被疑者は家族との面会であっても制限されることになります。その時でも弁護士は立会人なしで接見することができ、その役割はとても重要なものとなります。逮捕後の被疑者はとかく追い詰められた心境になり、取り調べの際に不用意な発言をしてしまい、自ら不利な状況に置かれてしまうケースも少なくありません。

接見では、まずは本人の言い分をしっかりと聞き、事件についての詳細を確認した上で、取り調べに対しての留意点なども説明していきます。話すべき内容や気を付けて言うべき事柄など、逮捕後の振る舞いについて的確なアドバイスを提供。周りに味方がいない被疑者のために、弁護士ができるだけ寄り添いながら精神面でもサポートします。

一刻も早く被疑者の身柄を解放するために

初動のスピードと、対応の質の高さの両立が必要

刑事弁護は初動のスピードと、対応の質の高さの両立が必要です。ほんのわずかな依頼の遅れが大きな結果の違いを生むことも珍しくありません。

被疑者は逮捕後の72時間以内に、検察官によって裁判官に勾留請求されます。勾留決定となった場合には10日間にわたって身柄を拘束され、さらに10日間の勾留期間延長が認められると最大20日間にわたって身柄が拘束され続けることとなります。

一刻も早く被疑者の身柄を解放するために、弁護士がすべきことは、被害者のある事件の場合は何よりも被害者対応。つまり、示談をいかに早く成立させるかが大きな意味をもちます。

早期の身柄解放には示談交渉が重要

捜査側とコミュニケーションが取れていることも大切

示談交渉においては、まず担当検事や警察官など捜査機関の側から、被害者に向けて弁護士が面会を希望している旨を伝えてもらいます。その際に捜査機関側といかにコミュニケーションが取れているかも実は重要です。軽微な事件であれば、検事や警察官にうまく働きかけることで、示談交渉が有利に運ぶケースもあるからです。

そして被害者と面会することができれば、被疑者本人の手紙を持参するなど、反省や謝罪の気持ちを伝えることを行っていきます。被害者側が会ってくれる場合には、示談の可能性があることが少なくありませんから弁護士が誠意を込めた交渉を行うことが重要です。

早急な示談交渉によって、依頼者が不起訴となった事例

依頼者は40代の男性で、酔って乗り込んだ通勤電車内で女子大学生に触ったという痴漢行為で逮捕され、奥様からのご相談で受任することになりました。

逮捕の翌日に本人と接見し、弁護人選任届に署名・指印してもらい、奥様の身柄引受書を添えて検察庁に提出。検察官は勾留請求しましたが、裁判所は本人がしっかりとした職場に勤めていることや、奥様が身柄引受人として見守ることを誓っていることなどを考慮して、勾留請求を却下しました。

その結果、逮捕後2日で身柄の解放となり、その後、被害女性に謝罪と反省の意を示すとともに慰謝料30万円を支払うことで示談が成立、起訴猶予処分となりました。早期の身柄解放となったことが幸いし、依頼者は現在も同じ会社で仕事を続けておられます。

特に痴漢などの逮捕は、時間との勝負となることが多くありますから、可能な限り早めに弁護士に相談してください。

起訴後に弁護士がすべきこと

早期の保釈を目指すとともに、保釈保証金の金額も交渉

起訴されてしまったあとは、証拠の隠滅や逃亡の恐れがないこと、重大犯罪でないことなどを条件に、被告人は保釈保証金を納めることによって保釈申請ができます。保釈保証金はふつう100万円以上とされていますが、弁護士としては本人や家族の資力を勘案し、相場よりもできるだけ低い金額になるよう裁判所に交渉していきます。

その後の公判では、今後の見通しについて被告本人とよく相談しながら対応の仕方や方針について的確に見定め、執行猶予の獲得はもちろん、可能な限りの刑の軽減を求めていくこととなります。

少年事件において留意すべきポイント

将来を見越す中で深い傷にならないよう慎重に対応

当事務所では少年事件についても積極的に手掛けています。少年事件の場合は成人とは違い、あくまでも本人の将来を考えた対応が重要になります。基本的に未成年の場合は刑事処分が下されませんから、本人の反省を促した上で、事件が表面化しないよう、学校や地域への対応が大切になっていくわけです。本人の更生を第一に考え、将来を見越す中で深い傷にならないよう、慎重な対応を行うことを重視しています。

葛西臨海ドリーム法律事務所からのアドバイス

逮捕の事態になれば、とにかく早期のご相談を!

刑事弁護には何よりもフットワークの軽さが欠かせません。何度も警察署に足を運ぶ必要がありますし、起訴までの時間が限られていますから迅速性も非常に重要でしょう。私自身、刑事弁護の仕事には思い入れも強く、依頼者(被疑者)のために力を尽くしたいという強い思いがありますから、労苦を惜しまず迅速かつ精力的に被疑者対応を重ねていきます。

万が一、ご家族や知人が逮捕される、逮捕されそうだという事態になれば、できるだけ早く当事務所にご相談ください。機敏な対応で依頼者の心強い味方となることをお約束します。

所属弁護士

矢野 京介(やの きょうすけ)

矢野 京介

登録番号 No.26423
所属弁護士会 東京弁護士会

料金体系

項目費用・内容説明
法律相談料初回60分無料
以降30分 5,000円(税別)
着手金/報酬金1 緊急接見料金
  49,800円(事件として受任した場合は着手金に充当致します。)
2 着手金
 自白事件:298,000円
 否認事件:498,000円
3 報酬金
 ◇公判請求前
  不起訴:498,000円
  罰金(略式):198,000円
  示談成功:148,000円
 ◇公判請求後
  無罪:1,000,000円
  執行猶予:298,000円
  示談成功:148,000円
  実刑:0円
4 起訴後の保釈請求
  着手金:49,800円
  成功報酬:保釈金の10%
※)税と実費は含まれておりません。
初回のご相談時にお見積りをご提示させていただきますので、ご安心ください。

アクセス

東京メトロ「西葛西」駅から徒歩1分

東京都江戸川区西葛西6丁目13-14

事務所概要

事務所名 葛西臨海ドリーム法律事務所
代表者 矢野 京介
住所 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6丁目13-14 丸清ビル3階
電話番号 0066-9687-7937
営業時間 月、火、木、金、土 9:30〜20:00 日10:00~20:00
定休日 水曜、祝日
備考
葛西臨海ドリーム法律事務所
葛西臨海ドリーム法律事務所
スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7937
受付時間
月、火、木、金、土 9:30〜20:00 日10:00~20:00

現在01:36。電話受付時間外です。メール相談フォームよりご連絡ください。

住所
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6丁目13-14 丸清ビル3階
メール相談フォームはコチラ

※メール相談フォームは24時間受付中

GeoTrustのSSLサーバ証明書を使用して、利用者の個人情報を保護しています。
【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP