前科をつけず逮捕阻止・不起訴! 警察OBとの連携・刑事専門弁護士

東京永田町法律事務所

  • 相談料
    逮捕取調無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    関東

0066-9687-7664

ただ今のお時間[15時59分]お電話がつながります!

年中無休24時間対応

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

東京永田町法律事務所

  • 代表者
    長谷川 裕雅、服部 梢
  • 住所
    〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-8 パレ・ロワイヤル永田町706
  • 最寄駅
    銀座線、南北線「溜池山王駅」5・6番出口
    丸ノ内線、千代田線「国会議事堂前駅」5・6番出口
  • 電話番号
    0066-9687-7664
  • 相談料
    逮捕取調無料
  • 着手金
    30万円~
  • 成功報酬
    30万円~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7664

ただ今のお時間[15時59分]お電話がつながります!

年中無休24時間対応

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城

東京永田町法律事務所について

性犯罪弁護のの経験豊富な刑事事件専門弁護士

若手弁護士が中心の事務所ですが、刑事事件を専門に扱うことで、刑事事件の経験値はベテラン弁護士をはるかに超えています。過去の実績をもとに、現在の実務相場に即した適切な分析を行い、集積したデータによって、受任した刑事事件の展望について正確な読みを可能にしています。

一生のピンチを救う刑事事件弁護士事務所です。

警察OBとの連携で捜査実務を把握

常に変化する捜査実務に適切に対応するために、警察OBと連携しています。
送検後の事件のみを扱う検察官よりも、警察の現場が刑事事件の本場です。
元事件記者の弁護士も在籍し、刑事事件の現場感覚を重視しています。

秘匿性・逮捕阻止・前科阻止こそ刑事事件弁護の最大の使命

人に知られず解決し、逮捕を阻止し、前科を免れる点で、相場をはるかに超える実績を出してきました。
難航する示談を達成し、逮捕や報道を阻止し、職場復帰を達成。資格を剥奪されたり、他人に知られたりすることなく事件前の仕事を継続する結果を達成します。

東京永田町法律事務所の3つの公約!

刑事専門の事務所だからこその確かなノウハウ

◎お電話から最短2時間で面談。即時に警察署に駆けつけます。

刑事事件はスピードが命です。東京・横浜・埼玉・千葉のほか、関東近県へアクセスのよい永田町に事務所を構え、お電話をいただいてから最短で2時間以内に弁護士が面談をし、即時に接見などの初動活動を開始します。

◎1日複数回のホウレンソウ

刑事事件に慣れていないご家族に、弁護士が丁寧に刑事手続をご説明し、事件についてのお話をじっくりとうかがいます。動きがあるたびに弁護士より迅速にご家族にご報告することはもちろん、動きがない場合でも定期的にご報告し、現状をご説明します。緊密なコミュニケーションを重視しています。

◎無料相談と明確な報酬体系

逮捕・勾留されている方のご家族からのご相談には無料でご対応。報酬体系は明確ですから安心してお任せいただけます。

弁護活動の内容~5つのポイント~

逮捕前&逮捕直後の刑事弁護、不起訴&執行猶予の獲得に注力!

1)逮捕させない

東京永田町1

被害者のいる事件については、弁護士が示談を成立させ、被害届を出さない約束書を作成してもらうことで刑事事件化を阻止することができます。
また身柄を拘束する必要のない事件の場合には、逮捕しないまま取調べ等の捜査を行い(在宅事件)、捜査状況が固まった段階で検察に書類のみを送ります(書類送検)。
身柄を拘束されることなく在宅のまま不起訴にできれば、逮捕されずに前科もつきません。

このように、事件化を防いだり、逮捕されないという状況をつくる術を持ち合わせているのも、刑事事件専門の当事務所ならではのノウハウです。

2)釈放・保釈する

刑事事件で逮捕後、警察官は48時間以内に検察官に送致し、その後検察官は24時間(逮捕からは72時間)以内に勾留するか否かの判断をします。検察官によって勾留請求され、裁判所によって勾留決定されることで、最大20日間の身体拘束が確定してしまいます。

検察官に対しては勾留請求をしないよう、裁判所に対しては勾留決定をしないように弁護士が意見書を提出することで、勾留阻止を達成することができます。勾留されてしまった場合であっても、弁護士が勾留決定に対する不服申し立て手段である「準抗告」を行うなどして、身体解放を求めていきます。

3)前科をつけない

刑事事件の起訴・不起訴を決めるのは検察官の裁量です。つまり「この被疑者は不起訴処分でもいい」と検察官が判断し不起訴にすることが重要なのです。

被害者がいる犯罪であれば、示談をとりまとめることが何よりの近道。刑事事件のなかでも痴漢事件での条例違反や強制わいせつ事件、その他暴行傷害事件、窃盗事件などでは示談により不起訴になる可能性が高まります。

4)示談を成立させる

勾留決定前および勾留後の早期に身柄を解放し、不起訴に持ち込むには、被害者のある事件では示談が欠かせません。時間が経つと被害者の気が変わってしまうこともあり、被害者への最初の連絡は早期に行うべきです。

誠意は必ずしもお金だけでなく、刑事事件の被害者が何を求めているのかを見極めることが大切。被疑者本人の反省文や家族からの謝罪文・誓約書の提出など、事件の中身や被害者の心情を勘案しながら示談交渉を進めていきます。

5)執行猶予を勝ち取る

被告人の性格、年齢及び境遇、犯罪の軽重や情状、犯罪後の状況に照らして、被告人を直ちに刑務所に入れる必要がないことを裁判官に対して説得することが求められます。

執行猶予を取るための弁護活動の例としては、「刑事事件の被害者と示談をする」「被害者に嘆願書を書いてもらう」「情状について被告人に有利になるものを弁護士が検討し、証拠収集の上で裁判官に主張する」などが挙げられます。

少年事件の弁護にも積極的に対応

真摯に少年に向き合い、主張を聞いて更生を促す

少年事件は犯した罪の大小だけでなく、いかに少年が反省しているか、再び罪を犯す可能性がないか、という点も併せて考慮して処分が決定されるため、少年の更生が大変重要です。真摯に少年に向き合い主張を聞き少年の更生を促すことは、少年の処分やその後の人生にも多大な影響を与えます。少年事件における豊富な経験を有する当事務所にご相談ください。

東京永田町法律事務所からのメッセージ

刑事事件に関する無料法律相談を24時間365日で受付!

東京永田町300x200

当弁護士事務所は、逮捕前と逮捕直後の刑事事件に注力しており、逮捕阻止・不起訴を目指す弁護活動を行っています。前科が付かない結果を目指し戦略を立てるためには、逮捕前から弁護士が対応しておくことが重要。
事件や逮捕に直面した場合には、即座にお電話にてお問い合わせください。刑事事件に関する法律相談は、下記の番号で24時間365日受け付けています。
〔お問い合わせ先〕0066₋9687₋7664 

所属弁護士

長谷川 裕雅(はせがわ ひろまさ)

長谷川 裕雅

登録番号 No.33324
所属弁護士会 第一東京弁護士会

服部 梢(はっとり こずえ)

服部 梢

登録番号 No.44075
所属弁護士会 第一東京弁護士会

加藤 寛久(かとう ともひさ)

加藤 寛久

登録番号 No.49908
所属弁護士会 第一東京弁護士会

料金体系

相談料
相談の内容 金額
逮捕・勾留中の事件 無料0 円(初回1時間)
警察から取り調べを受けた事件 無料0 円(初回1時間)
警察から呼び出しを受けた事件 無料0 円(初回1時間)
その他の事件 12,000円(税抜) 1時間

※当事務所では法律相談は「1時間から」としております。
刑事事件の概要やご依頼者の要望を整理し、今後の方針を話し合うためには、
30分では短すぎると考えているからです。

刑事弁護活動
名称 刑事弁護活動
着手金 30万円 税別 ~
着手金の額は、刑事事件の難易度や示談活動の要否、身柄解放活動
の要否など、予想される弁護活動の性質によって決められます。
成功報酬 30万円 税別 ~
成功報酬の額は刑事事件の難易度や示談活動の成否、
身柄解放活動の成否、起訴不起訴、執行猶予がついたかどうか、
減刑の度合いなど、得られた結果によって決められます。
接見や公判の日当 距離や回数によって決められます。
告訴・告発
名称 告訴・告発
着手金 80万円 税別 ~
着手金の額は刑事事件の難易度によって決められます。
成功報酬 80万円 税別 ~
成功報酬の額は刑事事件の難易度によって決められます。

アクセス

東京都千代田区永田町2-9-8

事務所概要

事務所名 東京永田町法律事務所
代表者 長谷川 裕雅、服部 梢
住所 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-8 パレ・ロワイヤル永田町706
電話番号 0066-9687-7664
営業時間 年中無休24時間対応
定休日 なし
備考 事前予約をいただければ、土日祝日の相談も可能です。

東京永田町法律事務所

東京永田町法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7664

受付時間

年中無休24時間対応

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-8 パレ・ロワイヤル永田町706

東京永田町法律事務所