細かな気配りとスピーディーな対応で 刑事事件に確かな実績

赤とんぼ法律事務所

  • 相談料
    5000円/30分
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    -
  • 対応
    エリア
    兵庫県

0066-9687-7587

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:30〜17:30

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

赤とんぼ法律事務所

  • 代表者
    原田 優
  • 住所
    〒679-4167 兵庫県たつの市龍野町富永728-1 土井第2ビル2F
  • 最寄駅
    ◎お車でお越しの場合
    たつの市役所を目指して、正面入口向かい側に事務所があります。※駐車場3台あり
    ◎電車でお越しの場合
    JR姫新線 本竜野駅より南西に徒歩1kmたつの市役所正面入口向かい側に事務所があります。
  • 電話番号
    0066-9687-7587
  • 相談料
    5000円/30分
  • 着手金
    20万円~
  • 成功報酬
    20万円~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7587

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:30〜17:30

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 兵庫県

赤とんぼ法律事務所について

多くの国選弁護を引き受け刑事事件の経験が豊富

2人の弁護士がフットワーク軽く、迅速に事件に対応

事務所のあるたつの市のほか、姫路市以西となる相生市、赤穂市、宍粟市などの西播磨地区全域、加古川市や高砂市といった播磨地区、さらに神戸や明石・阪神地区までのエリアを幅広くカバーしています。最寄りの駅はJRの本竜野ですが、事務所に駐車場も完備し多くのお客様は車で来所いただいています。

たつの市のシンボルでもある「赤とんぼ」を事務所名に、原田優と後藤敦夫の2人の弁護士が地域に根差した活動を行っています。電話予約をいただければ土日祝日や平日夜間を問わずいつでも対応が可能で、2人の弁護士がフットワーク軽く案件に対応し、スピーディーに問題を解決できます。

西兵庫エリアは弁護士の数が比較的多くないということもあり、当事務所では国選での刑事弁護を数多く担当しており、刑事事件の経験が豊富です。窃盗や傷害のほか、痴漢・強姦などの性犯罪や少年事件など、あらゆる事件に対応しています。

接見禁止でも弁護士であれば面会が可能

動揺する依頼者や被疑者の心理面も親身にサポート

赤とんぼ1

事件で逮捕・勾留されてしまったら、家族であっても自由に面会することはできません。また捜査機関の請求によって接見禁止の命令が出されている場合には、勾留中も手紙のやりとりも含めて被疑者に接触することが禁止されます。

しかし弁護人は、逮捕段階から接見禁止のありなしに関わらず、時間の制約や警察官の立ち会いなしに何度でも面会することができます。この接見時に被疑者と十分に話をして、本人の見解や思いを十分に受け止め、今後の見通しについて説明することが重要です。動揺する依頼者・被疑者の心理的なサポートを行うのも弁護士の大切な役割といえます。

限られた時間の中で示談を得られるかどうか

犯した罪を素直に認めて謝罪し、被害者との示談に動く

被疑者が逮捕されてから勾留満期までの23日間で、起訴されるかどうかが決まります。被害者のいる事件では、その期間の中で示談がまとまれば不起訴になることが多く、まさに限られた時間で示談という成果が得られるかどうかがポイントとなります。

犯した罪を素直に認めて謝罪し、被害者との示談が成立すれば、起訴猶予処分が早く出されて早期に身柄が解放される可能性が高まります。弁護士は状況を的確に把握しながら、被害者側にコンタクトを取り、真摯に謝罪を行い、示談を成立させるべく動くことになります。

示談交渉では弁護士が熱意をもって言葉を尽くすことが大切

示談を導くために重要なのは、とにかく被疑者本人の反省の思いを、誠意をもって被害者に伝えることに尽きます。そのために、本人に謝罪文を書かせて持参することや、被害者への連絡の際に、時間が許せば弁護士からの手紙を出すことから始める場合もあります。細かな気配りとともに、スピード感をもって対応することが肝心になります。

先日担当した被害額が約15万円の窃盗事件では、ふつう示談交渉は即座に被害額を弁済することから始めるべきなのですが、その被疑者は金額をすぐに用意することができず、弁済を先で約束した上で、誠意を尽くして謝罪することから始めることになりました。

被疑者本人の「絶対に返します」という言葉を信じて、弁護士の方からも被害者側に真摯にお詫びをしたことで、示談に応じてもらうことができました。示談交渉では弁護士が熱意をもって言葉を尽くし、自分自身が被疑者本人に成り替わって被害者に接していく姿勢が必要だといえます。

弁護士から不起訴意見書を検察官に提出することも

また、被疑者が起訴されないためには、被害者への示談交渉を行う他に、検察官への対応も挙げられるでしょう。起訴か不起訴か微妙な状況の時には、検察に対して、不起訴にすべき事情や理由を細かく説明した「不起訴意見書」を付けて提出することがあります。その内容を説得力のあるものにすることも弁護士の役割の一つです。

起訴されてしまった場合には

弁護士が保釈請求を行い身柄の開放を要請

起訴されてしまえば、被疑者には前科がつくことになります。同時に起訴後は被疑者でなく、被告人という立場となります。起訴は勾留されたまま行われることが多く、身柄はそのまま勾留される場合がほとんどです。身柄を解放するには、保釈請求を行って身柄を開放してもらうことになります。

起訴後の保釈については、弁護人が提出する保釈請求書の中身も重要な意味をもちます。保釈の条件としては、逃亡のおそれがない、証拠隠滅をしないという点が重視されますので、それをしない理由や裏付けを細かく説明していくことが必要です。

弁護人が保釈請求をすると、裁判官が検察官に対して保釈についての意見を求め、検察官は、書面で意見を述べます。検察官が意見を述べた後、弁護士が希望すれば担当裁判官と面接することができ、その後に保釈についての決定が出されます。

赤とんぼ法律事務所からのメッセージ

示談交渉で迅速に行動力を発揮できる弁護士が頼りになる

刑事事件を担当する弁護士に必要な要素は、接見・面会のために足を運ぶことをいとわないことや、可及的速やかに示談交渉にかかってくれるスピード感、総じてフットワークの軽さが重要なポイントでしょう。「被害者と連絡を取ってくれましたか?」「いや、まだです」といったような対応の弁護士では、早急に示談をまとめ、起訴を避けるという成果を挙げることは難しいと思われます。

刑事事件は遺産相続や事業承継などの問題に比べて、複雑な法律的な知識やノウハウが要求される分野ではありません。依頼人の求めに応じて被疑者の身柄をいち早く開放し、不当な起訴をさせないためには、示談交渉でのスピーディーさや迅速な行動力が大きな要素を占めます。実績豊富な当事務所の弁護士にぜひともご相談ください。

所属弁護士

後藤 敦夫(ごとう あつお)

後藤 敦夫

登録番号 No.51128
所属弁護士会 兵庫県弁護士会

料金体系

刑事事件料金表

法律相談 金額
30分毎 5000円
初回接見 金額
初回接見 3万円~
取調べ同行 5万円~

※ 具体的な費用計算は、「接見・出廷・出張日当基準」によります。

着手金
基本料金
起訴前の弁護活動 20万円~
起訴後の弁護活動
(起訴前から弁護活動を行い起訴された場合も含みます。ただし、略式起訴は含まれません。)
20万円~
控訴審・上告審の弁護活動 50万円~
被害者等との示談折衝 1名につき20万円~
保釈請求 20万円~
着手金の追加
否認事件 50万円~
再逮捕された場合 再逮捕1件につき20万円~
追起訴された場合
(再逮捕手続がとられたものを除く)  
追起訴1件につき20万円~
裁判員裁判、特捜部・特刑部案件、組織的な犯罪等 応相談

※ 裁判員裁判、特捜部事件及び組織的な犯罪等につきましては、基本料金は適用されません。

刑事事件・成功報酬 金額
起訴されなかった場合 50万円~
略式手続・罰金判決、執行猶予判決 30万円~
求刑より軽い判決 20万円又は1か月刑が軽くなった毎に5万円のいずれか高い方
一審より軽い判決 100万円~
無罪判決 100万円~
勾留阻止、勾留延長阻止 20万円~
保釈許可 20万円~
被害者等との示談 1名につき20万円~
接見・出廷・出張日当基準 金額
往復移動時間1時間以内+接見・出廷・交渉・調査等 3万円
往復移動時間1時間30分以内+接見・出廷・交渉・調査等 4万円
往復移動時間2時間以内+接見・出廷・交渉・調査等 5万円
往復移動時間2時間30分以内+接見・出廷・交渉・調査等 6万円
往復移動時間3時間以内+接見・出廷・交渉・調査等 7万円
往復移動時間3時間30分以内+接見・出廷・交渉・調査等 8万円
往復移動時間4時間以内+接見・出廷・交渉・調査等 9万円
往復移動時間4時間30分以内+接見・出廷・交渉・調査等 10万円
往復移動時間4時間30分を超える場合+接見・出廷・交渉・調査等 30分毎に1万円を加算

※ 接見、出廷、示談や調査のための出張等、弁護士の外出が必要な場合、接見・出廷・出張日当が生じます。

少年事件に関する料金体系

少年事件料金表

記載がないものについては刑事事件の料金に準じます。

着手金 金額
家裁送致前の弁護活動 30万円~
家裁送致後の弁護活動
(家裁送致前から弁護活動を行い家裁送致された場合も含みます。)
50万円~
起訴後の弁護活動
(起訴前から弁護活動を行い起訴された場合も含みます。)
50万円~
着手金の追加
否認事件 50万円~
再逮捕された場合 再逮捕1件につき20万円~
追送致された場合
(再逮捕手続がとられたものを除く)  
追送致1件につき20万円~
少年事件・成功報酬 金額
身柄解放された場合 50万円~
審判不開始になった場合 100万円~
不処分になった場合 100万円~
保護観察処分になった場合 50万円~
少年院の長期処遇相当が短期になった場合 50万円~
試験観察処分になった場合 70万円~
試験観察終了までの付添人活動 月額5万円

以上の他、謄写費用、交通費等の実費が発生いたします。

預託金制度
ご依頼者様との信頼関係を維持し、弁護活動を充実したものにするため、刑事弁護においては預託金制度を採用しております。ご依頼時に定まった金額を預託していただき、委任終了後、全ての弁護士費用を清算した上で残金がある場合、残金を返還いたします。

アクセス

兵庫県たつの市龍野町富永728-1

事務所概要

事務所名 赤とんぼ法律事務所
代表者 原田 優
住所 〒679-4167 兵庫県たつの市龍野町富永728-1 土井第2ビル2F
電話番号 0066-9687-7587
営業時間 平日 9:30〜17:30
定休日 土日祝日
備考 土日でも事前相談があれば対応します。

赤とんぼ法律事務所

赤とんぼ法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7587

受付時間

平日 9:30〜17:30

住所

〒679-4167 兵庫県たつの市龍野町富永728-1 土井第2ビル2F

赤とんぼ法律事務所