スピーディーな初動で 逮捕リスクの回避と軽減をはかります!

津幡法律事務所

  • 相談料
    5,400円/30分
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    事前予約の方のみ
  • 対応
    エリア
    石川、富山、福井

0066-9687-7480

ただ今のお時間[15時46分]お電話がつながります!

平日 9:00~18:00
※受付時間外でも対応できる場合があるので、まずはお問合せください。

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

津幡法律事務所

  • 津幡法律事務所サムネイル0
  • 津幡法律事務所サムネイル1
  • 津幡法律事務所サムネイル2
  • 代表者
    横見 健太
  • 住所
    〒929-0341 石川県河北郡津幡町横浜ほ27-5 コスモビル2階
  • 最寄駅
    【電車の場合】
    IRいしかわ線・JR北陸 七尾線 「津幡駅」から徒歩10~15分程度。

    【バスの場合】
    津幡町営バス のバス停「横浜」または「横浜西」を降りて、徒歩3分。

    【自動車の場合】
    国道8号線(国道159号線と重複。津幡バイパス)を「南中条IC」または「中橋IC」で降りて、車で3分。旧シメノドラッグの2軒ほど隣に、事務所があります。
    ※駐車場は5台まで停められます。(事務所前の道路をはさんで向かい側にあるビル専用駐車場です。)
  • 電話番号
    0066-9687-7480
  • 相談料
    5,400円/30分
  • 着手金
    216,000円
  • 成功報酬
    216,000円以下

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

0066-9687-7480

ただ今のお時間[15時46分]お電話がつながります!

平日 9:00~18:00
※受付時間外でも対応できる場合があるので、まずはお問合せください。

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 石川、富山、福井

津幡法律事務所について

刑事事件に注力する津幡町の弁護士

身近な法的サービスを提供し、地域の安心のために尽力

石川県河北郡津幡町にある「津幡法律事務所」の弁護士・横見健太です。津幡町には長く法律事務所が不在で、いざトラブルが発生して弁護士に相談したくても、町の外まで行かなければ法律相談ができない地域でした。

その津幡町で初めて弁護士事務所を構えたのが当所。同町はもちろん、金沢市をはじめとした周辺のエリアも含めて、困った人に法的サービスを提供することで悩みを解決し、安心できる生活を送れるよう力を尽くしたいと考えています。だからこそ開業以来、刑事事件には特に力を入れてきました。

誰にでも突然やってくる刑事事件のトラブル

迅速な初動と対応で依頼者の問題解決をはかる

たとえば「身内(社員)が警察に連れていかれた」「警察に被害届を出す、と言われている」「やっていないのに、疑いをかけられている」「警察から出頭命令が来た」…など、刑事事件に関するトラブルは突然やってきます。

当事務所では特に、「逮捕される前」の段階から活動を行い、可能な限り逮捕のリスクの回避・軽減をはかることに重きを置きます。逮捕されてしまうと、「現在の仕事を失う」など多大なダメージを受ける可能性が高いためです。

逮捕されていない段階では、個人間のトラブルについては和解に向けての示談交渉などを検討。そして必要に応じて、警察に対して逮捕をしないように働きかけを行うほか、事前に取調べに対する対処方法など具体的なアドバイスを提供します。問題が発生した早い段階での対応が不可欠ですから、直ちに弁護士に連絡して対処してください。

弁護士としてできるあらゆる方法で逮捕を回避

過日、迷惑行為防止条例違反の疑いをかけられて警察から問い合わせがあり、任意で出頭を命じられた方から依頼を受けた例がありました。

当職で警察署に弁護人選任届を提出し、本人に逃亡の意思はなく経過を弁護士でしっかりと見守ること、事情聴取の必要があれば誠意をもって対応する旨を約束するなど、弁護士としてできる予防的な措置を丁寧に講じていきました。そして結果的に1年以上、逮捕には至らない状況となっています。

逮捕・勾留の期間での早期の身柄解放を目指す

弁護士が接見して被疑者をメンタル面でもサポート

逮捕されてしまった場合には、被疑者はまず72時間、警察署等に拘束されます。その後、勾留決定が為されれば、さらに10日間にわたって身柄を拘束。勾留はさらに10日間延長される可能性があり、つまり逮捕から数えると、23日にわたる期間のあいだ身柄が拘束されることになるのです。

この間に警察や検察から取り調べを受けるわけですが、被疑者は家族との面会が制限される場合もあり、とても孤独です。何らの援助も受けることができない状況に置かれるケースもあり、弁護人をつけることが非常に大切なのです。

まずは勾留決定までの72時間での身柄解放に努める

依頼者から弁護人として選任されると、即座に逮捕された人に面会に行きます(接見)。そして、なぜ逮捕されたのか、間違ったことで逮捕されているのではないかという事実を確認。その上で被害者があれば示談を検討し、検察や裁判所に意見書を提出するなどの不服申し立てを行います。

特に逮捕後、勾留が決定されるまでの72時間以内の身柄解放に努めることが非常に大事です。そこで身柄を解放できれば、本人に与える社会的なダメージも最小限で済みます。そして勾留が決まっても、起訴されるか否かが決まるまでの20日間のあいだに、不起訴となり身体拘束が解けるよう全力で活動していきます。

速やかに被害者への示談交渉を実施

被害者の立場を尊重しながら誠実に謝罪の意を示す

当事務所は、被疑者を不起訴とした実績は過去の件数としても多く、被害者のある事件の場合は、早急に示談交渉を行うことでそれを実現しています。被害者側に手紙や電話でコンタクトをとり、多くの場合は直接面会に出向いて交渉。タイミングを踏まえてスピードを重視し、被害者の立場を尊重しながら誠実な謝罪を行っていきます。

最近の事件でも、被疑者(依頼者)が勾留延長されずに不起訴で終わった例を複数手掛けました。窃盗と詐欺ですが、発生後に迅速に被害者対応を行い、被害弁済をしたことで謝罪を受け入れてもらえ、慰謝料などの発生もなく示談が成立。依頼者の身柄も早期に解放されたのです。

起訴されたら保釈の請求を行う

裁判では執行猶予の獲得や刑期が少しでも短くなるよう活動

被疑者が起訴された場合には、裁判所に対して保釈の請求を行います。保釈とは、一定の金銭を納めてその代わりに身柄を解放してもらうこと。保釈金の金額は事案によって異なりますが、150万円~300万円程度のものが多いです。

また裁判になった場合には、無実であるならば徹底的に争わなければなりません。検察の主張の不合理な部分を指摘して弾劾したり、被告人とされた人に有利な証拠を提出して、無罪判決に向けて最大限の努力をしていきます。

もちろん、犯罪を行ったことを認めている場合でも、執行猶予の獲得や刑期が少しでも短くなることを目指して活動。被害者との間で示談交渉をして示談書を裁判所に提出する、身元引受人に証言してもらう、反省文や謝罪文を作成するなど様々な策を講じていきます。

犯罪者の更生支援にも力を注ぐ

更生へのきっかけを作るのも弁護士の重要な使命

私は法律を学ぶうち、受刑者の再犯率の高さを知り、刑罰だけでない解決の道を考えるようになりました。罪を犯した人の更生を手助けする仕事に惹かれたことが、弁護士を志すきっかけになったのです。

そうした想いのもと、以前より刑事弁護センターの「犯罪者更生支援プロジェクトチーム」に属し、罪を犯した人の更生に力を入れています。刑事弁護が終わり、不起訴や執行猶予となって釈放された人、または刑務所から出所した人の更生を支援する活動です。

今後の生活基盤を作り、立ち直りに対してある程度の見通しができると、本人の表情も変わって人生に対しての希望が持てるようになります。こうした更生へのきっかけを作るのも弁護士の重要な使命と考え、刑事弁護に取り組んでいます。

津幡法律事務所からのアドバイス

とにかく早めに弁護士を呼んで対応することが必要!

警察から逮捕や出頭命令など受けた際には、とにかく早めに弁護士を呼んで対応することが必要です。身体拘束されれば本人では動きの制限が出てきますので、家族や友人・知人が早めに動いてあげなければいけません。その方の一生に関わることですので、速やかに弁護士に連絡してください。

所属弁護士

横見 健太(よこみ けんた)

横見 健太

登録番号 No.44284
所属弁護士会 金沢弁護士会

料金体系

事案簡明なもの

着手金 216,000円
成功報酬 216,000円以下

複雑な事案

着手金 協議して決めます。
成功報酬 協議して決めます。

保釈請求

着手金 1回108,000円
 (別途、保釈保証金として100~200万円程度を裁判所に預ける必要があります。)

※消費税、実費、日当は別途請求致します。

アクセス

石川県河北郡津幡町横浜ほ27-5

事務所概要

事務所名 津幡法律事務所
代表者 横見 健太
住所 〒929-0341 石川県河北郡津幡町横浜ほ27-5 コスモビル2階
電話番号 0066-9687-7480
営業時間 平日 9:00~18:00
※受付時間外でも対応できる場合があるので、まずはお問合せください。
定休日 土日祝日
備考 夜間、土日も事前にご予約いただければ対応可能です。

津幡法律事務所

津幡法律事務所

スマホ・携帯からも通話無料
0066-9687-7480

受付時間

平日 9:00~18:00
※受付時間外でも対応できる場合があるので、まずはお問合せください。

只今営業時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒929-0341 石川県河北郡津幡町横浜ほ27-5 コスモビル2階

津幡法律事務所

  • フォームからご相談

    ※メール相談フォームは24時間受付中

  • 0066-9687-7480

    平日 9:00~18:00
    ※受付時間外でも対応できる場合があるので、まずはお問合せください。