速やかに接見に出向き、 勾留からの早期釈放に全力を尽くします

山本・坪井綜合法律事務所

  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    香川

050-5267-5760

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

毎日8:00~21:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

山本・坪井綜合法律事務所

  • 山本・坪井綜合法律事務所サムネイル0
  • 山本・坪井綜合法律事務所サムネイル1
  • 山本・坪井綜合法律事務所サムネイル2
  • 代表者
    山本 弘喜・坪井 智之
  • 住所
    〒760-0052 香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階
  • 最寄駅
    「瓦町」駅から徒歩2分
  • 電話番号
    050-5267-5760
  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    事案ごと
  • 成功報酬
    事案ごと

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

050-5267-5760

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

毎日8:00~21:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 香川

山本・坪井綜合法律事務所について

刑事事件の相談は年間100件以上

初回相談は無料!困ったら速やかにご連絡を

山本・坪井綜合法律事務所は、香川県高松市にある法律事務所です。山本弘喜、坪井智之の2名の弁護士が所属し、刑事事件のご相談を年間100件以上お受けしており、刑事弁護の経験が豊富です。窃盗・万引き、痴漢・強制わいせつ、薬物、傷害・暴力、詐欺など、さまざまな事件に対応しています。

当事務所ではこれまで、私選・国選を問わず、「強制わいせつ事件にて勾留却下で3日で釈放」「窃盗や傷害、盗撮事件にて早期示談で不起訴処分」「保護観察中に再犯をした少年を再度保護処分に」「余罪複数事案にて執行猶予判決」――など、多くの刑事事件に携わる中で知識とノウハウを培ってまいりました。

相談しやすい、話しやすい弁護士が、皆さまのお話にしっかり耳を傾け、よりよい解決策をご提案してまいります。初回相談は無料でお受けしていますので、いつでも遠慮なくご連絡ください。

被疑者のもとに速やかに接見に駆けつける

今後の流れや見通しを示し、不安な思いを軽減

「罪を犯してしまい逮捕されるかも知れない」「身内が急に逮捕されてしまった」――このような経験は滅多にあるものではないので、パニックに陥ってしまっても仕方ありません。しかし時間が経過するほど、状況は悪化してしまいます。

そうしたとき、逮捕の知らせをいただくと、当事務所の弁護士が速やかに被疑者のもとに足を運び、接見(面会)を行います。事件の詳細や、今後の事件の流れや手続きなどを丁寧に説明し、不安な思いをできるだけ軽くできるよう努めます。

逮捕のあとは、家族との面会ができないケースは多くあり、弁護士が情報伝達や意志の疎通の役目を担うことも大切です。黙秘権の行使を含め、虚偽の自白などをしてしまわないよう寄り添うとともに、不当な身柄拘束に対する不服申立なども視野に入れて活動します。

弁護士の初動が刑事事件の大事なカギ

早期の身柄解放をめざし、徹底的に力を尽くす

被害者への謝罪、賠償、職場への対応、警察とのやりとりなど、早期の相談があればそれだけ、スムーズかつ柔軟な対応が可能となります。もしも逮捕という状況に直面することになれば、すぐに弁護士に知らせるべき。初動をどう対応するかによって、その後のプロセスが大きく違ってくるのです。

逮捕されると、そこから最長72時間拘束されます。その後、検察官が裁判所に対して「勾留」という身柄の拘束を請求し、裁判官が判断して認められれば、さらに10日間身柄を拘束されます(勾留延長の場合は計20日間)。この間に、取調べやその他の捜査が行われることになります。

勾留却下による早期釈放の実績多数

勾留されてしまうと、10日間以上も自由の身が制限されてしまうわけですから、職場などにも逮捕の事実を知られる可能性が極めて高くなってしまいます。そのため当事務所では、勾留却下による早期釈放、また勾留後の準抗告などによって、早期に身柄を解放することに徹底的に力を入れています。

刑事事件は、逮捕後や勾留後の限られた時間の中で、弁護士がどれだけ素早く行動できるかが重要なのです。家族による身柄引受や本人の誓約書などを早期にとりそろえ、勾留の必要がないことを速やかに検察官に主張し、スピーディーな身柄の解放をめざしてまいります。

高い確率で「示談」獲得の実績

豊富な経験に裏付けされた交渉ノウハウ

そして、被害者のある事件の場合に、早期の釈放を実現するための要件として重要になってくるのが、「示談」の成立です。当事務所の弁護士は、これまで非常に多くの示談交渉の経験があり、高い確率で示談の成立を実現しています。

示談交渉では、被害者の感情を汲み取りながら、誠意を込めた対応をすることがもちろん重要。必要に応じて被疑者の嘆願書や謝罪文などを持参し、その結果、示談に応じてもらえるケースをこれまで数多く経験してきました。

示談は逮捕後の3日以内に素早く成立させることで、勾留請求の却下にもつながっていきます。当事務所はそのスピード感にとことんこだわっており、迅速な初動によって早期の示談成立をめざしていきます。こうした交渉には、経験値の高さがやはりモノをいいますから、実績豊富な当事務所にどうぞご相談ください。

スピーディーな対応で不起訴をめざす

勾留期間中に不起訴要件を整えることに全力

身柄を拘束(逮捕・勾留)されない場合は、警察署や検察庁から呼び出された時に必要な取調べを受ける、在宅での捜査となります。基本的に通常の社会生活を送ることができますから、やはり早期の釈放を得る意味は大きいのです。

また不起訴になれば、前科がつくことはありません。日本の司法では、起訴されたときの有罪率は99.9%という統計もあり、不起訴を獲得することの重要性はご理解いただけると思います。勾留期間中にいかに早く不起訴の要件を整えていくかが、捜査弁護にあたる弁護士の重要な役割になってきますので、早めのご連絡を強くおすすめいたします。

事件後のカウンセリングで再犯防止の努力も

また当事務所では、事件後のカウンセリングの環境なども、必要に応じて積極的にご用意しています。性犯罪や薬物事案など、被疑者の再犯防止を親身になって後押し。加えて当事務所には、準メンタル心理専門士・メンタルケア心理士などの資格を有する弁護士もおり、精神的なケアも含めた弁護活動も可能ですので安心してご相談ください。

少年事件にも積極的に取り組む事務所

1日も早い更生をめざして親身にサポート

少年事件についても積極的に対応しており、将来のことを考慮して、1日も早い更生を目指してアドバイスを行います。カウンセラーの資格を活かして、少年の気持ちに丁寧に寄り添いながら思いを聞いていきます。完全個室の相談室ですから、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。

山本・坪井綜合法律事務所からのアドバイス

無料の初回相談を利用して、速やかにご連絡を

当事務所ではそのほか、逮捕前に任意の聴取を求められたような場合や、身に覚えのない事件や、容疑の中身が事実と違う「否認事件」も含め、刑事事件に確かな経験を有しています。

問題を一人で抱え込んでしまい、対応を間違えると、その後の人生に重大な影響を与えることになりかねないのが刑事事件です。不安に思われたら、まずは無料の初回相談をご利用になり、速やかにご連絡ください。

所属弁護士

山本 弘喜(やまもと ひろき)

登録番号 No.49232
所属弁護士会 香川県弁護士会

坪井 智之(つぼい ともゆき)

登録番号 No.51646
所属弁護士会 香川県弁護士会

料金体系

山本・坪井綜合法律事務所での法律相談

初回法律相談料 無料
法律相談料(2回目以降) 30分あたり5,000円(税別)

刑事事件の着手金

内容 着手金
起訴前および起訴後の事案簡明な事件 20万円以上50万円以下
起訴前及び起訴後の前段以外の事件及び再審事件 30万円以上
再審請求事件 30万円以上

刑事事件の着手金

事案簡明な事件
起訴前 報酬金
不起訴 20万円以上50万円以下
求略式命令 前段の額を超えない額
起訴後 報酬金
刑の執行猶予 30万円以上50万円以下
求刑された刑が軽減された場合 前段の額を超えない額
事案複雑な刑事事件
起訴前 報酬金
不起訴 40万円以上
求略式命令 30万円以上
起訴後(再審事件を含む) 報酬金
無罪 50万円以上
刑の執行猶予 30万円以上
求刑された刑が軽減された場合 軽減の程度による相当な額
検察官上告が棄却された場合 30万円以上

少年事件の着手金

家庭裁判所送致及び送致後 30万円以上
抗告、再抗告及び保護観察処分の取消 30万円以上

少年事件の報酬金

非行事実なしに基づく審判不開始又は不処分 30万円以上

その他 30万円以上

アクセス

香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階

事務所概要

事務所名 山本・坪井綜合法律事務所
代表者 山本 弘喜・坪井 智之
住所 〒760-0052 香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階
電話番号 050-5267-5760
受付時間 毎日8:00~21:00
定休日 なし
備考 事務所の営業時間は平日8:30〜18:00です。

山本・坪井綜合法律事務所

山本・坪井綜合法律事務所

スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5760

受付時間

毎日8:00~21:00

住所

〒760-0052 香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階

山本・坪井綜合法律事務所