スピードを最優先に、1日でも早い 身柄解放と不起訴を目指します

ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)

  • 相談料
    初回30分無料
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    事前予約の方のみ
  • 対応
    エリア
    神奈川

050-5267-5830

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 10:00〜18:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)

  • ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)サムネイル0
  • ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)サムネイル1
  • 代表者
    桑原 大河
  • 住所
    〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル6階
  • 最寄駅
    JR関内駅から徒歩1分
  • 電話番号
    050-5267-5830
  • 相談料
    初回30分無料
  • 着手金
    20万円~
  • 成功報酬
    10万円~

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

050-5267-5830

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 10:00〜18:00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 神奈川

ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)について

突然のトラブルで困っている人を助けたい

刑事弁護に注力して取り組んできた弁護士

横浜市のJR関内駅から徒歩1分の場所にある、ふくち法律事務所に所属する弁護士の桑原大河です。私は突然のトラブルで困った人を助けたい。そんな思いで弁護士を志しました。

トラブルは、ある日突然起こるものです。なにか問題が生じたときに、どのように対処すればいいのかわからず、途方にくれる人は多いのではないでしょうか。家族や知人が警察官に連れていかれた…、突然逮捕された…という状況もまさにそうでしょう。

これまで、色々な類型の刑事事件を担当しており、刑事弁護はより注力して取り組んできた分野です。逮捕時にはスピードを最優先に、すぐに被疑者のもとに駆けつけます。もしもこうした事態に直面したら、決して慌てず、できるだけ早くご連絡ください。

早期の身柄解放に向けて尽力

スピードを最優先に、即座に接見に駆け付ける

電話などで連絡をいただければ、ただちに接見(面会)に出向き、事件の詳細やご自身の思いや考えなどを丁寧にお聴きしていきます。当然、逮捕で動揺しておられると思いますから、今後の見通しなどをできるかぎり明確にお伝えし、不安を取り除けるよう留意。ご家族との橋渡しも含め、親身に寄り添う気持ちで細かくサポートいたします。

勾留の取り消しを求めるための準抗告も

逮捕されてしまうと警察の留置場に留め置かれ、勾留という措置がとられることになります。勾留されてしまうと、10日間(延長を含めれば最大20日間)にわたって身柄を拘束されることになり、生活の自由を奪われてしまいます。また捜査機関から厳しい取り調べも続き、精神的にも大きな負担がかかります。

その際には、勾留の満期を待たずして、いちはやく釈放を実現していくことが大切です。とにかくスピードを重視して対応し、早期の身柄解放に尽力。勾留の取り消しを求めるための準抗告や、勾留期間中もできるだけ接見に通い、事件の詳細を把握し、示談の可能性などを探りながらできるだけ早い釈放を求めていきます。

示談交渉にも確かな経験と実績

早急に被害弁償を行い、示談交渉に移ることが重要

早期の身柄解放をはかるには、特に窃盗などの財産犯では、できるだけ早急に被害弁償を行い、示談にもちこむことが大事です。また、暴行や傷害、性犯罪などの身体犯も同様で、被害者の心情や状況を汲み取りながら、可能なかぎり早く示談交渉に取り組んでいきます。

示談が成立しそうな見込みであれば、それを裁判所に主張して状況を汲み取ってもらうことで、成立を待たずとも釈放につながる場合もあります。私は被害者のある難しい事件においても、示談成立の実績がありますのでご相談ください。

勾留阻止が叶えば、受けるダメージは最小限に

また、確かな身元引受人をつけ、逃亡や罪証隠滅の怖れがないことを示して、勾留の不当性を主張することも重要です。こうした措置や対応をいかに迅速に行っていけるかが刑事弁護の初動の分かれ目といえます。

逮捕後の初動いかんによっては、そもそも「勾留をさせない」という、勾留阻止を目指す活動も可能です。逮捕から勾留可否を判断される72時間のあいだに要件をそろえて釈放できれば、身柄の拘束は2日程度で済みます。

勤め先など周囲に知られるのを最大限に防ぐことができる点でも、ご自身にとってのメリットは非常に大きいといえます。初動のフットワークとスピード感を重視して、勾留阻止や1日も早い釈放に向けて尽力してまいります。

不起訴の獲得を目指して全力を尽くす

起訴されてしまうと、「有罪率」は99.9%

逮捕後のこうした取り組みを経て、目指すのは不起訴の獲得です。不起訴になれば前科はつかず、もちろんその先、身柄を拘束されることもありません。起訴されてしまうと、日本の刑事事件における有罪率は99.9%という統計もあります。不起訴を勝ち取ることは、被疑者やそのご家族にとって、非常に重要な意味をもつものなのです。

起訴が決定されるまでの間に、証拠の収集や接見、被害者との示談交渉、検察官との折衝などを進めることで、起訴の回避を求めます。

刑事弁護への熱意と、情報のアップデートが大事

そのほか、不起訴を獲得するための大事な要件に、刑事弁護への熱量といったものが挙げられると私は思います。初動のスピード感や接見に足を運ぶ頻度、また裁判所や検察官に対していかに粘り強く交渉していくかなど、「あきらめない」という熱意が欠かせないのです。

また刑事裁判においては、裁判所の考え方や実務について、最新の情報をどんどんアップデートしていかなければ、十分な成果が得られないとも感じています。それだけ、刑事裁判に関する傾向やトレンドは時流とともに変化しているのです。その点私は、最新の情報を日々キャッチしながら、依頼者の方に最良の刑事弁護を提供できるよう努めています。

起訴後は保釈と無罪・執行猶予・減刑の獲得を目指す

1日も早い身柄の解放に努めることは変わらない

もしも起訴されてしまった場合でも、執行猶予や罪の軽減、刑期の短縮を主張し、最後まで一緒に戦っていくことは言うまでもありません。そして起訴後も、早期の保釈に向けて活動を続けていきます。保釈金の用意のほか、拘束の必要がないことを裁判所に十分に示し、1日も早い身柄の解放に努めていきますのでご相談ください。

最大限有利な判決の獲得に尽力

もちろん身柄解放のみでなく、最終的な判決をできるだけ負担のないものにすることも弁護士の仕事です。いわゆる「テンプレ」的な弁護ではなく、依頼者の性質や事案に応じて、多角的に検討を行い、無罪や執行猶予、求刑からの減刑を得るために全力を尽くしていきます。

桑原大河弁護士(ふくち法律事務所)からのアドバイス

逮捕に直面したら、慌てず弁護士を頼ることが大事

刑事事件は、弁護士の初動の対応次第で、ご自身のその後の人生を大きく左右することになります。私はこれまでに難しい刑事弁護の案件を数多く担当してきました。もちろん、早期の身柄解放を実現した事件も有しています。

ご家族やご友人などの大切な方が、警察からの事情聴取や、逮捕という状況に直面されたときは、慌てず弁護士を頼ることがとても大事です。土日祝日でも緊急の相談にお応えしていますので、いつでも遠慮なくご連絡いただければ幸いです。

所属弁護士

桑原 大河

登録番号 No.59503
所属弁護士会 神奈川県弁護士会

料金体系

(1)相談料

 初回30分無料、以下30分毎に5000円

(2)被疑者段階(逮捕勾留直後)

着手金
通常事件(否認・重大事件以外) 30万円
否認事件・重大事件 40万円~50万円
報酬金
①通常事件
不起訴(前科つかず釈放) 30万円
略式請求(罰金を支払い、釈放) 20万円
準抗告等身柄解放 20万円

②否認事件・重大事件
不起訴(前科つかず釈放) 50万円
略式請求(罰金を支払い、釈放) 20万円
準抗告等身柄解放 20万円

※被疑者段階でご依頼頂き、起訴された場合には、着手金のみが発生し、上記の報酬金は発生しません。(被告人段階の報酬金は結果により発生します)
※執行猶予と減刑のいずれもがあった場合、どちらか高い方のみ報酬発生

(3)被告人段階(起訴後)

着手金
通常事件 20万円
否認事件・重大事件 40万円~50万円
報酬金
①通常事件
無罪 50万円
執行猶予獲得 40万円
減刑(求刑を下回る場合) 30万円
保釈時 10万円
②否認事件・重大事件
無罪 100万円
執行猶予 70万円
減刑 40万円
保釈 20万円

 ※その他実費(交通費・印刷代等)は別途請求させて頂きます。
 ※事案により弁護活動の方法・量・得られる結果の確度等異なるため、以上はあくまでも目安です。

アクセス

神奈川県横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル6階

事務所概要

事務所名 ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)
代表者 桑原 大河
住所 〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル6階
電話番号 050-5267-5830
受付時間 平日 10:00〜18:00
定休日 土日祝日
備考

ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)

ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)

スマホ・携帯からも通話可能
050-5267-5830

受付時間

平日 10:00〜18:00

住所

〒231-0016 神奈川県横浜市中区真砂町4-43 木下商事ビル6階

ふくち法律事務所(桑原大河弁護士)