家族の逮捕や、自分が捜査対象となったときは直ちに連絡を!

貞永法律事務所

  • 相談料
    30分5,500円
  • 土日
    対応
    -
  • 夜間
    対応
    -
  • 対応
    エリア
    大分、福岡

050-5385-5021

ただ今のお時間[14時53分]お電話がつながります!

平日 9:00~18: 00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

貞永法律事務所

  • 貞永法律事務所サムネイル0
  • 貞永法律事務所サムネイル1
  • 貞永法律事務所サムネイル2
  • 代表者
    貞永 憲佑
  • 住所
    〒879-0471 大分県宇佐市四日市1367-3 あけぼのビル1階
  • 最寄駅
    豊前善光寺駅からタクシーで8分
    柳ヶ浦駅からタクシーで12分
    中津駅からタクシーで30分

    あけぼの学習センター様の1階​親玉本舗の隣です
  • 電話番号
    050-5385-5021
  • 相談料
    30分5,500円
  • 着手金
    33万円より
  • 成功報酬
    22万円より

▼ 弁護士費用の詳細はこちら

050-5385-5021

ただ今のお時間[14時53分]お電話がつながります!

平日 9:00~18: 00

メール相談フォーム

メール相談:【24時間365日受付】インターネットから直接相談!

※刑事事件の性質上、対応できないエリアがございます。

取扱い可能な事案

  • 性犯罪
    痴漢・盗撮・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    万引・空き巣
  • 暴行罪
    暴行脅迫・強盗致傷
  • 恐喝罪
    脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

対応可能エリア

  • 大分、福岡

貞永法律事務所について

スピード感を重視して事件に即応

早期の釈放と不起訴、執行猶予の獲得を目指す

大分県宇佐市の「貞永法律事務所」の代表弁護士・貞永憲佑です。私は大学卒業後、自動車会社のサラリーマンとして働いた後に弁護士になりました。また、資格試験の予備校や大学などでの講師経験もあるため、依頼者と同じ目線で分かりやすい説明をすることに長けています。直面する不安が少しでも解消されるよう、丁寧な説明と対応に努めてまいります。

これまで当職は、薬物事件、痴漢や盗撮、性犯罪や窃盗、住居侵入、暴行傷害などの刑事弁護に確かな経験を有してきました。こうした事件に即応し、早期の釈放を目指す事件や在宅事件での弁護を受任。不起訴や執行猶予の獲得を実現していく活動に実績があります。

ご家族が逮捕されたり、ご自身が在宅捜査の対象になるようなときは、至急連絡をいただき、しかるべき対応を速やかに行うことが重要です。いつでも遠慮なく当事務所までご相談ください。

逮捕後の初動対応がカギを握る

まずは可能なかぎり、即日の接見に出向く

逮捕直後は家族でも自由に面会することはできず、それが可能なのは弁護士だけです。当事務所では連絡を受けたあと、可能なかぎり即日の接見に出向き、被疑者となった方と面会。ご家族との橋渡しはもちろん、今後の手続きの流れや見通しなどをできる限り細かくご案内し、不安の払拭に努めていきます。

勾留を回避し、早期の釈放で「自由」を確保

逮捕されると、その後72時間以内に勾留されるかどうかが決まり、勾留されると最大で逮捕から23日間にわたって身柄が拘束されることになります。勾留され身体拘束を受けている状態での身体的・精神的な負担は相当なもの。その間に会社を解雇されたり、社会的信用が失墜したりすることもあります。

逆に、勾留されずに釈放となり自由が確保されれば、会社に行くこともできますし、外出も含めて通常の生活を送ることが可能になります。逮捕されたことを周囲に知られることなく、それまで通りの日常を過ごすことができるのです。

このことの意味は非常に大きく、結果的に会社に知られず、社会的な立場を守ることにもつながります。つまり、勾留を避けて早期の身柄解放を得ることは、とても重要な意味をもつわけです。

状況に即した迅速な対応で早期の身柄解放を実現

それを可能にするのが、弁護士による、逮捕直後からのスピーディーな初動対応です。身元引受人を素早く確保することや、検察官や裁判官への意見書の提出、速やかな示談交渉などの対応によって、勾留されない状況を作り上げます。杓子定規なやり方でなく、その方の置かれた状況を正確に把握し、それに見合った主張や立証を行うことが、早期の身柄解放につながります。

刑事事件は刻々と手続きが進んでしまうため、身体拘束の長期化を阻止したり、裁判で不利にならないように準備したりする活動はとにかくスピードが命です。家族や知人が逮捕されたら、直ちに当事務所にご相談ください。

「在宅事件」でのご本人からの依頼にも即時対応

不起訴に持ち込むために、弁護士のサポートが必要

また、被疑者が逮捕されずに取り調べの時のみ警察・検察に呼び出されるような場合や、逮捕されたものの身柄を拘束されることなく、自宅にいる状態のまま捜査される事件を「在宅事件」といいます。

在宅事件になれば、被疑者は基本的にそれまで通りの生活を送りつつ、警察や検察から呼び出しがあった際に、取り調べを受けることになります。もちろん、逮捕されていないからといって、そのまま無罪放免となるわけではなく、捜査の結果、起訴されて有罪となれば前科がつくことになります。

在宅事件になったとしても、逃亡や証拠隠滅のおそれが生じたとみなされると、その時点で逮捕され身柄事件に切り替わる可能性もあります。こうしたリスクを回避し、不起訴に持ち込むためには弁護士のサポートが必要なのです。当事務所では、こうした在宅事件における、ご自身からの弁護依頼にも即座にお応えしています。

起訴されれば有罪率は99%…

不起訴を目指す活動が弁護士の大事な役割

刑事事件には、起訴されたあとに有罪になる確率が99%という統計があります。つまり、起訴されてしまうと、そのほとんどが有罪になるということ。言い換えれば、起訴されないための活動も弁護士にとっての重要な役割ということができます。

また、不起訴になれば前科がつきませんから、この先の人生を考えても、不起訴の獲得は大きな意味を持ちます。そして、実際に罪を犯してしまっていた場合でも、被害者へ賠償をして示談が成立していたり、その後の生活を監督したりする人がいるなどの事情があると、検察官が不起訴とする場合があります。

大事な意味をもつ、被害者への「示談交渉」

当事務所では不起訴を得るために、考えられるあらゆる活動を惜しみなく行っていくことにこだわっています。被害者との示談交渉や、検察官への働きかけなどを真摯に実行。特に示談成立によって被害届の取り下げが成されれば、不起訴を得るための強い要素になります。当事務所では誠意を尽くして被害者との示談交渉に取り組んでまいります。

覚せい剤などの薬物事件にも対応

ダルクの紹介など社会復帰に向けた活動支援も

覚せい剤などの薬物事件も、これまで当職は経験を有しています。薬物事件はほぼ起訴になる可能性が高い事件類型で、再犯防止に向けた活動を行うのが弁護士としての主な役割となります。初犯の場合には執行猶予を獲得できるケースが多いですが、再犯となるとそうはいかず、実刑を回避するための活動が求められることになります。

また薬物事件の場合、ダルクなどの更生施設を紹介し、ご自身の社会復帰に向けた活動を支援することも大事です。単に刑の軽減だけでなく、こうしたサポートまで幅広く提供していきますのでご相談いただければ幸いです。

起訴された後は直ちに保釈申請を

公判弁護では少しでも有利な判決を得るために尽力

起訴されてしまったら、直ちに保釈手続きを取ることが欠かせません。起訴が予想される案件では事前に保釈申請の手続きを進めておいて、起訴当日にすぐさま保釈申請できるよう準備しておくことが重要です。

身元引受人を用意して逃亡のおそれがないことを示すとともに、保釈金の用意も必要です。保釈金の用意には申請や許可に時間がかかることもありますから、迅速な手続きが必要といえます。こうした相談についても、確かな経験を持つ当事務所の弁護士にお任せください。

そして、公判弁護の進め方によって、執行猶予や罰金刑となり、実刑を免れることがあります。被告人の主張を代弁し、少しでも有利な判決を得るべく活動していきます。

貞永法律事務所からのメッセージ

失敗しても人生をやり直すお手伝いをしていきたい

人間というのは失敗する生き物です。だからこそ、やり直しの効く社会であることがとても大事です。当職は、失敗したことで自分の人生が社会から全否定されるのではなく、罪としっかりと向き合った上で十分にやり直していける、生き直していけるお手伝いをしていきたいと考えています。

そのためにも、もしも逮捕される状況になれば、迷うことなく弁護士にご連絡ください。そして家族を想う気持ちをお話しいただければ幸いです。そこにきちんと寄り添いながら、最後まで親身に粘り強くサポートしてまいります。

そのためにも、逮捕された場合、または逮捕されずとも捜査の対象となったときは、迷うことなく弁護士にご連絡ください。ご家族やご自身の想いにきちんと寄り添いながら、最後まで親身に粘り強くサポートしてまいります。

所属弁護士

貞永 憲佑(さだなが けんすけ)

登録番号 No.49082
所属弁護士会 大分県弁護士会

料金体系

項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円
着手金 罪を認めている事案 33万円より
罪を認めていない事案 55万円より
報酬金 22万円より

※料金はすべて税込み価格です。

アクセス

大分県宇佐市四日市1367-3 あけぼのビル1階

事務所概要

事務所名 貞永法律事務所
代表者 貞永 憲佑
住所 〒879-0471 大分県宇佐市四日市1367-3 あけぼのビル1階
電話番号 050-5385-5021
受付時間 平日 9:00~18: 00
定休日 土日祝
備考

貞永法律事務所

貞永法律事務所

スマホ・携帯からも通話可能
050-5385-5021

受付時間

平日 9:00~18: 00

只今受付時間中です。
お気軽にお電話ください。

住所

〒879-0471 大分県宇佐市四日市1367-3 あけぼのビル1階

貞永法律事務所