留置場にいる逮捕された家族や友人・知人と面会(接見)する方法

面会

逮捕された家族に面会(接見)する方法

逮捕された被疑者は警察署留置場にいる!

家族や友人・知人が逮捕された場合、まず出来る事は被疑者本人に会いに行くこと

後姿逮捕されたばかりの被疑者がどこに居るかといえば、ほとんどの場合は警察署の留置場にいます。

被疑者を逮捕したのが検察だったりすると、拘置所にいるケースもありますが、検察が事件を捜査して被疑者を逮捕するような事件というのは、政治家絡みの贈収賄とかいった特殊な事件に限られています。

普通は逮捕された被疑者が、身柄を拘束されている場所は警察署内の留置場だと思って間違いありません。

どの警察署の留置場にいるかはどうやって知る?

ただ被疑者がどこの警察署の留置場にいるかは、ハッキリしない場合があります。基本的には事件が発生した地域の警察署にはなります。

逮捕された家族に面会(接見)できる警察署は?

基本的に被疑者の身柄は、事件を担当している所轄警察署の留置場

事件が発生した地域の警察署になりますが、被疑者が女性で警察署に女性を受け入れられる留置場がなかった場合は、別の警察署で留置されることになります。また事件に共犯者がいた場合、口裏あわせを防ぐために、別々の警察署で留置されることになることもあります。

もっとも家族であれば、裁判所や被疑者が留置されている警察署から連絡が入りますので、どこの警察署に留置されているかは、いちいち調べなくても判るでしょう。

面会に行くときには、事前に警察署へ連絡を入れよう

司法業界では面会のことを「接見」と言っています。被疑者に接見しに行く場合、基本的にはアポなしでも構わないのですが、せっかく接見に行っても会えない場合があります。

接見できない場合

  1. 警察署が設定している面会時間外に行ってしまった場合
  2. 被疑者に「接見禁止」処置が下されている場合
  3. 本人が捜査の都合で外出している場合

以上のケースでは被疑者に接見に行って会えません。

まず忘れてはいけないのは、警察は役所であるということです。犯罪に対しては24時間365日、市民を守ってくれるのが警察ですが、それ以外のサービスは、完全にお役所仕事になります。

接見できるのは平日の昼間のみ

身柄を拘束している被疑者に、一般人が接見できるのは平日の昼間(ランチタイム除く)だけです。「昼間」というアバウト時間なのは、警察署によって接見の開始時間や終了時間に幅があるからで、確実に被疑者に会いたいのであれば、事前に警察署へ電話して、接見予約をとった方がいいでしょう。

また接見予約で警察に連絡した時点で判明するとは思いますが、被疑者に「接見禁止」処置が下されていた場合は、警察署の接見可能時間内であっても接見は出来ません。

接見禁止は読んで字の如く、一般人との接見が一切禁止される処分

事件に関して被疑者が外部と連絡をとって、証拠隠滅を図るおそれがある場合に取られる処置…とされていますが、実際の現場では事件の内容に関係なく、被疑者が容疑を否認している場合、嫌がらせと精神的に被疑者を追い込むため、安易に接見禁止処置が下されています。

接見禁止になっていると、被疑者本人に会えないのはもちろんのこと、手紙や本(雑誌含む)の差入れも出来ません。差入れ可能なのは、衣服と現金くらいになりますので、こちらも事前に警察署に確認をしましょう。

そして折角接見に行っても、被疑者本人が検察や裁判所へ呼び出されていたり、「引き当たり」と呼ばれる現場検証で、外へ連れ出されていた場合も接見は出来ません。

これも事前に警察へ電話をして接見予約をすれば、当日接見可能かどうかは教えてくれます。

日本の刑事事件

起訴されると有罪率99.9%!
今すぐ弁護士へ相談を

もし、ご家族やご友人、恋人など
大切な方が逮捕されたら…

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。

刑事事件に強い弁護士を探す

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

関連記事

よく読まれている記事

新着記事

前科や逮捕を防ぐ

被疑者の人生を
守れるのは弁護士だけ