家族や友人・知人が逮捕されたときの心得とは?まずは弁護士に相談を

逮捕

現代は真面目に暮らしていても、逮捕される危険は潜んでいる!

逮捕されたらどうしたらいい?

普段真面目に社会生活を送っている人にとっては、無用な問いかもしれません。しかし交通事故やケンカの弾みであったり、電車やバスの車内で痴漢に間違われなど、現代社会は誰でもある日突然、警察に逮捕されてしまう危険が潜んでいるかもしれません。

逮捕されてしまったのが自分自身だった場合、留置場内でインターネット等で情報を探すことなど出来ません。ですから、この章では自分の家族や友人・知人が逮捕されてしまった場合、まず何ができるかを紹介します。

家族が逮捕されてしまったらどうする?

逮捕の手続きは刑事訴訟によって進められる!

「慌てない」「心配しすぎない」

家族や友人・知人の逮捕をどんなタイミングで知るかということで、多少するべき事は変わってきますが、まず何よりも大事なのは、無意味に慌てたり過剰に心配しないことです。

日本は立憲主義国家ですので、事件が起きたあとの刑事手続きも、定められた法律に則って粛々と行われます。捕まえた方の気分で、裁判もなしに死刑が執行される事はありませんし、死ぬほどの肉体的な拷問によって自白を強要されたりもしません。

まずは冷静に、落ち着きましょう

逮捕されただけで、家族や友人・知人が死ぬようなことはあり得ませんので、とりあえずはまず落ち着きましょう。

とはいえ警察も、そして検察や裁判所といった、いわゆる司法という世界は、きわめて法律に忠実です。

刑事手続きは主に「刑事訴訟法(通称:刑訴法)」という法律に沿って行われる

この刑訴法に定められたルールを、個人の裁量で無視することはありません。つまり裏金を積んだり、コネを使って頼み込んでも早く釈放されたり、罪を軽くしたりすることはできません。

そのかわり刑訴法のルールの中であれば、勾留満期前でも釈放される方法はありますし、執行猶予や無罪を勝ち取ることも不可能ではありません。そのためには、刑訴法の手続きを熟知しておく必要がありますが、いざ家族や友人・知人が逮捕されてから、慌てて刑訴法の勉強を始めても間に合わないでしょう。

特に逮捕から勾留にかけての期間に出来る事はたくさんあり、この時期は時間との勝負になります。

家族が逮捕されたら、すぐに弁護士を手配し、面会に行こう

接見

自分の家族や友人・知人が逮捕されてしまった場合、どんな容疑で逮捕されたかにもよりますが、いきなり有罪とされることはありません。

もちろん、いずれは犯した罪相応の刑罰が下るかもしれない事は覚悟してするべきですが、逮捕された時点では、まだ推定無罪だということも理解しましょう。”逮捕=有罪”ではないということが頭に入っているだけでも、冷静になれるポイントかもしれません。。

逮捕されたら、少しでも早く弁護士に相談

逮捕されたのが自分自身の家族だとしたら、まず一番にすることは弁護士への相談です。弁護士の探し方は別の章で詳しく説明しますが、知り合いに弁護士がいる場合はすぐに連絡しましょう。知り合いに弁護士がいない場合には、当サイトを利用して刑事事件に強い弁護士を探すことをおすすめします。

また逮捕されたのが友人や知人であれば、弁護士の手配まで出過ぎた真似になる可能性があります。とりあえずは留置場に身柄を拘束されているはずの本人に面会へ行きましょう。

日本の刑事事件

起訴されると有罪率99.9%!
今すぐ弁護士へ相談を

もし、ご家族やご友人、恋人など
大切な方が逮捕されたら…

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。

刑事事件に強い弁護士を探す

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

関連記事

よく読まれている記事

新着記事

前科や逮捕を防ぐ

被疑者の人生を
守れるのは弁護士だけ