京都府の刑事事件を相談できる弁護士事務所

京都府で刑事事件に強い弁護士

  • 電話受付中 早期の身体拘束からの解放に全力! 経験豊富な刑事弁護人に一刻も早く相談を!

    弁護士法人京阪藤和法律事務所京都事務所(中島宏樹弁護士)
    お電話での受付窓口 0066-9687-7359
    受付時間 平日9:30~18:00

    弁護士法人京阪藤和法律事務所京都事務所(中島宏樹弁護士)

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 フットワーク軽く、スピーディーな 初動で依頼者を助けます!

    桜月法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7667
    受付時間 平日9:00~18:00

    桜月法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 刑事に特化した法律事務所だからできる、 集中した弁護を展開!

    弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7324
    受付時間 毎日 0:00〜24:00

    弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 迅速に接見に出向きあらゆる事件にフットワーク軽く対応!

    幾波法律事務所(久松大輔弁護士)
    お電話での受付窓口 0066-9687-7743
    受付時間 平日 10:00〜21:00

    幾波法律事務所(久松大輔弁護士)

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 密な面会と打ちあわせで、 被疑者と家族の不安をやわらげます

    堀法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7624
    受付時間 平日・土日 9:30〜18:00

    堀法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 あらゆる事件に即応! 企業不祥事や公職者の刑事弁護も得意

    はりま中央法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7062
    受付時間 平日 9:00〜18:00

    はりま中央法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付時間外 細かな気配りとスピーディーな対応で 刑事事件に確かな実績

    赤とんぼ法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7587
    受付時間 平日 9:30〜17:30

    赤とんぼ法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 刑事弁護に精通!ご不安を解消し、 迅速な対応で依頼人を助けます!

    明石本町法律事務所(湖山達哉弁護士)
    お電話での受付窓口 0066-9687-7318
    受付時間 平日9:00~12:00、13:00~18:00

    明石本町法律事務所(湖山達哉弁護士)

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 24時間いつでもお電話受付!刑事事件専門弁護士が迅速対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7677
    受付時間 平日9:30~20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付

ご相談の都道府県が異なる方はこちら

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
北海道
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
北陸・甲信越
新潟
山梨
長野
石川
富山
福井
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
関西
大阪
京都
奈良
兵庫
滋賀
和歌山
中国・四国
広島
岡山
山口
鳥取
島根
香川
徳島
愛媛
高知
九州
福岡
熊本
大分
宮崎
佐賀
長崎
鹿児島
沖縄

京都府の刑事事件の発生件数

京都府の刑事事件の発生件数は全国で11位

京都府の刑事事件の平成26年の発生件数は28,671件で、全国では11位です。関西地方でもっとも多いのは大阪府、次いで兵庫県、そして京都府と続きます。京都府内の犯罪件数は平成17年は57,586件もありました。その後、年々減少していき、平成21年には44,538件にまで減っています。これは平成17年から約1000件以上減ったことになります。そして平成23年には37,810件にまで減少し、平成26年にはついに3万件を切るところまで減少しました。発生件数が3万件を下回るのは39年ぶりということです。

近年の傾向

京都府内では多くの刑事事件が減少傾向にあります。ただ、強姦や強制わいせつ、公然わいせつといった性犯罪は毎年300件前後発生していて、横ばいが続いています。自転車盗は前年比2.6%の増加、居空きは2.1%の増加、公然わいせつは26.8%も増えています。一方で車上ねらいは前年比マイナス33.4%、部品ねらいはマイナス38.6%、自動車盗はマイナス35.5%と大幅に減少しています。 また、特殊詐欺が多発していることから、京都府警では特殊詐欺警報を出して、府民に注意を呼びかけています。

京都府内の地区別発生状況

京都府内でも特に人が多く集まる京都市内の刑事事件の発生状況を見てみましょう。JR京都駅周辺や清水寺周辺、祇園四条駅周辺など観光地で車上ねらいが多発しています。また、ひったくりは二条城周辺や西大路通りなどで発生しています。 京都市内は自動車での移動よりもオートバイや自転車での移動の方が便利ということもあり、自転車盗やオートバイ盗にも注意が必要です。

特殊詐欺の増加

京都府は他府県と同様に特殊詐欺が多発しています。1ヶ月の発生件数は約290件で、被害額や約12億円にものぼります。しかも前年より発生件数も被害額も増えています。年々手口が巧妙になっているため、京都府警では犯罪防止に力を入れています。 また、京都府警では早くからサイバー犯罪の対策に取り組んできました。個人のパソコンだけでなく企業の被害に対しても積極的に取り組みを進めています。

刑事事件の検挙状況

刑事事件の検挙率は増加

京都府では犯罪件数、検挙者数ともに減少していますが、検挙率の推移を見てみると平成15年からほぼ横ばいでした。しかし、平成25年に少し落ち込んだものの平成26年はまた上昇しています。凶悪犯の検挙者数は平成26年は殺人は29人、強盗は45人、放火は18人、強姦は17人でした。また、粗暴犯について見てみると、暴行は383人、生涯は490人、脅迫は62人、恐喝は63人となっています。一方、窃盗犯は年間で4,669人が検挙されています。窃盗犯の中でもっとも多い手口は空き巣で平成26年は231人が検挙されています。また、忍込みや居空きも29人が検挙されています。乗り物盗の中では自動車盗と自転車盗の検挙者数が前年より増加しました。神社仏閣が多い京都ならではの犯罪として「さい銭ねらい」があります。これは平成21年に新設され、年間10人~20人が検挙されています。 一方、多発している特殊詐欺については詐欺の検挙者数は316人、横領は34人、偽造は32人となっています。 ただ、場合によっては悪意がなく行った行為が犯罪とみなされ被疑者扱いされるケースがあります。もし、そのようなケースに遭遇した場合は、少しでも早くに弁護士に相談してください。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP