早期釈放・不起訴・減刑
が得意な弁護士事務所一覧

12 件を表示(全 2 件)

痴漢・盗撮のほか、あらゆる事件に即応! 早期釈放と不起訴に尽力

弁護士法人あい湖法律事務所

住所
滋賀県大津市 京町3丁目3-1 A&M・OTSUビル2階
最寄り
JR大津駅徒歩3分 京阪浜大津徒歩10分 大津ICから車で5分

電話受付中

  • 相談料
    電話相談無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    大津市

弁護士法人あい湖法律事務所

050-5267-5416

ただ今のお時間[17時06分]お電話がつながります!

毎日9:00~20:00

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

全国32拠点で180名以上の弁護士が365日対応 【元検事の弁護士が所属】

べリーベスト法律事務所

住所
〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
最寄り
全国32拠点 ■東京 東京メトロ南北線 [六本木一丁目]2番出口より徒歩3分

電話受付中

  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    全国対応

べリーベスト法律事務所

050-5267-5462

ただ今のお時間[17時06分]お電話がつながります!

平日9:30〜21:00  土日9:30〜18:00

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂
    • 1

都道府県から弁護士を探す

まずはお住まいの都道府県を選択

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

滋賀県の刑事事件の発生件数

滋賀県の刑事事件の発生は12,435件

滋賀県の平成26年の刑事事件の発生件数は12,435件で、全国では24位、関西地方では大阪府、兵庫県、京都府の次に多い数字になっています。 過去30年の発生状況を見てみると、ピークは平成14年で32,183件も発生しています。これは平成26年の2倍以上の数でした。ちなみに30年前の昭和60年の発生件数は14,653件です。その後、途中で若干の増減はあるもののピーク時の平成14年まで上昇しています。平成8年には初めて2万件を超えました。ただ、平成15年から少しずつ減少しています。平成20年からは15,000件台にまで減少し、その後数年はその水準でしたが、平成26年にようやく15,000件を下回りました。

滋賀県の犯罪の傾向

滋賀県警では罪種別の発生件数を平成14年と平成26年で比較しています。総数では上記にも書いたとおり、平成14年は32,183件もありましたが、平成26年は約61%も少ない12,435件になっています。凶悪犯の総数では90件が45件に半減しました。中でも強盗は51件が18件になり、これは64.7%の減少です。粗暴犯は695件が525件に減少。特に減少率が高いのは恐喝の89.4%です。また、窃盗犯は平成14年に比べると約76%も少なくなっています。 一方、暴行は64.3%と大きく増加しています。特殊詐欺の減少率がマイナス8.4%とあまり減っていないのが気になるところです。

特殊詐欺の増加

滋賀県では他府県同様に特殊詐欺が多発しています。全国の他府県と比べると、特殊詐欺の発生件数は33位と決して高いわけではありません。しかし、特殊詐欺多発注意報を発令中にもかかわらず2件の被害が出ました。そこで県下に特殊詐欺多発注意報の発令を延長して注意を呼びかけています。

滋賀県の市区町村別の犯罪

滋賀県内の市区町村別の犯罪発件数がもっとも多いのは大津市で、1,939件です。2位は草津市、3位は彦根市、4位は長浜市、5位は東近江市と人口が多い地域に集中しています。 また、犯罪率がもっとも高いのは草津市、2位は彦根市、3位は豊郷町、4位は竜王町、5位は栗東市になっています。特に豊郷町は前年より犯罪件数が48.8%も増加しています。同様に竜王町も前年比39.7%の増加、米原市は12.7%増加しています。逆に犯罪件数が多い大津市では、犯罪件数は前年より164件、7.8%減少しています。草津市も4.9%減少、長浜市は14.2%も減っています。

刑事事件の検挙状況

滋賀県の検挙率は近年は横ばい

滋賀県の検挙率は、平成14年は19.4%でした。その後、平成15年には29.5%にまで向上、平成17年は43.5%にまで増えていきました。しかし、その後は30%~40%の間を推移しています。 なお、滋賀県で発生した風俗犯の人口100万人あたりの発生件数は全国3位と高くなっています。また、女性への暴行の数が多いという傾向があります。こういった犯罪は、一方は「相手が同意していた」と思っていても、相手側は「同意していない」と意見が食い違うケースがあります。その結果、不本意ながら被疑者として訴えられる場合があります。もし、納得がいかない場合は、ひとりで対抗せずに弁護士に相談してみましょう。正しい法律の知識で解決に導いてくれます。それにこういった問題は時間が経過すると、どんどん解決が難しくなります。なるべく早くに相談されることをおすすめします。

刑事事件に強い弁護士
全国32拠点で180名以上の弁護士が365日対応 【元検事の弁護士が所属】