奈良県の刑事事件を相談できる弁護士事務所

奈良県で刑事事件に強い弁護士

  • 電話受付中 刑事に特化した法律事務所だからできる、 集中した弁護を展開!

    弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7324
    受付時間 毎日 0:00〜24:00

    弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付時間外 迅速に接見に出向きあらゆる事件にフットワーク軽く対応!

    幾波法律事務所(久松大輔弁護士)
    お電話での受付窓口 0066-9687-7743
    受付時間 平日 10:00〜21:00

    幾波法律事務所(久松大輔弁護士)

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付時間外 迅速かつ親身に対応! 再犯防止策も含めて徹底サポートします

    上本町総合法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7344
    受付時間 毎日 9:30〜22:00

    上本町総合法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付時間外 24時間いつでもお電話受付!刑事事件専門弁護士が迅速対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7677
    受付時間 平日9:30~20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付

ご相談の都道府県が異なる方はこちら

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
北海道
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
北陸・甲信越
新潟
山梨
長野
石川
富山
福井
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
関西
大阪
京都
奈良
兵庫
滋賀
和歌山
中国・四国
広島
岡山
山口
鳥取
島根
香川
徳島
愛媛
高知
九州
福岡
熊本
大分
宮崎
佐賀
長崎
鹿児島
沖縄

奈良県の刑事事件の発生件数

奈良県の刑事事件の発生は11,140件

奈良県の平成26年の刑事事件の発生件数は11,140件で全国では25番目、関西地方では和歌山県の次に少ない数字になっています。関西地方でもっとも犯罪の件数が多いのは大阪府で、148,257件も発生しています。これは奈良県の約13倍です。殺人や強盗、放火などの重要犯罪の発生件数は、奈良県は139件発生しています。関西地方でもっとも多いのは大阪府の2,173件で奈良県の約15倍も発生しています。関西地方で重要犯罪が多いのは、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県となっています。

奈良県の犯罪の傾向

人口に対しての犯罪の発生率を全国的に見てみましょう。人口100万人あたりの殺人の発生件数は、奈良県は10.71件で全国で9位になっています。また、人口10万人あたりの知能犯は32.7件で、全国で11位と高い位置に入っています。少年1万人あたりの窃盗犯の検挙者数は77.64人で、全国で10位とこれも高くなっています。 一方、低いのは放火と粗暴犯です。放火は人口100万人あたりの発生件数は2.86件で全国46位と低くなっています。また、粗暴犯は人口10万人あたり28.77件で、全国37位になっています。

少年犯罪の増加

全国の中でも奈良県は少年犯罪が多いという特徴があります。しかし、県内の近年の発生件数をみてみると、平成22年の刑法犯少年は890人ですが、平成26年には583人にまで減っています。特別法犯少年(覚せい剤や大麻取り締まり法、銃刀法違反など)の数と合わせると、平成26年は22年の67%にまで減少しています。 少年犯罪で多いのは高校生で、全体の4割を占めています。次いで中学生が33%で、全体の約74%を中高生が占めていることがわかります。

奈良県内の市区町村別発生状況

奈良県内で人口1000人あたりの犯罪発生率を市区町村別に見てみると、もっとも多いのは川上村で14.65件でした。2位は天川村の12.57件、次いで橿原市の12.1件が続きます。4位以下は、4位が大和高田市、5位の天理市、6位の大和郡山市、7位の三宅町、8位の御所市、9位の奈良市、10位の田原本町が入っています。奈良県内で犯罪がもっとも少ないのは下北山村で1.11件でした。 奈良市は発生件数が前年よりも約400件、減少しています。また、香芝市はマイナス200件、天理市はマイナス150件など、いずれも前年よりも大きく減っています。

刑事事件の検挙状況

奈良県の検挙率は増加

奈良県の検挙率は、全犯罪では46.7%です。全国平均は30.6%なので、全国よりも高くなっています。関西地方の中でも奈良県はもっとも高くなっています。次に高いのは和歌山県の37%、そして滋賀県の34.5%が続きます。犯罪発生件数が多い大阪府の検挙率は17%とかなり低くなっています。 一方、重要犯罪の検挙率を見てみると、奈良県は60.4%で関西地方の中では大阪府の次に低い数字になっています。関西地方でもっとも検挙率が高いのは和歌山県の88%でした。2位は兵庫県の68.5%、3位は滋賀県の64.8%です。ちなみに重要窃盗犯の検挙率は54.6%、侵入盗の検挙率は約40%、車上ねらいの検挙率は50%となっています。 また、奈良県では他府県同様に特殊詐欺が多発しています。今後は特殊詐欺の被害を未然に防ぐことと、犯人の検挙が課題になるでしょう。どのような犯罪でも被害に遭った場合だけでなく、被疑者として検挙された場合でも弁護士に相談してください。力になってもらえます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP