早期釈放・不起訴・減刑
が得意な弁護士事務所一覧

1 件を表示(全 1 件)

全国33拠点で180名以上の弁護士が365日対応 【元検事の弁護士が所属】

べリーベスト法律事務所

住所
〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
最寄り
全国33拠点 ■東京 東京メトロ南北線 [六本木一丁目]2番出口より徒歩3分
  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    全国対応

べリーベスト法律事務所

050-5267-5462

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日9:30〜21:00  土日9:30〜18:00

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂
    • 1

都道府県から弁護士を探す

まずはお住まいの都道府県を選択

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

三重県の刑事事件の発生件数

三重県の刑事事件の発生件数は前年より11%減少

三重県の刑事事件の発生件数は、平成26年は17,550件で前年よりも2,176件(11%)も減少しています。発生件数は10年前の平成17年は34,457件で平成26年の2倍以上もありました。その後、平成21年に一時的に増加したものの年々減少を続け、平成26年は平成元年以降最低の発生件数となりました。なお、三重県で発生件数が戦後最多だったのは平成14年で47,000件でした。

三重県の重要犯罪の傾向

三重県では殺人や強盗、放火などの重要犯罪の発生は平成17年以降は減少と増加を繰り返しながらも次第に減少傾向になっています。殺人事件は平成17年は年間12件でしたが、平成24年には倍近くの22件に増えています。しかし、翌年には5件に、そして平成26年は7件となりました。 過去10年間で強盗の発生件数がもっとも多かったのは平成17年と平成21年で、年間55件発生しています。もっとも少なかったのは平成22年の25件でした。放火は平成17年が31件と過去10年間ではピークでしたが、その後、緩やかに減少しています。平成26年は9件とピーク時の3分の1にまで減っています。ただ、強姦はここ10年間を通して年間20件前後を推移しています。

三重県の少年犯罪の傾向

三重県内で刑法や特別法に触れる罪を犯した非行少年の数は平成17年は約1,800人でしたが、平成26年には605人にまで減っています。また、飲酒や喫煙などで補導された不良行為少年の数は平成17年は約3万1,000人もいましたが、平成26年には6,300人となり、多いときの5分の1にまで減少しました。

サイバー犯罪の増加

サイバー犯罪とはインターネットを悪用した犯罪で、不正アクセス禁止法違反や出会い系サイト規制法違反、児童ポルノ法違反などがあります。 三重県でのサイバー犯罪の総数は平成22年は69件でしたが、年々増加していき平成26年は164件で平成22年の2倍になっています。特に多いのがネットワークを使った詐欺で、平成26年は年間101件も増加しています。 一方、特殊詐欺の発生件数は平成26年は前年より4件減少していますが、被害総額は約5,270万件増えています。そこで三重県警では高齢者などに特殊詐欺への注意を呼びかけています。

刑事事件の検挙状況

三重県の検挙者数の傾向

三重県内の犯罪の検挙率を見てみると、近年は30%程度になっています。犯罪別に見てみると、凶悪犯全体では70%です。その内、殺人は100%、強盗は約83%、放火は約71%、強姦は約41%となっています。侵入犯罪は発生件数は前年より298件減少、検挙率は57.4%で前年より約9ポイント増加しています。また、空き巣や忍込み、自動車盗、ひったくりなどの街頭犯罪は発生件数は前年より約6000件減少、検挙率は約42%となっています。 なお、三重県では外国人犯罪の発生が目立っています。発生件数は減少傾向にあるものの減少率は年々低下しています。三重県は名古屋空港に近いこともあり、今後も犯罪防止への取り組みが求められています。 なお、街頭犯罪やインターネット犯罪などは不審者として見られると、被疑者扱いされるケースがあります。取調べを受けただけでも社会的信用を失くす可能性があります。もし、あらぬ疑いをかけられた場合は、すぐに弁護士に相談してみましょう。速やかな解決につながります。また、もし犯罪を犯した場合でも早くに弁護士に相談すれば裁判ではなく示談で解決できる場合があります。ひとりで悩まずに本人や周囲の人が相談されることをおすすめします。

中部の刑事事件に強い弁護士の紹介記事一覧

愛知県 愛知県で刑事事件に強い弁護士に相談
静岡県 静岡県で刑事事件に強い弁護士に相談
岐阜県 岐阜県で刑事事件に強い弁護士に相談
三重県 三重県で刑事事件に強い弁護士に相談
茨城 茨城県で刑事事件に強い弁護士に相談
新潟県 新潟県で刑事事件に強い弁護士に相談
山梨県 山梨県で刑事事件に強い弁護士に相談
長野県 長野県で刑事事件に強い弁護士に相談
石川県 石川県で刑事事件に強い弁護士に相談
富山県 富山県で刑事事件に強い弁護士に相談
福井県 福井県で刑事事件に強い弁護士に相談
刑事事件に強い弁護士
全国33拠点で180名以上の弁護士が365日対応 【元検事の弁護士が所属】