長野県の刑事事件を相談できる弁護士事務所

長野県で刑事事件に強い弁護士

  • 電話受付中 刑事事件に精通するエキスパートが 早期の身柄解放を導きます

    松井法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7823
    受付時間 平日・土日 9:00〜22:00

    松井法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 初動のフットワークが大事! 即座の接見で安心&信頼を提供

    村山準一法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7394
    受付時間 平日 9:00〜17:00

    村山準一法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 24時間いつでもお電話受付!刑事事件専門弁護士が迅速対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7677
    受付時間 平日9:30~20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付

ご相談の都道府県が異なる方はこちら

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
北海道
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
北陸・甲信越
新潟
山梨
長野
石川
富山
福井
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
関西
大阪
京都
奈良
兵庫
滋賀
和歌山
中国・四国
広島
岡山
山口
鳥取
島根
香川
徳島
愛媛
高知
九州
福岡
熊本
大分
宮崎
佐賀
長崎
鹿児島
沖縄

長野県の刑事事件の発生件数

長野県の刑事事件の発生件数は13,206件

長野県の刑事事件の平成26年の発生件数は13,206件で、全国では22位です。平成21年の発生件数は20,194件でしたが、平成22年には2万件を切り18,295件になりました。平成23年にはさらに減少して17,707件に、そして平成24年には15,463件と大きく減少しています。このように長野県では年々発生件数が減少しています。長野県警が発表しているデータによると、県内で刑事事件の発生がピークだったのは平成13年で34,764件もありました。これは戦後最多件数です。犯罪が多かったため、長野県では平成29年までに年間発生件数を1万5,000件未満にするという目標を掲げて対策に取り組んできました。その効果が早くに表れ、平成26年には目標を大幅な前倒しで達成しています。

近年の傾向

長野県の近年の犯罪の傾向として、他府県同様に特殊詐欺が多発していることがあります。また、強盗や放火などの凶悪犯罪や子どもや女性が被害に遭う犯罪、空き巣などの侵入盗が連続して発生しています。 県内の犯罪の72.2%を窃盗犯が占めています。また、知能犯(特殊詐欺や横領など)は全体の5.6%を占め、前年よりも増加しています。放火や強盗といった凶悪犯は犯罪全体の中では0.5%と少ないですが、前年よりも増加しています。

長野県内の重要犯罪

長野県内の平成26年の重要犯罪の内訳は、殺人が9件で重要犯罪中の7%、強盗が25件で全体の19.4%、放火が25件で19.4%、強姦が9件で7%、強制わいせつが60件で46.5%を占めています。強盗ではコンビニエンスストアをねらうコンビニ強盗や住宅強盗、金融機関を狙う手口が多発しています。

長野県内の地区別の刑事事件

長野県内の市区町村別の刑事事件の発生状況を見てみましょう。一番多いのは長野市で年間に3,210件も発生しています。特に多いのは自転車盗で881件、器物破損が283件、万引きが421件、車上ねらいが171件などとなっています。 次に発生件数が多いのは松本市で、年間2,021件発生しています。多いのは自転車盗が675件、万引きが251件などです。3番目に多いのは上田市で、年間1,288件発生しています。内訳は自転車盗が228件、万引き179件などが目立っています。一方、犯罪が少ないのは王滝村で年間1件だけという例もあります。他にも長野県内の小さな村や町では年間の犯罪が10件~20件と少ない地域があります。

長野県の犯罪例

長野県内ではグレーチングの盗難や消火栓ホースのノズルの盗難などが発生しています。また、大型トラクターの盗難など農業が盛んな地域らしい特性が見られます。一方、ドラッグストアで化粧品などが大量に万引きされるケースもあります。これらは転売目的の可能性があります。 特殊詐欺などの被害も多く、平成26年1年間で被害額は10億2980万円にのぼります。中でも多いのはオレオレ詐欺と架空請求です。オレオレ詐欺の被害額は2億2889万円、架空請求の被害額は3億1635万円になっています。また、金融商品等の取引で「儲かります」詐欺と呼ばれるものの被害も多く発生しています。

刑事事件の検挙状況

刑事事件の検挙率は増加

長野県の過去10年間の検挙率を見てみると、平成13年は20.8%でした。しかし、その後どんどん向上し、平成18年には42%を超えるようになりました。しかし、犯罪件数が減少するのに合わせて検挙率も減少していきます。ただ、近年はまた検挙率が向上し、平成24年は41.5%、平成25年は38.2%となっています。犯罪の種別で見てみると、凶悪犯の検挙率は約78%、粗暴犯は約90%、窃盗犯は約40%、知能犯は約55%となっています。その中でも知能犯の検挙率が低いのは、それだけ検挙するのが難しい事例が多いということでしょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP