愛知県の刑事事件を相談できる弁護士事務所

愛知県で刑事事件に強い弁護士

  • 電話受付時間外 刑事裁判官経験20年! 元裁判官の視点から刑事弁護活動

    成田龍一法律事務所(高橋裕弁護士)
    お電話での受付窓口 0066-9687-7828
    受付時間 平日 9:30〜18:00

    成田龍一法律事務所(高橋裕弁護士)

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 刑事に特化した法律事務所だからできる、 集中した弁護を展開!

    弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7324
    受付時間 毎日 0:00〜24:00

    弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付中 刑事弁護のことならお任せ! 確かな専門ノウハウで安心を提供

    愛知刑事弁護士たいこう法律事務所
    お電話での受付窓口 0066-9687-7140
    受付時間 24時間

    愛知刑事弁護士たいこう法律事務所

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付
  • 電話受付時間外 24時間いつでもお電話受付!刑事事件専門弁護士が迅速対応

    弁護士法人ALG&Associates
    お電話での受付窓口 0066-9687-7677
    受付時間 平日9:30~20:00

    弁護士法人ALG&Associates

    • 性犯罪痴漢・強制わいせつ
    • 詐欺罪振り込み・投資詐欺
    • 傷害罪傷害・傷害致死
    • 薬物犯罪覚せい剤・大麻
    • 窃盗罪強盗・万引・横領
    • 暴行罪暴行脅迫・公務妨害
    • 交通犯罪飲酒運転・ひき逃げ
    • 少年犯罪保護観察・少年院
    • 殺人罪殺人・殺人未遂
    • 土日対応土日も電話受付

ご相談の都道府県が異なる方はこちら

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
北海道
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
北陸・甲信越
新潟
山梨
長野
石川
富山
福井
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
関西
大阪
京都
奈良
兵庫
滋賀
和歌山
中国・四国
広島
岡山
山口
鳥取
島根
香川
徳島
愛媛
高知
九州
福岡
熊本
大分
宮崎
佐賀
長崎
鹿児島
沖縄

愛知県の刑事事件の発生件数

愛知県の刑事事件の発生件数は全国第3位

愛知県で1年間に発生している刑事事件の件数は85,037件で、これは東京都、大阪府に次いで全国第3位という高さです。ただ、東京都の発生件数が約16万件、大阪府の発生件数が約14万8000件に対して愛知県は85,000件ということで東京都の半分くらいということになります。 愛知県内の犯罪発生総数は平成22年には約128,000件もありましたが、年々減少しています。検挙件数も検挙者数も減少傾向にあります。 また少年犯罪の発生件数は平成22年は約5,000件もありましたが、平成26年には約3000件にまで減少しています。

犯罪の内訳~重要犯罪は全国第5位

強盗や殺人、放火などの重要犯罪の発生件数は愛知県は802件で、これは大阪府、東京都、埼玉県、神奈川県に次いで全国第5位です。また、街頭犯罪と呼ばれるひったくりや自転車盗、自動車盗などの発生も愛知県では目立っています。自転車盗、自動車盗の発生は全国で愛知県がトップです。また、車上ねらいや部品ねらいは全国2位と全国の中でも高くなっています。 ただ、県警の取り組みの強化もあってか凶悪犯の発生件数は平成27年は前年比15.8%のマイナス、窃盗犯は12%のマイナスと減少しています。

愛知県内の地区別の発生状況

愛知県警では県内の犯罪発生状況を校区別にグラフ化しています。それによると豊田や豊橋校区で侵入盗や自転車盗などが多く発生しています。一宮校区や春日井校区でも同様に犯罪が多発しています。名古屋市内も多いと思われますが、統計が校区単位なので比較ができませんが、十分な注意が必要でしょう。

近年の傾向

愛知県内では住宅の侵入盗が多発しています。その手口の約半数は窓ガラスを割って鍵を開けて侵入するというものです。また、無施錠のドアや窓からの侵入も約2割を占めています。夜間歩行者を狙ったひったくりや自動車盗の件数も多く、中でも車にキーをつけたまま車から離れている際に被害に遭うケースが全体の約2割にも達します。これらは防げる可能性があるものなので、持ち主が十分に注意する必要があります。同様に自転車やオートバイの盗難もキーがついたままで盗られたというケースが多く見受けられます。

愛知県警では侵入盗、自動車関連窃盗(自動車盗、部品ねらい、車上ねらい)、オートバイ盗、自転車盗、ひったくり、自動販売機ねらい、強盗及び性犯罪(強姦および強制わいせつ)の10犯罪を「本部重点犯罪」として防止に力を入れています。

刑事事件の検挙状況

重要犯罪の検挙数が増加

愛知県では重要犯罪の検挙率は平成22年より12ポイントも増加しています。凶悪犯の検挙率は平成22年より約10ポイント増加、粗暴犯は9ポイント増加しています。一方、本部重点犯罪の総数は平成22年の75,741件から平成26年には42,535件にまで減少。検挙率も約10ポイントも減少しています。なおこの本部重点犯罪の中には少年も含まれますが、少年の数は平成22年の1719人から平成26年には853人と約半減しているのも大きな特徴だといえます。 なお、振り込め詐欺の発生件数は平成22年は460件でその後減少したものの、平成26年には599件と大きく増加しています。しかし、検挙率は横ばいで、検挙が難しいことを物語っています。
愛知県は名古屋市周辺は日本の中でも大都市圏の顔を持っていますが、地方に行けば車がないと暮らせない車社会でもあります。それだけに幅広い犯罪が多発している地域だといえます。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP