山梨県の刑事事件を相談できる弁護士事務所

山梨県で刑事事件に強い弁護士

  • 条件に該当する弁護士事務所は掲載されておりません。

ご相談の都道府県が異なる方はこちら

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
北海道
青森
岩手
秋田
宮城
山形
福島
関東
東京
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
北陸・甲信越
新潟
山梨
長野
石川
富山
福井
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
関西
大阪
京都
奈良
兵庫
滋賀
和歌山
中国・四国
広島
岡山
山口
鳥取
島根
香川
徳島
愛媛
高知
九州
福岡
熊本
大分
宮崎
佐賀
長崎
鹿児島
沖縄

山梨県の刑事事件の発生件数

山梨県の刑事事件の発生は関東では最少

山梨県の平成26年の刑事事件の発生件数は6,528件で、全国で24位、関東地方ではもっとも少ない数値となっています。関東管区には茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県がありますが、その中でも山梨県の犯罪件数がもっとも少なく、最多の神奈川県の1割程度です。 平成17年の発生件数は10,683件でしたが、その後減少していきます。平成21年には一時的に増加したもののほぼ横ばいで7000件~8000件前後を推移してきました。そして、平成26年には7,000件を下回るところまで減っています。特に平成26年は前年よりも933件(12.5%)も減っています。

山梨県の犯罪の傾向

山梨県の犯罪の中でもっとも多いのは窃盗犯で、全体の79.2%を占めています。これは他府県よりも多い数値です。粗暴犯は4.2%、凶悪犯は0.5%、詐欺などの知能犯が2.4%という割合になっています。窃盗犯で多いのは乗り物盗で1.877件発生しています。侵入盗が819件ですが、侵入以外の窃盗が2,476件も起こっています。ただ、いずれも前年より減少しています。10年前の平成17年は10,683件だったので、そのころと比べると35%も減っていることになります。 また、山梨県では来日外国人の犯罪が増加しているのが特徴で、平成26年は55件発生しています。これは前年より24件の増加で割合にすると77.4%も増えています。ただ、10年前と比較すると、平成17年の外国人の犯罪は186件だったので、大きく減少していることがわかります。

山梨県内の少年犯罪の状況

山梨県では少年犯罪が全犯罪の21%を占めています。刑法犯少年は309件で、そのうち女子の犯罪は43件ありました。また、少年の刑法犯を罪種別に見てみると、凶悪犯が6件、粗暴犯が45件、窃盗犯が190件、知能犯が3件、その他が65件となっています。凶悪犯と知能犯が前年より1件増加していますが、それ以外は減少しています。 検挙・補導された少年の年齢でもっとも多いのは15歳で78人、次いで14歳の74人、16歳の68人となっています。14歳未満が33人もいるのも特筆すべきことでしょう。 初発の犯罪を見てみると、万引きがもっとも多く、次いでオートバイ盗や自転車盗などが目立っています。パトロールなどの強化で初犯を防ぐことが大切です。そこで山梨県では県警と地域住民での防犯に力を入れています。

山梨県内の市区町村別発生状況

山梨県の人口100人あたりの犯罪発生率を比較してみると、もっとも高いのは昭和町で2.039%でした。2位は山中湖村で1.822%、3位は鳴沢村で1.678%です。4位は甲府市、5位は甲斐市、6位は笛吹市、7位は中央市、8位は富士河口湖市、9位は韮崎市、10位は市川三郷町となっています。

刑事事件の検挙状況

山梨県の検挙率は全国平均並み

山梨県内の検挙率は30.5%で、全国平均の30.6%とほぼ同じです。犯罪発生件数は関東管区内ではもっとも少ないのですが、検挙率では埼玉県の次に低い数値となっています。重要犯罪の検挙率は70%で、殺人は88.9%で関東管区内でも最下位となりました。強盗は76.5%、侵入強盗は20%、放火は71%などいずれもあまり高くありません。このような凶悪犯は地域住民の不安に直結するものだけに、検挙率の向上が望まれます。 また、重要窃盗犯の検挙率は35.6%で、関東管区内で最下位、関東管区の平均の54.5%より20ポイント近くも低くなっています。特に侵入盗の検挙率は35.9%、自動車盗は34.8%と関東管区内でも低い位置にいます。犯罪件数が少ない山梨県なので、検挙率を上げることがより県民の安心につながるでしょう。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP