早期釈放・不起訴・減刑
が得意な弁護士事務所一覧

13 件を表示(全 3 件)

刑事事件は時間との勝負! 経験豊富な当事務所にまずは一報を!

浜松中央法律事務所

住所
〒430-0929 静岡県浜松市中区中央3-7-10 セントラルプラザ21-5階
最寄り
浜松駅から徒歩11分
  • 相談料
    初回5,000円
  • 土日
    対応
    -
  • 夜間
    対応
    -
  • 対応
    エリア
    静岡

浜松中央法律事務所

050-5267-6863

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:30〜17:30

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

依頼者との信頼関係を大切に 熱意を込めて事件に向き合います

ひびき法律事務所(原田健一弁護士)

住所
〒410-0832 静岡県沼津市御幸町20−2 御幸ビル5階
最寄り
JR沼津駅から徒歩15分
  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    事前予約の方のみ
  • 夜間
    対応
    事前予約の方のみ
  • 対応
    エリア
    静岡県

ひびき法律事務所(原田健一弁護士)

050-5267-5439

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日 9:00〜18:00

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂

全国33拠点で180名以上の弁護士が365日対応 【元検事の弁護士が所属】

べリーベスト法律事務所【静岡支店】

住所
静岡県静岡市南町14番25号エスパティオ7階
最寄り
JR「静岡」駅南口より徒歩3分
  • 相談料
    初回無料
  • 土日
    対応
    可能
  • 夜間
    対応
    可能
  • 対応
    エリア
    全国対応

べリーベスト法律事務所

050-5267-5462

ただ今のお時間は相談フォームよりお問い合わせ下さい

平日9:30〜21:00  土日9:30〜18:00

  • 性犯罪
    痴漢・強制わいせつ
  • 詐欺罪
    振り込み・投資詐欺
  • 傷害罪
    傷害・傷害致死
  • 薬物犯罪
    覚せい剤・大麻
  • 窃盗罪
    強盗・万引・横領
  • 暴行罪
    暴行脅迫・公務妨害
  • 恐喝罪
    強制・脅迫・脅し取り
  • 交通犯罪
    飲酒運転・ひき逃げ
  • 少年犯罪
    保護観察・少年院
  • 殺人罪
    殺人・殺人未遂
    • 1

都道府県から弁護士を探す

まずはお住まいの都道府県を選択

刑事事件は面会が原則となる為、対応可能エリアが決まっています。

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

静岡県の刑事事件の発生件数

静岡県の刑事事件の発生件数は約25,000件

静岡県では平成26年の1年間で25,601件発生しています。これは全国では13番目に高い件数です。平成17年の発生件数は55,513件で平成26年の2倍と高かったのですが、平成18年には50,221件に減少し、さらに平成19年には45,472件、平成20年には42,946件と年々減少しています。平成25年には初めて3万件以下になりました。 平成26年は発生件数は過去10年間で最少になっています。特に減少したのは凶悪犯で前年よりもマイナス8件、窃盗犯がマイナス3,437件、風俗犯がマイナス15件となっています。逆に増加したのは知能犯や粗暴犯で、特に粗暴犯は前年より99件も増えています。

近年の傾向

静岡県で近年増加しているのは知能犯です。特殊詐欺の中でも振り込め詐欺の発生が目立っています。平成27年のある月は1ヶ月で13件も発生し、2000万円以上の被害が出ています。年間にすると4~5億円もの被害額になります。特殊詐欺で多い手口はオレオレ詐欺や架空請求、融資保証金詐欺、還付金詐欺などです。

少年犯罪と外国人の犯罪

一方、静岡県内の全検挙者の中で少年が占める割合が17%と高いことから、県警では少年犯罪の対策に力を入れています。少年犯罪(刑法犯少年)は平成26年は1,367人が検挙されました。前年より274人(16.7%)減少していますが、まだまだ多いのが実態です。少年犯罪で多いのは万引きで431人が検挙されています。また、傷害や自転車盗、オートバイ盗などの発生が目立っています。また、外国人の犯罪対策にも取り組み、その結果近年は減少しています。 静岡県は薬物事犯の数が多く、覚せい剤の検挙者数は353人で全国第10位、大麻の検挙者数は62人で全国第7位に入っています。覚せい剤の犯罪は再犯率が高いのが特徴で、県警では対策に力を入れています。

静岡県内の地区別発生状況

静岡県内では空き巣の発生が多発しています。特に被害が多いのは、浜松市、静岡市、沼津市などです。空き巣はロックのしていない玄関だけでなく、窓ガラスを割って侵入する手口が多く見られます。もっとも多い手口は部屋の窓から侵入するというもので、全体の45.3%にのぼります。また、トイレや風呂場の窓から入るという手口も増えています。マンションではベランダからの侵入の空き巣も多発しています。

刑事事件の検挙状況

重要犯罪の検挙者数は増加

静岡県では重要犯罪の発生件数は減少していますが、検挙者数と検挙率は増加しています。重要犯罪の検挙率は前年に比べて19.7ポイントも向上しているのが特徴的です。中でも殺人事件の検挙率は96.7%と高く、強盗の検挙率は前年より25ポイント、侵入強盗は46ポイントも向上しています。放火の検挙率は平成25年は27.3%でしたが、平成26年は85%に向上するなど、検挙率の向上は市民の安全につながっています。 また、窃盗事件は発生件数は減少していますが、検挙率は10年前よりも約5ポイント増加しています。中でも車上ねらいは89件増加、工事場ねらいは84件、検挙数が増えています。一方、住宅の侵入の検挙数は前年より4ポイント減少しています。ただ、もしあらぬ疑いをかけられた場合や、被疑者となって自分の言い分を聞いてもらえない場合は、弁護士に相談してみましょう。力になってもらえます。

中部の刑事事件に強い弁護士の紹介記事一覧

愛知県 愛知県で刑事事件に強い弁護士に相談
静岡県 静岡県で刑事事件に強い弁護士に相談
岐阜県 岐阜県で刑事事件に強い弁護士に相談
三重県 三重県で刑事事件に強い弁護士に相談
茨城 茨城県で刑事事件に強い弁護士に相談
新潟県 新潟県で刑事事件に強い弁護士に相談
山梨県 山梨県で刑事事件に強い弁護士に相談
長野県 長野県で刑事事件に強い弁護士に相談
石川県 石川県で刑事事件に強い弁護士に相談
富山県 富山県で刑事事件に強い弁護士に相談
福井県 福井県で刑事事件に強い弁護士に相談
刑事事件に強い弁護士
全国33拠点で180名以上の弁護士が365日対応 【元検事の弁護士が所属】