送検とは事件が検察に送られること!

送検

逮捕されると、48時間以内に検察庁へ時間は送られる

TVニュースでよく見かけるのは、大きな事件の被疑者として逮捕された人物が、警察の車に乗り込むシーンです。

そんな被疑者は多くの場合、くたびれたジャージやスウェットなんかを着ています。それは自殺防止でボタンのついたシャツやベルトのついたズボンなどが着れない結果、だいたい似たような服装になってしまうからです。

逮捕後の送検にはタイムリミットがある

警察署内にある留置場で身柄を拘束されている被疑者は、逮捕の翌日か遅くても翌々日の朝には、必ず警察署を出て検察庁へ連行されますが、これは「送検」という刑事手続きです。

「逮捕」という名の身柄拘束には、タイムリミットが定められており、逮捕状を被疑者に突きつけて逮捕を開始した瞬間から、48時間以内に警察は、事件を検察庁へ回さなければいけません。このタイムリミットが1秒でも過ぎてしまうと、逮捕は無効になり、被疑者を釈放しなければならないのです。

「送検」とはどういうことなのか?

警察から検察へ事件を移すことを「送検」といいます。

これは法的にいう「送致」の一種です。送致というのは公的機関が抱えている案件を、別の官庁の機関へ移譲することになります。

刑事事件の場合、事件を認知して被疑者を特定するのは「警察」ですが、その事件を捜査して刑事裁判を起こして(起訴して)、裁判所に裁いて貰うかどうかを判断するのは「検察庁」です。

警察は「警察庁」が所轄する組織になります。一方、検察庁は「法務省」の所属機関ですので、二つの組織間で案件をやりとりすることは「送致」になるわけです。

刑事事件における警察と検察間の事件のやり取りは「送検」と言います。

「送検」というのは役所同士の行政手続きの一種であり、実際に逮捕されて身柄を拘束されている被疑者に「今からアナタを検察庁に送検します。」と説明してくれません。

被疑者に対して説明があるとしたら、検事が取調べを行う「検事調べ」に連れて行くというだけで、刑事手続きの担当が警察から検察に移ったことは知らされないわけです。また検察庁(法務省)は、被疑者の身柄を確保しておく刑事施設は「拘置所」しか持っていません。

多くの拘置所は刑務所の敷地内など、大変交通の便が悪いところにある上、公判中の刑事被告人で常に満員状態です。したがって送検後も、慣例として被疑者は引き続き、逮捕された時と同じ警察の留置場に身柄を拘束されます。ですから被疑者は送検されることによって、刑事手続きのステージが変わったことを実感できないでしょう。

送検には二種類ある?

逮捕されていれば「身柄送検」、いなければ「書類送検」

そんな役所同士の案件の移譲が「送検」ですが、送検には二種類があります。

  • 身柄送検
  • 書類送検

「身柄送検」というのは、文字通り役所の書類手続きだけではなく、被疑者自身の身柄も含めて事件の権限や責任が検察に移譲されることです。といっても前述の通り、実際の被疑者の身柄は、余程特殊な事情がない限り、送検後も警察の留置場で拘束されます。

筋論で言えば、被疑者の身柄は拘置所に送られ、検事の指揮下で事件が捜査されるわけです。しかし司法の現場では検事代わって警察の捜査官が引き続き被疑者を取調べ、本格的に起訴になった時点で、初めて被疑者は拘置所に移送されます。

そして送検にはもうひとつ「書類送検」と言われる手続きがありますが、これはまず被疑者がが逮捕されず、身柄が拘束されていない状態であることが前提です。被疑者の身柄は一般社会にあって、それでも刑事手続きは終了せず、警察が検察に事件を送致する場合は、書類だけのやりとりですので、これを「書類送検」と呼びます。

都道府県から刑事事件に強いを探す
北海道・東北地方 北海道青森岩手秋田宮城山形福島
関東 東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬
北陸・甲信越 新潟山梨長野石川富山福井
東海 愛知静岡岐阜三重
関西 大阪京都奈良兵庫滋賀和歌山
中国・四国 広島岡山山口鳥取島根香川徳島愛媛高知
九州 福岡熊本大分宮崎佐賀長崎鹿児島沖縄
刑事事件は弁護士への一刻も早い相談が重要

起訴されると99.9%が有罪に・・・

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。
刑事事件に強い弁護士を探す
弁護士に相談することに不安が残る方へ
痴漢は弁護士相談を!示談しないと…
傷害罪で逮捕されたら弁護士に相談を!

ご家族(大切な方)が、逮捕されてしまったら一刻も早く弁護士に相談するようにしましょう。

【注目】刑事事件に強い弁護士

関東24拠点!首都圏の強力な刑事弁護ネットワークで頼れる弁護を実現
弁護士法人 泉総合法律事務所
弁護士法人 泉総合法律事務所

チーム一体となった刑事弁護活動によって、東京・神奈川・千葉・埼玉をはじめとして首都圏・関東一円の刑事事件の弁護に取り組んでいます。

刑事事件弁護士相談広場は、逮捕・刑事事件でお悩みの方のための情報ポータルサイトです。痴漢・性犯罪・薬物・傷害事件などコンテンツを掲載し、皆様のお役に立てるWEBサイトを目指しております。納得のいく解決を迎えるためには弁護士に相談し、介入してもらうことでその後のトラブルが防げ、円満解決できる可能性が高まります。

【運営】株式会社Agoora 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 Agoora.inc.

TOP