最も早い刑事処分の終わり方~微罪処分~

罪を犯しても無罪放免?説教だけで終わる「微罪処分」とは?

仮に犯罪を犯し、警察にそれが見つかってしまったとしても、交番や警察署でお巡りさんに説教をされるだけで、そのまま放免されることがあります。これを刑事手続きでは「微罪処分」といいます。“微罪”という名前の通り、極めて軽微な違反行為をした場合に適用される処分です。

万引き

  • 立小便
  • 小額の窃盗(万引き)
  • 小額の詐欺(無銭飲食)

例えば上記のようなモノで、これらは立派な犯罪なのですが事件を担当した警察官の裁量によって犯人に厳重注意した後、書類手続きのみで釈放されます。

いちいち送検していたら検察・裁判所はパニックになる?微罪処分が認められているわけ

どんなに小さくても犯罪は犯罪です。法と治安を守るのが警察の仕事であれば、立小便を発見しただけで、即座に現行犯逮捕し、被疑者を検察に送検するのが筋でしょう。ところが、「微罪犯罪」については、刑訴法(246条但書)で、送検しなくてもよいと定められています。

交通違反をいちいち刑事事件として立件しないで反則金という「行政罰」で済ませるのは、交通違反を全て刑事手続きに則って「送検」→「起訴」→「裁判」をしていたら、あまりの事件数の多さに検察や裁判所がパンクしてしまうからです。
微罪事件も毎日山のように発生しています。立小便くらいで裁判にされたら困るのは立小便をした本人だけではなく、それを裁く司法関係者もいい迷惑なのです。

そんなわけで、微罪事件に該当する事件の場合、検察に送検する必要はなく犯人には説教をして書類で記録を残すことで刑事事件は終わります。

どんな事件なら説教だけで許してもらえる?微罪処分の基準とは?

刑事事件を微罪処分で終わらせる場合、事件を担当した警察官の裁量もありますが微罪処分を適用できる基準というのがちゃんと存在しています。警察のトップは「警察庁」ですが警察庁を所轄しているのは「国家公安委員会」です。その国家公安委員会が定めた「犯罪捜査規範」に、“微罪処分ができる場合(198条)”という基準が明記されています

具体的な基準

  1. 初犯で十分に反省していること
  2. 犯罪による被害が軽微であること
  3. 万引きなど被害者がいるケースでは、被害が弁済されるなどして被害者の処罰意識がないこと(要は被害者が怒っていないということ)

つまり普段は善良な一般市民が出来心で犯してしまった犯罪で、被害が非常に小さく被害者も加害者に対して刑事罰を与えることを強いて望んでいない場合は微罪処分が適用されることになります。ただ問題は被害の大きさで、どこまでが“非常に小さい被害”と判断されるのでしょう?

窃盗(万引き)の場合は被害額が2万円以下だという説もありますが、初犯であるにも関わらずそれ以下の被害額で逮捕された例もありますし、ハッキリした基準はよくわかりません。
実際問題、微罪処分を決める具体的な金額がわかっていたら「コレくらいなら大丈夫!」とかいって犯罪に走る者もいますのであえて基準を明確にしていないのでしょう。

日々厳しくなる取締り!微罪処分にはほとんどならない!

さらに昔は微罪処分で済んだ犯罪も、最近は法改正などで厳しく罰せられる傾向にあります。痴漢事件はその最たる例で、1980年代までは軽い痴漢であれば全て微罪処分で済んでいました。
ところが軽い痴漢でも各都道府県の迷惑防止条例で罰金刑で処罰されることになってからは、衣服の上から軽く触る程度の痴漢であっても問答無用で逮捕されるようになってしまったのです。

また万引きに関しても大型量販店の方針でチョコ1個だろうが乾電池1パックだろうが窃盗は窃盗という会社方針で、捕まればすぐに警察に通報されそのまま逮捕されてしまいます。つい出来心でといって平謝りしても微罪処分で済むというケースは、だんだん少なくなってきています。微罪であっても犯罪を犯す者が悪いというのは正論ですが、世知辛い世の中になったものです。

日本の刑事事件

起訴されると有罪率99.9%!
今すぐ弁護士へ相談を

もし、ご家族やご友人、恋人など
大切な方が逮捕されたら…

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。

刑事事件に強い弁護士を探す

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

関連記事

よく読まれている記事

新着記事

前科や逮捕を防ぐ

被疑者の人生を
守れるのは弁護士だけ