自分の意見をコロコロ変えない!被疑者に最も重要な「ブレないこと」

真剣な瞳の男性

刑事手続きは“非日常”の連続

ドラマのようなシチュエーションが現実に…

刑事事件の被疑者となってしまう可能性は誰にでもあります。そして本当に被疑者となってしまった場合、逮捕されて手錠を掛けられ腰縄を打たれる、取調室で警察の捜査官(いわゆる刑事)から厳しい取調べを受ける、といった経験をすることになります。まるでドラマのように非日常な出来事の連続に、パニックとなり思考停止してしまう人も少なくありません。

刑事手続きについてある程度知識を持っている人であれば、身柄の拘束がどの位続くのかという事は知っていますので、それを受け入れる覚悟があれば、冷静に対処出来るでしょう。

刑事手続きの「逮捕」というのは、逃亡や証拠隠滅を防ぐために被疑者の自由を奪い、身柄を拘束する行為ですが、ただ被疑者を刑事施設(普通は留置場)に入れておくだけではありません。刑事手続きを進めるために、連日事件の担当捜査官が被疑者を取調べるわけです。

重要なのは“主張を曲げずブレないこと”

警察で事件が大きくなる?

被疑者になってしまった人にもいろいろなパターンがあります。
警察などの捜査機関が見込んだ通り、本当に逮捕容疑通りの犯罪を犯してしまった人もいれば、全くの冤罪で被疑者とされた人もいるわけです。

どちらの場合でも、刑事手続きの中で重要なことは

“主張を曲げずブレないこと”

になります。

容疑通りの犯罪を犯している場合、最初から素直に罪を認めるのは処罰を軽くするのに役立つことは間違いありません。ただ、罪を認めたとしても、警察官は余罪を追求してきます。
たとえば「万引き」で検挙された場合、必ず聞かれるのは、
「他にもやっているだろう?」
という質問です。

本当に余罪があるのであれば、素直に自白するのも選択ですが、警察の追求をそのまま受け入れ続けてしまうと、同じ所轄内で発生している他の窃盗事件の犯人に仕立て上げられてしまう可能性もあります。
警察としては、その所轄内で起きている未解決事件を減らすこと自体が業務です。業務遂行の流れで、被疑者に無関係な余罪への関与を疑われる可能性もあるのです。

実際は、事件当日のアリバイ有無など、起訴するのに必要な裏取り捜査を行いますが、被疑者が犯行可能な状況と見定められてしまうと、本当に被疑者自身がやっていない事件の罪を疑われる可能性もゼロではないのです。

被疑者自身が心当たりのある容疑で逮捕されてたとしても、自分自身でやった事だけを素直に認めることが重要です。捜査の中で言われるがまま、言いなりになってはいけません。かえって事件を大きなものにしてしまうおそれがあります。

やっていないことは絶対に自白してはいけない

冤罪事件は日常茶飯事?

日本では一般の方が思っている以上に、冤罪事件が発生しています。

有名なのは“痴漢冤罪”でしょう。痴漢というのは、加害者にその気がなくても、被害者が痴漢をされたと思った時点で犯罪化してしまうのです。
確かに最初から痴漢をするつもりで犯行を行う連中も少なからず実在します。しかもそうした本当の犯人たちも捕まってすぐに発する言葉は「俺はやっていない」ですので、痴漢事件の冤罪を主張するのは極めて困難です。

本当に痴漢をしていた場合は、素直に罪を認めるべきですが、そうではない濡れ衣だった場合はどうすればいいでしょう?

もし初犯であれば、そのまま冤罪を被って略式手続きで済ませるという処世術もあります。そうすれば事件が起きた当日か、遅くても3日以内には日常生活へと戻れるわけです。

しかし身に覚えのない冤罪など、絶対に認めないと決心したのであれば、はじめから一切罪を認めてはいけません。
警察の立場からすると、痴漢事件のような日常起こりうる犯罪については、あまり大きな事件にはしたくないという考えもあります。被疑者には素直に罪を認めてもらい、略式で済ませたいというのが本音かもしれません。

そのため、被疑者が容疑を否認した場合、家族や会社への影響を説かれる、「罪を認めればすぐに釈放される」となだめてくるなど、なにかしらの形での脅しや懐柔を受ける可能性もあります。
しかし冤罪を被る気がないのであれば、どんな事を言われようが、絶対に罪を認めてはいけません。

被疑者にとってもっとも重要なのはブレないこと

「認めていた罪を途中で否認」は絶対NG

被疑者になって、絶対にやってはいけない行為は、
“認めていた罪を途中で否認し始めること”
です。

裁判所の法廷を舞台にしたドラマなどでは、公判でいきなり被告人が供述を翻して無罪を主張し、それが認められて無罪を勝ち取るなどといったパターンがあります。
しかし実際の司法の世界で、自供した被疑者や被告人が、その後無罪を主張するのは無駄な行いと言えます。むしろ度々供述を変えるような被疑者(被告人)の言うことは、信用できないという評価になってしまいます。

本当は容疑を掛けられている犯罪を犯していたのに、否認をしていた被疑者が、警察・検察の取調べによって自供することは普通にあることです。これは罪を認めることによって、科せられる刑罰を怖れて嘘をついていただけと思われます。
それに対して、認めていた罪を否認し始めるのは、刑罰が怖くて嘘をつき始めたと解釈されるわけです。

“立場を明確にしてブレないこと”

被疑者になってしまった場合、必要以上に不利な立場に追い込まれないために、絶対に守らなければならないことなのです。

日本の刑事事件

起訴されると有罪率99.9%!
今すぐ弁護士へ相談を

もし、ご家族やご友人、恋人など
大切な方が逮捕されたら…

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。

刑事事件に強い弁護士を探す

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

関連記事

よく読まれている記事

新着記事

前科や逮捕を防ぐ

被疑者の人生を
守れるのは弁護士だけ