交通事故(人身事故)は立派な刑事事件!逮捕されることはある

交通事故は、ある日突然わが身に降りかかる!

人身事故を起こしてしまったら

真面目に社会生活を送っている人が、ある日突然、刑事事件の被疑者になってしまうパターンとして、最も可能性が高いのが交通事故です。

交通事故といっても車のボディが凹んだとか、塗装が剥がれたとか言って揉めている物損事故であれば、大したことはありません。

人身事故を起こしたら刑事事件に・・・

人身事故を起こした場合、怪我の程度に関係なく刑事事件へと発展します。稀なケースではありますが、自賠責保険の支払いを確実にするため、保険屋さんが被害者に入れ知恵して、ちょっとした怪我でも医者の診断書を取ることもあるようです。

この場合、適用される罪状は「自動車運転過失致死傷罪」または「危険運転致死傷罪」になります。

この罪状は軽い怪我から、最悪死亡してしまった場合まで、被害者の受ける被害には相当幅があるため、下される刑も結構幅が持たされているようです。とはいえ、普段から自分が交通事故を起こす気で運転している人などいません。

交通事故はある日突然我が身に降りかかってきます。

交通事故でも逮捕されてしまうことはあるか?

逮捕されることはあります。

交通事故の加害者は、言い方を変えれば前述の「自動車運転過失致死傷罪」または「危険運転致死傷罪」の現行犯なわけです。

事故の通報をうけて現場に到着した警察に逮捕されてしまう事もあります。しかし逮捕されず、そのまま後日警察や検察に出頭する「在宅捜査」になって逮捕されないことも珍しくはありません。

警察が交通事故の加害者を逮捕するかどうかという基準は、どうもハッキリしておらず、現場の判断に任されているようです。

危険運転致死傷罪は逮捕の可能性大

ただ加害者が酔っ払っていたりして、容疑が「危険運転致死傷罪」の場合は、ほぼ間違いなく逮捕されます。また容疑が「自動車運転過失致死傷罪」であっても、被害者が死亡してしまっていたり、意識不明で病院に搬送されるほどの大怪我だった場合も加害者は逮捕される可能性が高くなります。

また事故を起こしたにも関わらず、そのまま逃亡する、いわゆる「ひき逃げ」をしてしまったら、100%逮捕されるでしょう。

この場合は「自動車運転過失致死傷罪」だけでなく、被害者を介抱しなかったという「救護義務・危険防止措置義務違反」という罪状もプラスされてしまいます。

逮捕の目的は逃亡防止だけじゃない?

交通事故の加害者として逮捕された場合、その事故自体が極めて悪質でない限り、勾留されることはなく、留置場で1泊か2泊するだけで釈放されるでしょう。刑事手続きは続きますが、あとは在宅捜査で留置所で身柄が拘束されたままになるのは非常にレアケースだと言えます。

というのも交通事故の場合、加害者を逮捕するのは逃亡や証拠隠滅を防止することだけが目的ではないからです。

加害者の自殺防止のための逮捕もある

逮捕というのは、被疑者の身柄を拘束して刑事施設に収容することですが、逃亡防止と同時に、“加害者が自殺しないように監視する”という目的も含んでいます。

交通事故を起こして相手を死亡させてしまったり、大怪我を負わせてしまったショックで、発作的に自殺を考える加害者というのは結構いるようです。特に事故を起こした直後は発作的に、自殺する恐れが高くなります。

それを防ぎ、加害者に冷静になってもらうのが目的で逮捕するわけです。

逮捕要件

  • 被疑者が逃亡するおそれがある場合
  • 被疑者が証拠隠滅するおそれがある場合

ただ逮捕の要件というのは上記2点とされており、被疑者が自殺する恐れがあるという理由は逮捕の要件には含まれていません。

それでも事故の加害者(被疑者)が死亡してしまうという事は、事件の供述が加害者本人から得られなくなることになります。広義の意味で考えれば“証拠隠滅”と同じことだと言えるでしょう。そんなわけで、被疑者の生命保護も含めて現場では交通事故の加害者を逮捕することもあるわけです。

日本の刑事事件

起訴されると有罪率99.9%!
今すぐ弁護士へ相談を

もし、ご家族やご友人、恋人など
大切な方が逮捕されたら…

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。

刑事事件に強い弁護士を探す

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

関連記事

よく読まれている記事

新着記事

前科や逮捕を防ぐ

被疑者の人生を
守れるのは弁護士だけ