食い逃げから知能犯まで 犯行の幅が異様に広い「詐欺罪」

詐欺罪とはどんな犯罪なのか?

詐欺

詐欺は幅の広い犯罪

詐欺罪といわれる犯罪には様々な種類があります。詐欺罪は刑法246条に定められている犯罪で、その条文は、

  1. 人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
  2. 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

となっています。

詐欺の定義そのものは【1】の通り、人を騙してその人の持っている金品を巻き上げる行為です。
【2】に関しては形のある金品だけでなく、飲食店で食事を提供させるといった“サービス”も詐欺に含むという意味(財産上不法の利益)と、被害者を騙して犯人以外の人間に得をさせた場合も詐欺になるという意味(他人にこれを得させた者)です。

つまり騙されて金品を巻き上げられたり、タダ働きさせられた被害者がいれば、それは全て詐欺になりますので、詐欺という犯罪は大変幅の広いモノになります。

詐欺にはどんな種類がある?

幅広い手口・被害 日夜新しい手口が考え出される犯罪

人を騙して金品や無形のサービスなどを提供させる詐欺は、その犯罪の手口や被害金額などに相当幅があるので、一括りに出来るモノではありません。実際に起訴された場合の罪状は「詐欺」になりますが、その種類は

  • 食い逃げ
  • 寸借詐欺
  • 保険金詐欺
  • 結婚詐欺
  • 投資詐欺
  • 特殊詐欺

などなど数多くの種類がある上、日夜新しい詐欺が考え出されています。

そのように、詐欺はその種類によって被害額や悪質性に大きな差がありますので、刑罰にも幅があるわけです。したがって詐欺の場合、“有罪なら懲役何年”と相場も種類によって変わってきます。

詐欺は、立件が最も難しい犯罪

詐欺の特徴は、他の犯罪に比べて立件が難しいという点です。殺人や傷害であれば、実際に被害者が怪我を負ったり、死んでしまっているわけですから、間違いなく刑事事件として立件されます。ところが詐欺事件は、簡単には立件できないケースが少なくなりません。

詐欺という犯罪は大雑把に言えば、被害者から金品を騙し取る行為です。しかし“騙し取る”というのが厄介なポイントで、詐欺で捕まった被疑者は
「騙す気はなかった」
と言います。

たとえば結婚詐欺の場合、被疑者が“結婚する”と言って、被害者から金品を取ったとしても、
「当時は結婚する気があったが、後になって気持ちが冷めた」
といえば、被害者を騙したとは言い切れなくなってしまいます。

被害者に対して結婚すると言い続けていた時期に、別の異性にも結婚するといってつき合っていた事実でも確認されれば、詐欺の立証は可能ですが、そんな判りやすい失敗をする結婚詐欺師はあまりいません。
つまり詐欺は“加害者が始めから被害者を騙すつもりだった”という事実を立証する必要があるのです。

詐欺に騙されない為には、詐欺の手口を知っておくこと

ごく普通の社会生活を送る人にとって、被害者として刑事事件に巻き込まれる可能性が高いのは交通事故ですが、それに続いて多いのは詐欺です。

日本国内で全体的に減少傾向にある刑事犯罪の中で、「オレオレ詐欺」に代表される特殊詐欺の被害件数は、逆に増加傾向にあります。新聞やTVの報道を見て、
「今更、こんな詐欺に引っ掛かる人がいるのか?」
と他人事のように思う人もいるかもしれませんが、詐欺の手口は日進月歩で巧妙になっています。

そんな詐欺の被害に遭わないためには、日々発生する詐欺の手口を知っておくことです。新手の詐欺の手法というのは、すぐにニュースなどで報道されます。そうした情報をチェックしておけば、犯人に金を払ってしまう前に詐欺だと気づくことができるでしょう。

日本の刑事事件

起訴されると有罪率99.9%!
今すぐ弁護士へ相談を

もし、ご家族やご友人、恋人など
大切な方が逮捕されたら…

  • 逮捕後72時間で自由に面会できるのは弁護士だけ。
  • 起訴までの23日間以内の迅速な対応が必要。
  • 不起訴の可能性を少しでも上げるのが大事。

刑事事件に強い弁護士を探す

都道府県から弁護士を探す

北海道・東北地方
関東
中部
関西
中国・四国
九州

関連記事

よく読まれている記事

新着記事

前科や逮捕を防ぐ

被疑者の人生を
守れるのは弁護士だけ